小江戸川越の歴史を尋ねて−6


榎本弥左衛門覚書 砂久保陣場跡 塩野家住宅 鯨井の万作 阿弥陀如来


覚書歴史を今に伝えて 71
 
榎本弥左衛門覚書 (県指定・古文書)

   「榎本弥左衛門覚書」は、本町(現在の元町一丁目)の名主を勤めた榎本弥左衛門忠重が記した生涯六十二年の記録。
「三子より之覚」と「万之覚」の二冊からなります。  「三子より之覚」 は、弥左衛門が三歳から六十歳までに当 たる寛永四年から貞享元年まで(一六二七〜八四)の経歴と 事件・世情・物価などが編年で記され、五十六歳のと  きに大半を書き、後に書き加えられました。自分を中 心として自己評価を交え、子女への教訓にしたと考えられます。

「万之覚」は、商売に関する記述のほか、江戸や川越の出来事な どさまざまな事項を詳細に記録した冊子。また将軍徳川家光・家綱、 川越藩主松平信綱に関する記述などもみられます。 弥左衛門は、主に塩の仲買商人として江戸と川越で活躍しました。
新河岸川の舟運により、江戸で仕入れた塩を川越ほかで販売し、川越か らは米・雑穀などを江戸に運び、販売していました。このため、天候・ 作柄・輸送などの記録は、商品(特に塩)の市場を予測する情報として 必要なものだったと考えられます。

ぜいたくを好まず、商売に生きた弥左衛門 の覚書は、その成立年代からも江戸時代初期の町人の記録として貴重なもの。
歴史を学ぶことはもとより私たちの生活を見つめるうえでも大切な資料となって います。  
歴史を今に伝えて  73

砂久保陣場跡 (市指定・史跡)

 室町時代、関東では扇谷上杉氏が、本家の山内上杉氏や古河公方と勢力争いをしていました。
そこに、新たな対抗勢力が生まれます。それは戦国大名の北条氏でした。
相模(現在の神奈川山県)をほぼ手中にし、関東に進出しようとする北条氏と戦うこと十数回。
結局天文六年(一五三七)の戦いで、当時十三歳の城主・扇谷上杉執権は北条氏綱に川越城を奪われてしまいました。
川越城に娘婿の北条綱成を置いた氏綱が天文十年(一五四一)に亡くなると、子の氏康が跡を継ぎました。
川越城奪回に燃える朝定は、かつて争っていた山内上杉憲政や古河公方の足利晴氏と手を結びました。さらに駿河(現在の静岡県)の今川氏と、東西から北条氏を挟み撃ちにする作戦を立てました。そして天文十四年 (一五四五)九月、砂久保などに陣を敷いて川越城を包囲。その総兵力は八万余騎といわれています。
 綱成は三千の兵でなんとか持ちこたえ、援軍を待ちました。
戦っていた今川氏と和ぼくした氏康は、天文十五年 (一五四六) 四月二十日、八千の兵を連れて砂久保へ駆けつけ、奇襲をかけました。これに呼応して網成も城から出て戦い、兵力の差をものともせずに北条氏側が勝利を収め、扇谷上杉氏は滅亡しました。この戦いは 「川越夜戦」 と呼ばれ、後世に伝えられています。
 当時の砂久保には、原野が広がっていました。陣が敷かれたのがどこなのか、はっきりとはわかっていません。現在は史跡としての標示は、稲荷神社に立てられています。

*参考資料=「川越市の文化財」 「川越市史 第二巻中世編」 (川越市教育委員会)
                            塩野家住宅  「仲町-市指定・建造物」

塩野家住宅は、明治二十六年 (一八九三) の川越大火の翌年、材木商「丹清」の四代目・梶田清左衛門によって建てられました。
切り妻造りの建物は、間口二間(約三・六メートル)、奥行き三間半(約六・四メートル)。二階に観音開きの窓を持ち、北側と東側に下屋を備えています。当初は家庭内の物を保管する文庫蔵として建てられ、下屋部分は銘木類を展示する空間として利用されていました。 
 塩野家住宅の西隅 (写真右端) には、火事の類焼などを防ぐための袖璧があります。通常袖壁は、袖蔵 (店蔵と並んで建てられ、商品などを保管するための蔵) に備わっていることが多く、塩野家住宅のように文庫蔵に付いているのは珍しい形式になります。また、文庫蔵の多くは店蔵の奥に位置しているのですが、塩野家住宅は店蔵と並ぶように道路に面して建てられました。これは、材木商であった梶田家が敷地のから材木を運ぶための通路を隣家との間に設置するのを避けたためで、運搬路を挟んだ形で塩野家住宅と店蔵が建つという独特の配置となっていました。
 所有者が代わり、現在の塩野家住宅では、店舗として使用するために壁の一部を取り壊すなど、さまざまなくふうが施されています。昨年は、基礎の打ち直しなどの改修が行われ、二階ではコンサートなどしも開かれるようになりました。蔵を保有するだけでなく、生活の一部に使用していることが川越の蔵造りの特徴。蔵を生かすために積み重ねられてきた努力は、文化財である建物同様に貴重です。
 *参考資料=「川越市の文化財」 「川越の蔵造り・川越市指定文化財調査報告書・」 (川越市教育委員会)
  74
  歴史を今に伝えて  75
くじらいの まんさく
 鯨井の万作   (市指定・無形民俗文化財)


  万作は、豊年満作を祝う農民の芸能として発展しました。
 戦前、埼玉の村々で最もはやっていた農民芸でしたが、戦後 は急速にさびれていきました。現在、市内で残っているのは
  おいぶくろ
 「老袋の万作」 と 「鯨井の万作」 の二つだけです。
  万作には、踊りと芝居があります。鯨井に残っているのは踊りで、明治末期ごろに始まったといわれていますが、詳しくは明らかになっていません。                                てんのう し し
 鯨井の万作は、夏祭りである天王様の獅子担ぎのときに行われます。かつては七月十五日でしたが、最近では十五日に最も近い日曜日に行われるようになりました。
 前日の晩はソロヨイといって、夜遅くまで万作を踊ります。当日は八坂神社での神事のあと、巨大な獅子頭を中心に大勢の人が地区内を練り歩き、要所で万作を披露。踊りは
しもづま
下妻手踊りが中心で、そのほかにも伊勢音頭・数え歌・相撲甚句・八木節などがあります。伴奏に使われる楽器は、太鼓・すりがね・笛。(そうだあよそうだよヨホホイ、ことしは世がよい豊年だからヨホホイ)で始まる歌に合わせ、手や腰をひねりながら勇壮に踊ります。地区を巡り、万作を踊り終わったあとは、小畔川に入り獅子頭のけがれを落とします。
 鯨井の万作保存会の皆さんが、近くの小学校で子どもたちに踊りを指導するなど、地域での交流も盛んです。
  *参考資料名‖「川越市の文化財」(川越市教育委阜会)
   ・「常設展示図録」 (川越市立博物館)

 
歴史を今に伝えて  76


もくぞうあみだにょらいざぞう
木造阿弥陀如来坐像(市指定・彫刻)

連雀町にある蓮馨寺は、室町時代末期に感誉上人が開山 しました。当時、川越城を任されていた大導寺家の保護を受け、その一族で寺の名前の由来となった蓮馨尼の墓があります。同家が没落した後も、江戸時代には徳川家が浄土宗を信仰していたこともあって関東十八檀林の一つとして大きな勢力を持ち、関東では規模の大きい浄土宗寺院として栄えました。現在でも毎月八日の呑龍デーなどで、市民の皆さんに親しまれています。
 木造阿弥陀如来坐像は、この連馨寺の本尊です。両肩に衣をまとい、来迎印を手に結んでいます。寄せ木造りで出来た坐像の高さは七十センチ。引き締まった体つきを持つ像全体に漆を塗り、その上に金ばくをはっています。また、目の部分には玉眼といって仏像の内側から水晶等をはめ、ひとみを再現しています。
 この坐像の中には数枚の銘札が入っていました。そのうち、最も古い天明六年(一七八六)に梵譽上人が書いた銘札には、弘安元年 (一二七八) に法橋覚慶が作ったと記した紙片が、この坐像の首の中にあったが虫食いがひどいために写し取っておいたとあります。
 坐像の特徴と銘札から、鎌倉時代後期である弘安ごろに作られたのはまちがいないようです。なお、江戸時代の元禄以降、数度にわたつて補修を受けたという記録が残っています。

*参考資料名‖「川越市の文化財」(川越市教育委員会)・「川越市史 第二巻中世編」(川越市)