小江戸川越の歴史を尋ねて−7

太刀  徳川朱印状  算額2  長島家住宅 南大塚餅つき踊り


                     歴史を今に伝えて  77                       
                太刀(郭町二丁目・三芳野神社/県指定・工芸品)

この太刀は、寛永十七年 (一六四〇)、当時の川越城主であった増井初左衛門尉但久が市内に住んでいた刀工・新儀惣兵衛允則重に作らせ、三芳野神社に奉納したものです。
刃長八十七・八センチ、反り四・四センチの大太刀で、刀身のはばき元(刀などのつば元にはめて刀身が抜けないようにする金具) の部分には、表 (太刀を帯びたときに外側になる面)に三芳野神社の社紋である梅の木(写真@)が、裏に松の木が彫り込まれています。

日本刀は、慶長元年 (一五九六)までに制作された古刀と、それ以降に制作された新刀に大きく分けられます。新刀期、特に関ケ原の戦い以後は、商業や交通の発達により、原料となる鉄の入手がそれまでより容易になりました。そのため、新刀期の刀からは、古刀期に見られた鉄の生産地別による地肌の特色が見られなくなります。

 新刀期に属するこの太刀は、市内の刀工が制作したもっとも古いもので、姿・出来栄え共にすぐれています。また、奉納者銘も明らかであることから、資料的価値が高い作品です。

*参考資料名‖「川越市の文化財」(川越市教育委員会)・市制施行70周年記念「第6回企画展・川越の名刀展」 (市立博物館)
朱印状

歴史を今に伝えて 78
 
古尾谷八幡神社所蔵徳川歴代将軍朱印状
                    
 古尾谷八幡神社(古谷本郷)は、貞観年間(八五九〜七七)に石清水八幡宮 (京都府) を分祀したのが始まりと伝えられています。
この神社に、徳川歴代将軍の朱印状が十二通現存しています。朱印状とは、朱印を押した公文書のこと。
江戸時代は将軍の朱印が押されたものを指し、これによって所領を保証したり、海外渡航許可などを行ったりしました。

 十二通のうち、家康のものは写しですが、残りはすべて原本です。家康の朱印状は、古尾谷八幡神社の社領として五十石を寄進するという内容。それ以後の朱印状は、家康が寄進
した五十石をそのまま安堵(領地として保証)したものです。
.書式は、時期によって若干の変化が見られます。例えば朱印の位置は、家光までのものは日付の下でしたが、それ以後は年号の左上
部になっています。また、同じ安堵する内容でも、綱吉までの四通は「先判の旨に任せて」という文言ですが、それ以後の七通は 「当家先判の例により」 という文言に変わっています。

 朱印状の原本が十一通もまとまって現存しているのは、県内では珍しいことです。また、江戸時代における古尾谷八幡神社と将軍家との関係を知ることができる、重要な史料といえます。保存状態もよく、ことしの二月に、市の文化財 (古文書) に指定されました。

*参考資料名‖「川越市文化財保護年報 平成十三年度」 (川越市文化財保護裸)

歴史を今に伝えて
 算額(府川 八幡神社/市指定・古文書)
 市内では現在、四つの神社にある算額が文化財に指定されています。ちょうど一年前に紹介した石田・藤宮神社に続き、今回は府川・八幡神社の算額を紹介します。

 算額とは、和算家が自分の研究の成果を額にして神社などに奉納したもの。八幡神社には、二面の算額が保存されています。
 縦五十一センチ・横百四十三センチの大きさの算額は、安政三年(一八五六)三月、戸田新三郎高常の門人によるものです。この算額は額にはった紙に三間の答えと術を示してあり、その下に六十三人の門人名が記してあります。
 戸田家は、天正年間から志垂村 (現在の山田の一部) で開発にあたった家で、数人の和算家を輩出しています。
いずれも新三郎を称し、その三代目で関流の和算を教えた高常は、安政三年一月八日に亡くなっています。
 もう一つの算額は大きさが縦六十六センチ・横九十センチで、右側が変形の絵馬型になっています。末尾に、「安政五年(一八五八)十一月、当村(仙垂村) 住、戸田喜四郎高次」とあります。高次は高常の門人です。算額は木の板に書かれ、五つの問いと術が載っ ていますが、文字がはがれ落ちていて三分の一が解読できない状態です。
現存するこれらの算額を通して、昔も学問が盛んだった川越の姿がうかがえます。

 *参考資料名=「川越市の文化財」 (川越市教育委員会)

歴史を今に伝えて     80
長島家住宅元町一丁目/市指定・建造物)


 

 長島家住宅は、明治時代初期に酒屋を営み、同時代末期には和洋酒の卸問屋をしていた 「近江屋」 の建物でした。
現在ある建物は、北側の蔵 (写真右、左側の蔵) と、「馬通し土間」と呼ばれる中央通路を持ち一階に洋風ショーウインドーを取り入れた南側の蔵の二棟から成っています。
北棟と南棟を合わせると、間口が七間 (約十三メートル) あり、他の蔵造りと比べ規模の大きいものといえます。
 長島家住宅の大きな特徴は、明治時代に建築された店蔵に大正建築の洋風デザインを取り入れた折衷型の外観にあります。
北側の店蔵は、明治三十年代の建築と推測され、店舗と住居とが一棟になった間取りになっています。南側の店蔵は、大正年間に板ぶきの町屋を取り壊して作られたようで、二階の窓には一枚ガラス戸をはめ込み、一般の蔵造りとは対照的な作りとなっています。また、敷地全体を土蔵壁の建物で囲い、建物全体で火を防げるように造られています。

 ことし四月、「川越蔵の会」が中心となり、長い間使用されていなかった同家住宅の清掃が行われました。その後は、さまざまな創作活動の発表の場として使用されています。川越商人の生活の知恵から生まれた蔵造り。今後も、まちの象徴として、建物の特徴を生かした利用を続けてほしいと思います。
*参考資料名=「川越市の文化財」 「蔵造りの町並」 (川越市教育委員会)
歴史を今に伝えて     81
南大塚の餅つき踊り(県指定・無形民俗文化財)

南大塚餅つき踊り 詳細へ


 

   その年に成人式を迎えた方を招いて、成人の日に行われる南大塚の餅つき踊り。
昔は、子どもの七歳の祝いである帯解きのときに行われていました。しかし、戦後ほとんど行われ
なくなり、成人の日が祝日となったことをきっかけに、地区の成人を祝うため催されるようになりました。 
 まずは西福寺境内で、うすに大きなかまでふかしたもち米を入れます。
歌に合わせ、六人から八人でもちをならすナラシから始まり、きねをそろえて一斉につくツブシ、一同が
「押っせ、押っせ」 と練り回すネリと続きます。
ネリが終わると、いよいよ本格的なもちつきです。
 つき方には、六人でつく六テコと、三人でつく三テコがあります。六テコは歌なしで、マタクグラセなどの曲芸を入れながら、リズミカルにつきます。三テコは歌に合わせ、キネワタシやモチカツキリなどの技をおもしろおかしく披露。仕上げはアゲツキといい、三人が横一列に並び、勇ましくつきます。
 その後、うすに綱をかけ、西福寺から菅原神社まで、ひきずりながらもちをつくヒキズリモチを行います。菅原神社で、もちを仕上げ、行事は終わりとなります。
 おめでたく、明るい雰囲気の餅つき踊り。未来を担う成人の祝いにぴったりの行事です。
 *参考資料名‖「川越市の文化財」(川越市教育委員会)・「川越市史民俗編」(川越市)