小江戸川越の歴史を尋ねて−8


埋蔵文化財発掘調査 芳地戸のふせぎ(笠幡) 大山講酒枠 縄文海進貝塚 霞ヶ関遺跡



歴史を今に伝えて     82
埋蔵文化財発掘調査

 文書や、図面・道具・建物・写真・言い伝えなどが、昔の人たちの生活の様子を知る手段になります。そして、もう一つ重要なものがあります。地中に埋もれている埋蔵物です。
 地中からは何百年、何千年、あるいは何方年も前の遺物が発掘されることもあります。また、遺物だけでなく、住居跡、堀跡などの遺構も発掘されます。
 発掘調査は、どのような場合に行われるのでしょうか。一つは学術調査のために発掘するもので、青森県の三内丸山通跡や、市内では国指定史跡河越館(かわこえやかた)跡での発掘があります。
もう一つは、土木工事や建築工事などにより遺跡が破壊されてしまう場合、遺跡の状態を記録保存する目的で発掘するものです。

土木工事などをするときは、市役所本庁舎五階の文化財保護課で、その土地が埋蔵文化財包蔵地 (地中に遺跡が残っている可能性が高い土地) であるかどうかの確認をしてください。
埋蔵文化財包蔵地にあたる場合は、試掘調査を行います。試掘調査で遺跡の存在が確認されると、計画を変更するか、盛り土などで遺跡を保存する方法を検討し、どうしてもだめな場合には発掘調査をすることになります。
 現在、川越市内には三百三十五の埋蔵文化財包蔵地があります。昨年一年間で、試掘調査四十一件・発掘調査十一件を実施しました。
今後、このコーナーで市内の発掘調査結果の概要をお知らせしていきます。(川越市広報)

歴史を今に伝えて     83
芳地戸のふせぎ(市指定・無形民俗文化財)

  笠幡の芳地戸地区では、毎年春分の日に 「ふせぎ」 と呼ばれる悪魔払いの神事を行っています享保六年(一七一二)から始まったといわれる古いもので、今でも昔ながらの様式を伝えています。
ふせぎが行行わわれる当日は、午前中に尾崎神社でみこしと辻札を作ります。
みこしは、四角い木製の枠にサカキやカシの小枝などを取り付けただけの古風なもので、その中に尾崎神社の御神体を納めます。
そして、ふせぎの祈とうを行った後、午後から芳地戸地区内の家を回ります。
地区回りは太鼓を先頭にして、その後に尾崎神社ののぼりと地区境に立てる辻札を持った子どもたちが続きます。
「ドコデン、カツカ」 と打たれる太鼓の調子に合わせ、子どもたちが 「ヨーイド、マーダー」 と声をかけながら進みます。
 このかけ声は 「用意は、いいですか?」 といった意味。現在は庭先までですが、昭和四十年の初めごろまでは、各家の中に入って清めの行事を行っていたそうです。
「ヨーイド、マーダー」 は、家に上がる準備ができているかを聞く、あいさつだったようです。
そのことばが、今でもかけ声として使われ、古式を現すものとなっています。  ことしは三月二十一日(祝)に行われます。見学に行かれる皆さん 「ヨーイド、マーダー」。
*参考資料名=「川越市の文化財」 (川越市教育委員会)

歴史を今に伝えて  84
大山講神酒枠および関係用具(市指定・有形民俗文化財)

   大山は、神奈川県丹沢山地にある標高千二百五十二メートルの山で、古くから信仰の対象とされてきました。
雨ごいのほか、商売繁盛などでも信仰を集め、特に江戸時代には関東一円に講が組織され、多くの参けい者が大山に向かいました。
 神酒枠は、その大山参りに際して、御神酒を持ち運ぶために用いられた信仰用具。二基一対で、社殿風の凝った作りが多いことが特徴です。
内部に神酒とっくりなどを納め、てんびん棒の両端に通して運べるよう、上部に四角い穴が開いています。
 この神酒枠は、元は川越青物講が所有していたもので (現在は轄驪ハ川越中央青果市場が所蔵)、神酒枠を納める箱に書かれた銘から、安政四年(一八五七)に作られたことがわかります。全体が漆塗りで唐破風の屋根を持ち、破風・軒の組物・彫刻などに金ばくが施された豪華なものです。
屋根は取り外すことができ、天井板に郷土の絵師・江野楳青による竜の墨絵が描かれています。また、このほかにも御礼箱・高張ちょうちん・あんどん・神酒とっくりなど、合計二十種類もの関連資料が良好な状態で残っています。
 商業都市として発展する中で、大山の信仰が深く浸透していた川越。現在もこうした文化財や 「お太刀洗い」 といった関連行事が残っていて、その独特の文化を感じることができます。
  *参考資料名=「川越市の文化財」(川越市軟膏委員会)・「第柑回企画展 川越の大山信仰」(川越市立博物館)

 

歴史を今に伝えて  85

縄文海進と川越の遺跡

            こ せん ば まち
 喜多院の東にある小仙波貝塚 (小仙波町三丁目) は、荒川流域でいちばん河口から遠い貝塚です。最後の氷河期以降、地球温暖化によって海面が少しずつ上昇し、今から六千年ほど前の縄文時代には、内陸部奥深くまで海が来ました。これを縄文海進といいます。
 小仙波貝塚の東に広がる水田は、海抜約十メートルです。
そのようなことから縄文時代の海面上昇は十メートル以上に及んだと、以前は考えられていました。ところが、今から三十年以上前、海抜五メートルほどの入間川の河原で、写真のような縄文海進時代の土器が見つかりました。当時の研究に従えば、この土器を使っていた縄文人は海底に住んでいたことになってしまいます。
 しかし、その後の研究で、縄文海進は今の海面より二、三メートル上昇した程度だったことがわかってきました。

また、平成十一年、川島町の荒川河川敷(海抜約十メートル)で、深さ五メートルもの所から縄文海進時代の土器や住居跡、貯蔵されたクルミやクリが残る穴が発見されました。これによつて、入間川の河原で見つかった土器のなぞも解けました。
 つまり、六千年ほど前までは、現在より五メートルも下に生活面があり、その後、海が少しずつ後退しながら、川がはんらんを繰り返して土砂がたい積し、今のような地形になったのです。今後、市内でも厚いたい積層の下から遺跡が発見されれば、台地上の遺跡では腐ってしまうような木製の道具・装飾具、木の実などの食べ物、衣類などの遺物が残っているかもしれません。 

歴史を今に伝えて  86

霞ヶ関遺跡と群衙

                かすみが せき ぐんが
                  霞ヶ関遺跡と郡衙
 奈良時代から平安時代にかけての川越は、武蔵国入間郡に属していました。当時、入間郡の郡衙 (古代の役所) があったと考えられている場所が、上戸新町にある霞ヶ関遺跡です。
 霞ヶ関遺跡は当時の一般的な集落遺跡と異なり、非常に「役所的」な遺構・遺物が多く検出されています。

例えば、溝で区画された内側に、溝と軸を合わせて配置された掘っ立て柱建物群は、あらかじめ計画したとおりに建物の位置や方向を合わせて作られた、役所のような建物であると考えられます。

遣物も、当時政治の中心だった近畿地方から運ばれてきた土器や、役人が筆と墨で帳簿をつける仕事に使った、土器製のすずりなども出土し、中央政権とのつながりや、役人がこの場所で仕事をしていた様子がうかがえます。

中でも 「入厨」と墨書きされた須恵器(高温の窯で焼かれた灰色の土器) は、「入厨」 の 「入」 が入間郡を、「厨」 が郡衙の施設の一つで、役人の食料の管理を行った施設である「厨家」を示しています。
 このように、計画性の高い役所的な建物、役人の仕事や政治の中心だった近畿地方との関係を示す遺物、そして「厨家」という役所の施設の存在を示す遺物などが出土している点から、霞ヶ関遺跡は入間郡の郡衙だったと考えられています。