小江戸川越の歴史を尋ねて−9


仲町遺跡 仙波地区遺跡 川越館遺跡 川越館遺跡2 中世館跡群


歴史を今に伝えて  87

仲町遺跡について

                 仲町遺跡について
 昨年六月から十二月にかけて調査された、仲町にある仲町遺跡。奈良時代から平安時代の住居・掘っ立て柱建物・井戸など、いずれも規模の大きな遺構が多く見つかり[午]の墨書土器や大型の咲ヨ陶器(緑色の釉薬をかけた陶器)など、特殊で珍しい遺物が多く出土しています。

遺構・遺物の規模や性質をみると、仲町遺跡は郡衙(古代の役所)に関連した公的な施設だったようです。
入間郡衙とされる上戸新町の霞ケ関遺跡とは離れていることから、郡衙の機能を補うための出先の施設であったと思われます。

 では、具体的にはどんな機能の施設だったのでしょうか。仲町遺跡からは須恵器(高温の窯で焼かれた灰色の土器)が非常に多く出土しており、大勢に食事を提供するなど、日常的に大量の器を必要としていた様子がうかがえます。また、遺跡のすぐ南には県道川越日高線が通っています。

この道は、かって人や作物の移動に使われた伝馬路であったと思われ、古代の高麗郡・入間郡、足立郡を結ぶように続いています。
「午」の墨書土器が出土している点も、伝馬路との関連をうかがわせます。これらの点から、仲町遺跡は、国司や中央からの使者など、伝馬路を利用する旅行者のための宿泊場所と食料を供給した施設である「館」 の可能性があります。
任地に向かう国司に対し、遠方から取り寄せた大きな咲ヨのわんに乗せたこちそうや宴会で接待する、そういった光景が日常的に見られたのかもしれません。

史を今に伝えて  88

方形周溝墓から古墳へ

                          仙波地区の発掘調査
川越市内の遺跡の中で、遺構が特に密集している地域の一つに仙波地区があります。
喜多院周辺から仙波町3丁目にかけてが遺跡群の範囲になつています。
 仙波地区では、古墳時代から平安時代前期(四〜九世紀の集落跡が全体に広がっています。そのほかに台地の周囲では、縄文時代の住居跡と古墳時代前期の方形周溝墓が発掘されています。

方形周溝墓とは、古墳より小さく古い型の四角形の墳墓のことです。小さいとはいっても一辺十メートル程度、幅二メートル前後の溝で区画されていて、その全体が掘り上がった姿は壮観です。        へきぎやく  くだたま                  

埋葬主体部が残っていたこともあり、碧玉製の管玉や、青いガラス玉が出土しています。

方形周溝墓が集中する台地の周囲は、当時墓域であったと思われます。その後、入間地域で最古とされる三変稲荷神社古墳がこの地に築かれますが、この古墳の埋葬者は方形周溝墓の埋葬者の子孫だったかもしれません。
 仙波地区の古墳には他に多宝塔古墳、慈眼堂古墳、浅間神社古墳、愛宕神社古墳などがその姿を残していますが、発掘調査によって古墳が見つかることもあります。現存する古墳の多くは寺社の境内にあり、開発のおそれが少ないために調査例が少なく、どのような古墳なのか必ずしも明らかにはなっ
ていません。

今後、新たに見つかった古墳の情報は、仙波地域の古墳群を解明するだけでなく、当時の川越を考えるうえでも貴重です。

歴史を今に伝えて  89

                          河越館跡@(歴史編)

 入間川西岸、上戸小学校の西側に国指定史跡「河越館跡」があります。

ここは平安時代未(十二世紀後半)ころ、この地を本拠とした河越氏の居館の跡といわれ、昭和五十九年に国の指定史跡になりました。
河越氏は秩父平氏の流れをくみ、源頼朝が伊豆に挙兵した際、初めは頼朝に敵対します。しかし、関東に基盤を作りたい頼朝に協力を求められるとこれに応じます。
河越氏は重頼が頼朝の家臣となり、源義経に従い、平家を滅ぼします。
その後、河越氏は鎌倉幕府の重臣として活躍し、子の垂貝は(武蔵国留守所総検校職)に任命され武蔵国のの警察権を与えられました。

室町時代になると、河越氏は関東の大武士団の一つになり、相模国守護として川越を離れますが、一三六七年、関東を治めていた鎌倉公方に対して反乱を起こし、同じ平氏の家柄の武士と共に河越館に立てこもります。

これは「平一揆の乱」と呼ばれ、乱は鎌倉公方の総攻撃で鎮められ、以後、河越氏は衰退していきます。
時は流れ、十五世紀末。関東を二分して戦っていた扇谷・山内の両上杉氏の戦いは、扇谷上杉定正の戦死により、定正の子・朝良は河越城に退却しました。
山内上杉顕定は上戸のこの地に陣を構えて本拠とし、戦闘を重ねましたが、一五〇四年、両者は和解して顕定は陣を引いたとされています。
 河越館跡は河越氏および山内上杉氏の拠点となり、二度にわたり、大きな戦乱の場となりました。また、その間に河越氏の持仏堂から発展したといわれる常楽寺が境内地を広げていたことも発掘調査からわかってきました。
 次回は、発掘調査の成果を紹介します。

歴史を今に伝えて  90

                          河越館跡A(発掘調査編)

  河越館跡の発掘調査は昭和四十年代に始まりました。

これは国指定に向けて史跡の範囲を決めるための発掘調査で、周辺部を少しずつ調査し、およそ四万八千平方メートルの史跡範囲を確定しました。
上戸小学校の校舎建設に際しては、山内上杉氏の時代の大型の堀が入間川に向かって延びていることが確認されました。

また、北側の住宅地では、館の周辺に配されていた家臣などの屋敷を区画するものと考えられる溝などが確認されています。
 平成七年度からは、史跡の内部に調査のメスを入れました。この秋からは「史跡整備に伴う発掘調査」 として八回目の調査を予定しています。
 史跡内の調査では、山内時代はもとより河越氏の時代の遺構・遺物も確認されています。

特徴としては、時期を異にした堀跡や常楽寺(じょうらくじ)のものと考えられる墓坑・井戸が東側を中心に多く見らわること、広い面積に土を盛り、平らにするための大規模な造成が各所に見られることなどがあげられます。
 全体的な傾向としては、東側に河越氏の時代の遺構が多く、西側にはその後の常楽寺関連や山内時代の遺構が多く見られるようです。また、遺物としては青磁などの輸入陶磁器や茶道具など、生活用具のみならず当時としては価値の高いものや趣味の道具も出土しており、関東における大武士団の棟りょうとしての生活の一端をかいま見ることができます。
 市ではこのような発掘調査の成果を基に、この史跡を整備し、史跡公園として広く市民の皆さんが活用できるものにしていきたいと考えています。

歴史を今に伝えて  91

             下広谷地区の中世館跡群(宮廻館と大堀館を中心に)

   市内最西北端部に位置し、周囲を坂戸市や鶴ヶ島市と接している下広谷地区。四つの館が集中して立地した場所として、江戸時代から知られています。
 関東地方は、永享の乱(一四三八)以降、古河公方と山内・扇谷両上杉氏(おうぎがやつ・ うえすぎ)の三者による争いが、激しくなりました。

川越を含む北武蔵地方も、山内・扇谷両上杉氏の勢力争いに巻き込まれていきました。十五世紀後半には下広谷地区付近で両上杉氏による戦いが行なわれ、同地区が軍事上の要衝として重要視されていました。
 宮廻館跡は、県が実施した発掘調査から、十五世紀ごろに築かれたことが明らかになりました。下広谷地区の館跡群に現存する堀や土塁等には多くの共通点がみられ、この四つの館跡がほぼ同時期に築かれたと推定されます。
 このようなことから、この館跡群は十五世紀ごろ、戦いに備えて一時的に滞在する目的で、山内・扇谷両上杉氏のどちらかの軍が築いた館と考えられます。
 この時代の史料はほとんど残っていないため、今後の発掘調査の成果が期待されます。下広谷地区の館跡群の中で、大堀山館跡は堀・土塁等の残存状態が最もよく、室町時代中ころの館跡の姿を今日に伝えてくれる、たいへん貴重な遺構といえます。