本文へスキップ

 

白川郷五箇村の春


 
世界遺産に登録された飛騨白川郷と富山五箇村に来ました、4月なので屋根の雪はさすが見られませんが、山影や畑には残雪があり、冬期の雪の深さが偲ばれます。かやぶきの大屋根や家の中の造に感激、実際にここで生活しておられる家人のお話を聞いて冬の豪雪のすごさを想像しましたが、機会があったら冬にも来てみたい懐かしさ一杯の里風景でした。
  
 桜1本だけで春らしい気配が感じられます、重要文化財和田家住宅前です。 雪の重みでかたむいた?いやカメラのアングルが傾いてました。いかにも頑丈な構えをしています。
春でも冬でも白川郷のここは絵になる風景です。 土産物屋が並ぶメインストリート本通んもバス停
富山県南栃市平地区相倉の五箇村に着きました。 春まだ浅いという感じの五箇村
「国指定史跡越中五箇村相倉集落」と銘がある石碑
後ろの建屋は相倉民俗館
4月の畑作業はまだ残雪の中ですね、向うの山にはまだ残雪が見えます。相倉合掌造集落


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN