本文へスキップ

 

京都、 奈良、古都の秋

    京都 一乗寺詩仙堂⇒ 奈良 東大寺⇒法隆寺⇒朱雀門    


 
11月は京都、奈良の街は鮮やかな紅葉に彩られ最も美しい風景を見せてくれる時期です。毎年京都の秋を愛でに出かけますが今年は足を延ばして奈良を訪れました、紅葉も見事でしたがあちこちの寺社仏閣の静かな佇まいが心を癒してくれます。言ってみれば京都や奈良は街全体が文化遺産ですね。大切にしたいものです。
  
京都詩仙堂の紅葉 詩仙堂の嘯月楼
京都一乗寺にある詩仙堂は平成13年にも訪れ庭の紅葉の美しさに、感激、夕暮れ時の紅葉もまた格別のようです。 詩仙堂内の嘯月楼の屋根にかかるもみじが夕空に映えていました。
奈良公園の鹿 東大寺門前
奈良公園の鹿の数は観光客の人数ほどいたようです、しかとかぞえて何匹でしょうかね。鹿と紅葉で花札の11月だ!! 東大寺南大門前の参道、日曜日とあって七五三参りと重なって大勢の賑わい。
 東大寺脇の鏡池
大仏殿金堂はどっしりとして、人間がち〜さく見えました。 南大門脇の鏡池では、紅葉が池に映り格好の被写体、家族連れで写真を撮ったり、池のそばでお弁当を食べたりの様子が見られた行楽日和でした。
鏡池に若草山が影を写し、本当に鏡jのようです。 奈良公園の紅葉は今が真っ盛りだったようです
東大寺j構内の桜でしょうか、すっかり落葉していましたが春にはすばらしい景色なんでしょうね。 大仏殿前はとりあえず一枚取っておこうと、写真撮影の人が引きもきらず、どの構図でも人影が入ります。
国宝の八角灯籠だという説明を事前に読んでいたので、天女の彫物が映ればと撮ったのですが。 殿内撮影禁止でないのがうれしいです。
大仏殿から二月堂への裏参道は人影も少なく風情があります。 どこをとっても絵になるのでしょうか、絵を書いている人がこの参道に2人もいました。
石段を上り詰めるとそこは天国?いや二月堂入口でした、右側には三月堂。 三月堂前の紅葉なぜか一本だけ。
うっかり見落とす四月堂 二月堂の軒下のつり灯、夜に火が灯るのを見たいです。
二月堂境内の寄進石碑越しに見える奈良盆地 大仏殿裏に続く道は人影もまばらで安らぎを感じました、右に向かえば正倉院です。
その昔修学旅行で来た若草山は健在でした、あのころは若かったなあ〜 二月堂境内からならの街を望む、遥かに生駒山
猿沢の池は回りにたくさんの建物が出来ていて景色が小さくなった感じです。昔はもっと広々していたように思いますが。 手向山八幡宮に向かう参道、このあたりは観光客も少ないようです。
斑鳩の里へ。法隆寺門前から続く参道は長い 夕日を浴びた法隆寺の五重塔
柿の木だったら絵になるのでしたが。 夢殿の周りをぐるりと一巡り、中はよく見えません
南大門の仁王さんも夕日がまぶしいようでした 法隆寺門前からの夕景。日の落ちるのを待って撮りました、まるで影絵芝居の背景みたいです。
平城宮跡は大宮通りから突然見えるので驚きます、時間が後戻りしたように見えました。周りに何もないのがよろしい。 少しズームして撮ってみました、きれいに復元されている様子がわかります、朱雀門という名前の通り朱が引き立って見えます。
奈良の旅は平城宮跡を最後に終わりましたが、とても一度ではつかめない奈良の町、また機会を作って 確かめたいと思いました、奈良は京都とはまた違った魅力のある街でした。 平成14年11月17日〜18日 じんさん


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN