本文へスキップ

 

秩父羊山の芝桜


 
平成15年4月18日 30度を超える真夏日のような暑さの中、秩父市郊外羊山公園の芝桜見物に出かけました、花祭りの前日というのに、観光客でいっぱい、駐車場も満車ということで、道の駅に市役所が仮設した駐車場に車を止めて徒歩で公園に向かいました、此処から公園までなんと2つの山を越えての道のり、30分ほどの山道を汗をかきながらやっとの思いでたどり着きました。山の斜面を利用した畑に植生されている芝桜は、ピンクや白、シルバーグレイ色毎に分けて植えられています、まるで北海道富良野のパッチワークの丘のような感じで鮮やかな色彩には目を奪われます、この美しい風景に山登りでの苦労を吹っ飛びました。
帰路は途中、日帰り温泉に入って汗を流し、秩父路を後にしました。(秩父には日帰り温泉が沢山あります。)
  
埼玉県秩父市の羊山は春は桜や芝桜の名所です、4月19日〜20日には恒例の花祭りがあります。今年は一日早い18日に混雑を避けていってきましたが、祭り前日にかかわらず大変な人出でした。はるか彼方には武甲山が見えます。芝桜のピンクや白にも種類があり、鮮やかなパッチワークの丘です。 好天に恵まれ気温は30度を超える真夏日になり、汗だくになりながら撮影ポイントを探しました。
但しいずこも人の波でいっぱいです。
さながら花のお遍路さんのようです。 絵を描いている人(プロの絵描きさん)、この構図が絵になります
きれいに植え分けられた芝桜で模様が描かれ、まるで絨毯を敷いたようです。 芝桜が植えられている中には立ち入り禁止、この人たちは芝桜の育成作業の人たちで、暑い中で丁寧に手入れをやっていました。
見ごろは4月中旬から5月半ばまでのようで、まだ蕾の部分もあり全部が咲きそろったらさぞすばらしい眺めになることでしょう。 羊山には公園があり、枝垂桜の若い木が沢山植えられておりこの桜も見事です。


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN