本文へスキップ

 

 萩、津和野中国路の早春


 
倉敷川と美観地区 倉敷川と柳 文学のこみち(尾道)
鷺舞(津和野) 萩焼の窯元 秋吉台
錦帯橋(岩国) 厳島神社(宮島)
桜にはちょっと早かったのですが、3月中旬、萩、津和野、倉敷等、中国路の春を訪ねて来ました。後10日ほど遅ければ桜も咲いて華やかな景色を楽しめたと思いますが、早春の静かな佇まいの中国路もまた格別の趣がありました。特に倉敷の美観地区街は落ち着いたきれいな町並みや白壁の蔵屋敷などが倉敷川に映えて情緒があります。
萩では萩焼の登り窯、津和野では鷺舞のモニュメントを、秋吉台のカルスト台地の荒々しさに目を奪われ、錦帯橋や、宮島の昔と変わらぬ美しい風景に懐かしさを憶えて・・・
錦帯橋は補修工事で翌日が渡り初め式ということでした。(よっ子)
  
倉敷川に面した、美観地区 倉敷川の中橋付近の風景、柳が少し芽吹いてました
尾道(千光寺公園・文学のこみち)ならぬ石段ばかりで大変疲れました 津和野鷺舞のモニュメント
萩焼の窯元 手作りなのにどれも同じ大きさに驚嘆。 秋吉台(130平方キロにも及ぶ日本一のカルスト台地)草原にはまだ早かった!!
新しく架け替えられた橋です、翌日が渡り初め式でしたので残念ながら迂回橋を渡りました 平舞台からの大鳥居も昔のままでした

JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN