本文へスキップ

 

角館花紀行


 
秋田県角館町は人口1万5000ほどの小さな町ですが、昔からみちのくの小京都といわれ人気のある観光の町です。平成9年には秋田まで新幹線が開通営業開始、毎年年間130万以上の観光客がおとずれ、近年では230万人を越える大人気の観光地になっていますが、特に春の訪れとともにゴールデンウイークをはさんでの桜祭り期間には15万人の観光客が訪れる様です。
毎年ゴールデンウイークと重なる桜祭りでは、人出の多くなるのは致しかたありませんが、今年平成15年4月27日に訪れた時も桜祭りと重なって、大変な人出でした。武家屋敷と桜を写真に収めようと思っておりましたが、桜より観光客を撮った写真のほうが多くなりました、それでも角館の雰囲気だけは撮れた様に思っています。当日は栗駒温泉に泊まり乳白色の温泉で疲れを癒し、翌日田沢湖畔や水芭蕉の花や、カタクリの花、などの群生地を巡り、今年最後の春を満喫し楽しい旅になりました。
又いつかはこの華やかな時期をずらして、ゆっくりと武家屋敷の風情を楽しむ旅をして見たいと思います。
  
桜祭りには観光客が大勢訪れる駅にしてはこじんまりしていてちょっと小さい感じですが駅全体はきれいです。駅に隣接してJRフォルクローロがあり軽食が出来ます。 蔵という観光案内所があり、手荷物などを預かってくれますが、ちょっと狭いです。
武家屋敷通りのメインストリート。道にかぶさる様に枝垂桜の枝が垂れ下がっています。通りは人々でいっぱいのため遠くは見通せません。 両側の武家屋敷の黒塀が桜の色と調和してついついカメラを向けてしまいます。
武家屋敷青柳家:門の両脇の枝垂桜が見事です。この屋敷は拝観無料です。 撮影スポットにはカメラマンがじっと人の通り過ぎるのを待っていますがなかなか人の列が途切れません、辛抱強くないと良いものは撮れないのでしょうね。
武家屋敷は有料か、または開放していないのが多いですので、塀越しにカメラを高く構えて撮っている人が多く見られます。 茅葺の立派な門構えに桜は似合います。
お店の前を歩くにも桜の枝を避けながら・・・・、 枝垂桜の暖簾越しに、黒と白の線が印象的です。
樹齢100年を超える国天然記念物指定の枝垂桜は堂々として見えます。 見事な枝ぶりも地元の人たちの手厚い管理と愛情の賜物でしょう。
古木が多く、枯れかかった木にも手厚い管理保護が加えられているのが見えます 桜の木の間に見える紅い和傘はお店の看板です。なんとなく小京都の風情が感じられます。
伝承館前は屋敷町の中心地、観光客が必ず立ち寄る所で、角館にきたらまず此処に行ってからあちこちと回るのが筋のようでした。 人力車で回るのもよろしい様です、此処では一台しか見ませんでしたが、数台営業しているようです。
後ろの山は角館の古城山、元は此処がお城だったところで、1620年芦名義勝によって築城され、城から南に向けて城下町が広がっております。町の一番北側に当たるところです。 田沢湖町近郊にある刺巻湿原には水芭蕉の群生がみられ、花めぐりコースに入っています、時期的にはちょっと過ぎていましたが大きな白い花の群生が見事でした。、
水芭蕉は広さ約3ヘクタールの湿原にびっしりと群生しています。 可憐な花のイメージとはちょっと違って花も葉もかなり大きいものでした。
所々に水芭蕉に寄り添うように座禅草が咲いています。水芭蕉に比べ何か遠慮がちな咲き方でした。 湿原には木道が設置されていて、すぐそばで水芭蕉が観察できます。
西木村にはカタクリの群生地があります、前日の雨で花弁が皆下を向いていて恥ずかしげでした。 カタクリの傍には一輪草も見られました、可憐な白い釣鐘状の花です。
角館の西側を流れる桧木内川の堤には2キロにわたって、染井吉野が植えられて見事な花のトンネルになっています、川原ではお花見の人たちで賑わっていました、川の水は清らかで水量も多く素敵なところです。ちょっと埼玉県幸手の堤桜と似ています。 堤の下では屋台が店を出していたり、このようなポン菓子つくりの懐かしい様子も見られました。


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN