本文へスキップ

 

幸手市権現堂桜堤


 
  
権現堂堤(旧利根川堤防)は約2キロに及ぶ桜のトンネルが続き約千本のソメイヨシノが見られる関東の花の名所として知られています。 この日15年4月3日は満開には少し早く豪華絢爛にはちょっとというところでしたが多くの花見客があちこちに席をとりお花見を楽しんでいました。
花のトンネルが続き道の両側にはぼんぼりが下がり風情があります、夜は明かりに映える桜が幻想的でしょうね。 堤の川と反対側の下には延々と屋台が並び県道3号線から見ると屋台ばかり目に付き屋台の堤のようです。
堤の東側川岸側には菜の花畑が広がり絶好の行楽席です 所々に案内板があり、堤の桜風景を撮った写真が展示されています、写真スポットを見つける参考になります。
堤下の菜の花畑、あたり一面花の香りが漂っ来ます。 堤からおりて堤下の道も歩くと両方の景色が満喫できます
堤と川を結ぶつり橋が平成15年2月に完成し、川向こうからの堤への距離が短縮され便利になりましたと地元の方が話していました。橋の名前は外野橋(そとのはし) 名前どおり堤の外でした。 利根川の支流中川(別名権現川)水深は浅く歩いても渡れそうです、護岸工事が行われているようでした。



JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN