本文へスキップ

 

むつ市大湊の秋例大祭

伝統を守る船形山車の運行
 
秋冷 下北半島大湊の日の出
 
 大湊の祭りといえばネブタですが、このほかにも大変珍しい伝統のある祭があります 大湊でご覧になった方もあろうかと思いますが、それは舟山車を曳いて練り歩く秋祭り「例大祭」です。
 以前は9月8、9日だったのですが、平日では人集めがたいへんとなり、最近は第一土・日となり、今年は4、5日に執り行われました。
 江戸時代、四国や九州方面から日本海を経て東北や北海道に北前船で物資を運んだことから伝わって来たらしく、下北半島一帯では9月に舟山車を繰り出して祭りが執り行われます。
大湊では宇田町、川守町、大湊上町、大湊浜町、大平町にそれぞれ舟山車があり、大平は単独で、あとの四町は合同で例大祭を行っています。
 一日目は各町で昼夜の二回町内を運行し(4年前までは宇田まで行ってましたが、人手が集まらなくなり運行できなくなってしまいました。)、二日目は、四町の山車が昔の町境である小学校下の例の「一本杉」に集結し、祈祷を行った後近くの兵主神社から浜町稲荷神社までの約1.5キロを2時間かけて練り歩き、稲荷神社で祈祷、神楽による厄払い、鏡開き、振る舞い酒等の催しをしたあと、他町の山車は帰還します。
浜町では山車上から餅撒きを行ったあと、夕食を済ませ夜の町内を運行して祭りを終わります。
 宇田、川守の山車は戦後建造されたもので比較的新しい(とはいえ60年)のですが、上町のは明治7年、浜町の稲荷丸はずっと古く、嘉永4年ごろ越後の船大工により建造されたものらしく、かなり老朽が進み、木材がボソボソと痛んでいるところが多く、補修などしながら騙し騙し使っている状況です。

 「嘉永4年(1851年)と言えば浦賀にペリーがっ来航した2年前のこと、150年も昔のこと完全な形で祭りに使われている貴重な文化財と言えます。」


                              
  
お祭り行列の先頭は、猿田彦の神(海自OB)と神官
次に御神輿
ジャガラさん
本来は、男装の芸者が鉄棒を持ち後に続く木遣りの舞い祓いをする「手古舞」だったが、今は女児が鈴のついた杖をついて前触れに歩く。
山車の牽引力は曳き手。
祭りの本体舟山車、前方を木遣り唄を歌い、太鼓を打ちながら 行進する。
   ※「木遣り唄」=伊勢神宮の20年に一度の遷宮の祭りのお木ひき唄が全国海岸部に広がり、造船の船下ろしや綱起こしなど祝い唄として歌われた。
 一節を紹介しますと
 コリャエー  沖に見えるは アリャ何丸ダヨー ヤットコセー 下町通りの稲荷丸 ヨイトナー オリャリャー エンヤー ヨイトコ ヨイトナー
合同運行の出発点となる兵主神社。
町境へ祈祷に向う御輿列
猿田彦、神官の後に稚児行列(以前は20人だったが少子化のため3人のみ)、お御輿の後ろには20人の旗持男児がついていたが、これもなくなった。
町境の一本杉でで各町毎にご祈祷が行われる。
宇田町の八幡丸 昭和40年代の建造でピカピカです。
宇田町の八幡丸
川守町の弁天丸 これもかなり新しいようです。
川守町の弁天丸
上町の大神丸、明治7年建造でかなりへたってます。
上町の大神丸
浜町の稲荷丸

四船中最も古く、下北船山車のはしりであろうと云われております。
浜町の稲荷丸
合同運行の情景

 町境でのご祈祷が終ると兵主神社から浜町の稲荷神社まで 約1.5キロを2時間かけて浜町、上町、川守、宇田の順に各山車は木遣り唄を歌いながら賑やかに練り歩きます。

兵主神社を後に御御輿から出発。
浜町の繁華街(?)あたり。
祭り行列の先頭では大湊上町の神楽が各戸の門前で獅子舞によるお祓いをして歩きます。勿論ご祝儀が上がります。
合同運行終点の稲荷神社前に到着。
メインの合同運行が終ると、稲荷神社で祭事が行われ、各町の山車はそれぞれ帰還してゆきます。(四船別れと称しています)
 浜町では稲荷丸船上から餅撒きを行ったあと、夜の艤装をして夕食、18:00〜20:00町内を運行します。

稲荷神社到着後、境内にてご祈祷、獅子舞、祝い酒の鏡開き、振る舞い酒などの祭事が行われます。
浜町恒例の餅撒き
男衆が艤装を行っているうちに、女子、児童は稲荷神社で夕食。
艤装中の稲荷丸
艤装中の稲荷丸
男衆の艤装が終り夕食を済ませると最終の夜の運行が行われます。
 練り歩く距離は稲荷神社から大湊郵便局あたりまでの往復2キロ弱ですが、途中で何回も山車を停め、休憩の飲食や輪踊り、乗り子の祭囃子披露などを行いながら2時間ほど賑やかに運行して稲荷神社に帰還、例大祭の幕を閉じます。
艤装を終わった稲荷丸
最終運行、夜の出帆
殆ど観衆のいない夜街を昼と同様に木遣りしながら運行、参加者のみが盛り上がります。
山車の中では、数人の中、高生(「乗り子」と呼びます)が昔ながらの横笛、太鼓、鼓、鉦をもって十数種曲から成る組曲ならぬ組囃子(?)を運行の間中威勢よく賑やかに奏でます。
乗り子の人達
運行が終了すると参加者は神社の広間に集まり慰労会が行われます。(反省会は別日に)
ネブタもそうですが、必ずこうした会を持って町内住民相互の親睦を諮るところが地方の田舎町のいいところですね。
 例大祭は、3ケ月近くかけて行うネブタと違って短期間の準備等で終るので主催、実行する当事者にとってはかなり楽な行事です。
これが終ると大湊はあと彩りの秋、そしてまた寒〜い冬へと足早に季節が移り変わってゆきます。宴にも一抹の寂しさが感じられます。


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN