本文へスキップ

 

四国周遊春の旅

2004年4月1日〜3日
 
  
二泊三日の四国一周駆け足ツアーに行きました。初日は一寸天気は曇り勝ちでしたが、あとは好天氣に恵まれ春の瀬戸内と四国の春を楽しんできました。岡山からはバスの旅、車窓から見える、瀬戸内海はひねもすのたりのたり、私も、うつらうつら、のたりのたりの居睡りも。
ここ大三島から見える多々羅大橋、向こうに見えるのは生口島。天気曇りがちで一寸暗い写真になりました。
多々羅大橋が見える公園は良く整備されていてきれいなところ、小高いところに自衛隊のヘリコプターが着陸?:記念館に飾ってあるのでした。
しまなみ海道に架かる橋はなんと10本も、尾道から今治までの間6つの島に架かり、海道の距離は延べ60キロ余とか、途中の車窓から見える瀬戸内海や島の景色は眠気を覚ましてくれました。
大三島は大山祇神社が祭られている厳かな島のイメージがありましたが、公園などの様子を見るとずいぶんとハイカラな感じがします。
しあわせの鐘の建物が公園内にありました、鐘をついて幸せ祈りました、これ以上の幸せ望むのは贅沢?
留守番の主人にしかられるかな。
昔一度入った事のある道後温泉、建物は昔のまま変わらず、変わったのは本人。今回は時間が無く入らずじまい。
朝早くおきて写真を撮りに温泉前まで、来て見ると夕べは見えなかった桜が咲いていて温泉に春を告げていました。
朝日が昇り、屋根の風見鶏がコケッコッコウではありません振鷺閣の屋根に飾ってある伝説の白鷲。
朝風呂を楽しんだ人達がもう出てきていました。かなり早くから入ったのですね。、
2日目。内子の町並見物ツアーの開始、内子は江戸時代から明治にかけて木蝋と和紙の生産で栄えた宿場町、立派な家が並んでいます。
内子茶屋の女将さん通りすがりの観光客に漬物を勧めています。
白壁が印象的な町並、ここは八日市護国地区で漆喰で塗り固められた商家や土蔵が見られます。
まるで海か湖か・四万十川の清流に思わず喚声。日本で一番きれいな川、本当でした。他の川は見たこと無いけど。
観光船というより舟の感じだけれど屋台舟から眺める柴漬漁、椎の木などの枝を束ねた柴を一晩川に沈め、夜の間に枝の間にもぐりこんだ蝦やうなぎを翌日柴ごと引き上げて採る、四万十川伝統の漁法です、とガイドが申してました。
これも四万十川伝統の投網漁
舟の先から大きな投網(十畳ほども有るそうです)を投げ丸く広がった網で鮎などを取ります。
どういうわけかこの投網漁の舟にはワンちゃんが乗っていて二人?一人と一匹での漁の様子です。
このわんちゃん實は四万十川では有名だそうで、ブーチャンという名前で人気が有り、観光船が近づいてカメラを向けると、このように舳先に出てポーズをとるのでした。過去に5回川に落ちたそうです。仕事熱心なわんちゃんですねえ。
川下りを終えて桟橋に、着くと鴨達が寄ってきておねだりします。
2日目の夕方。歌にある土佐の高知のはりまや橋でーす。
思っていたのと大違いの大きさ、エッといった感じでしたが橋に立ってみたら情緒もあって納得。
はりまや橋名前の由来がこの碑文でわかりました、豪商播磨屋と富商櫃屋との間に有った堀に私財でかけられた橋だったんですって。
紅い欄干や橋げたと柳の風情が良いですね。
高知城の桜、夕方で薄暗くなりましたが急いで見物に出かけました。、
夕闇迫る高知城の天守閣
夕日にシルエットが浮かぶ高知城明日はいよいよ坂本龍馬に面会です。
こんにちは坂本さん右手には何をお隠しに?エッ、ピストル?

「いや実は片腹が痛いのじゃ」

今の日本どう見てますうー?
思ったより小さい海浜ですが、やはり美しさは抜群のようです、松林の傍らから坂本龍馬が見下ろしていました。
大鳴門橋の景観、生憎大潮の時間を過ぎていて渦はあまり大きくは無かったのですが、海面の白波が流れの速さを感じさせてくれました。
小潮でしょうね
橋の上から眺める場所があります、其処から窓越しにパチリ、舟の大きさと比べると結構渦も大きいのでした。
橋の待合室には大潮時の渦の写真があります、このような大きい渦では小さな観光船では怖いよう〜
鳴門をあとに今度は金毘羅さん、のぼり坂の途中で出会ったお遍路さん、金毘羅さんは巡礼のお旅先ではないので、普段お遍路さんは来ないそうですが、運良く出会ったので、一寸失礼して一枚取らせてもらいました。南無阿弥陀仏
金毘羅さんは海の神様、785段の石段を上がると本宮へ、本宮はどこから拝んでも正面になるように作られています。本宮や絵馬堂には航海の安全を祈願した絵馬が納めてあります。本宮からの眺めは讃岐平野や讃岐富士がなが眺められるそうですがこの日は生憎一寸霞んでいました。
金毘羅さんの石段の両側には桜が多くトンネルのようです。
ここから金毘羅さんの境内、ここから先は店などは一軒も有りません。
石畳の両側には寄進碑がずらり、歴史を感じます、石碑の高いのは数千万円とか、どなたの寄進でしょうかね〜
なぜか馬の石像の寄進碑、競馬で?
境内の桜も満開、春を満喫してきました。
さざれ石のコケのむすまで、本当にさざれ石が成長するのですね。
うちの主人も最近コケむしたようだわ、おまけにどっしり動かずなのよ。
帰路の石段かなり辛い、登るも地獄、下るも地獄
もう足がくがくの下り。やっと下まで降りてきて極楽極楽。四国の旅も無事に終わりました、金毘羅さんに感謝してさようならしました。



JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN