本文へスキップ

 

秩父長瀞春景色

2004年4月
 
  
4月10日秩父のしだれ桜を見に出かけてみました。最初に荒川村の浦山ダムに、向かう、のぼりの坂道には山桜が、ダムの駐車場には一本だけしだれ桜が咲いていました訪れる人も少なく静かな良いところですです
浦山ダムは秩父市の水源、秩父さくら湖といい市民の憩いの場所のようです。
浦山川をせき止めて作ったダムです。ダムの底までエレベータがありましたが当日は運行してませんでした  残念。高低差156メートルの重力式コンクリートダムとしては日本で2番目に高いダム、一位は157メートルの奥只見ダムだそうです。
秩父札所29番の長泉寺ここのしだれ桜とともに境内のツツジの植え込みが見事です
ツツジがちょうど満開でした、竹林の緑と対照的で鮮やか。本堂は千社札が一杯貼られてます。性空上人が石札を納めた由来から石札堂と別名があります。
本堂の脇に新しい経堂が立っていました屋根も柱もピカピカで眩しいくらいでした。
樹齢600年の天然記念物のしだれ桜を見んものと清雲寺にやってきました、時期的にはちょうど良いころですが、今年はやはり開花が早くて満開をやや過ぎた感じ、それでも沢山の見物客が。
境内には20本以上の桜が咲き乱れまるで花の幕で覆われているような庭内です
天に向かって咲き誇るかのようなしだれ桜
清雲寺は秩父で一番の桜の名所と言いますが本当でした。
以前からぜひ訪ねて見たいと思っていた秩父郊外にある音楽寺、秩父事件の歴史に少し興味を持っていましたので、感激です。ここから秩父事件の蜂起が始まったのです。
本堂はあまり大きくは有りませんが境内は広く今では周囲が公園となって市民の憩いの場所になっています。小鹿坂峠の中腹にあって秩父市を見下ろす小高い丘の上にあり、眼下に秩父の町が望めます。
開祖は定かではなく、応永19年(1412)に再興されたとか江戸中期の様式が感じさせられる観音堂の佇まいが素敵です。23番札所
街からは立派な道路が続いていて境内から見下ろすと市街が一望です、その昔この道筋を通って、秩父蜂起の志士たちが駆け下りたのでしょう。
境内は白ツツジが咲いていて項紅い桃や桜との色の競演。このお寺は白いツツジで有名で5月の見ごろには庭に白布をかけたようになるそうです。
お遍路さんが一人階段を下っていました、思わず一枚とカメラを向けたらたちまち数人のカメラマンが集まってきました。
桜は盛りを少し過ぎたようですが春風とともに舞う花吹雪を浴びて家族ずれのピクニックが散見されました。
この鐘楼の鐘は明和5年(1768)の銘があります。秩父事件で蜂起した3000人の農民はここに集まって休息後この鐘を打ち鳴らしそれを合図に大宮郷(現秩父市)の群役所目指して坂道を駆け下りました。由緒ある鐘です、私も一寸打って見ましたが、優しい鐘の音でした。
正面に見える町は秩父市街です
この寺はミユジシャンのお参りが多いそうです。この人もそうかなあ
鐘楼のすぐ脇に秩父事件の石碑があります。最近秩父事件の映画が作られて、目下そのイベントが市内で行われているようです。秩父事件は当時としては大変大きな事件で、さまざまな逸話や歴史が語られる興味深い事件です。
この時期は秩父では羊山の芝桜が見ごろで観光客もそちらには大勢押しかけていますが、ここは人影まばらで(土曜日なのに)静かで落ち着きます。
正面は武甲山の姿です。この場所はまた訪れて見たいところです。
秩父といえばやはり長瀞のライン下り、大変な人出でした。ここは岩畳乗り場今しも舟が着いて、お客が降り代わりにBコースの下り舟が出発
静かな川面ですが途中には急流も、満杯で大丈夫かな?
上流からカヌー遊びの一群がまるでミズスマシのようです。
寄居町の波久礼から82号線が秩父市まで延びていますが、この82号線の長瀞駅の辺り約5キロは桜並木が大変きれいです、右奥が長瀞駅方面
下り寄居方面
この通りは桜通りといいます。上長瀞駅前から野上駅にかけて桜のトンネルです。
桜を堪能して帰路は正丸峠を越えて川越に向かいましたがこちら299線にも横瀬のあたりには、所々桜が見られました。

JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN