本文へスキップ

 

川越地区消防出初式

2004年1月11日(日) 川越市内
 
  
消防出初式はテレビのニュースなどでなどで良く紹介されますが、今回初めて出初式の最初から最後まで見物してきました。当日は風も冷たく2時間にわたる式を我ながら我慢強く立ちんぼで頑張りました。おかげで色々と知らなかったこともあり大変勉強になりました。消防関係の皆さんご苦労様でした。平成15年の川越地区の火災発生件数は135件、被害総額も2億円を超えるそうです。消防に関する市民の協力はなんと言っても火事を出さないことですね。   じんさん記
出初式会場は川越市新富町 丸広百貨店の駐車場、繁華街に有っては唯一の広い場所のこともあって丸広さんは営業時間内にもかかわらず一般客の駐車場使用を禁止しての協力には頭が下がります、朝9時前の準備中の様子、消防本部や消防団の皆さん朝早くからご苦労さんです。
来賓席の向こうには音楽隊も準備中
会場の西側にははしご車が伸ばした梯子の先に金色のクス玉を下げています、これは式典の最初にクス玉割りをやるためです。高さは30メートルほどありましたか。
東側には放水訓練用の水槽(簡易組み立て移動用)が準備されています、式では風が強いため放水実演は中止となりましたが。
会場の隣では実演に参加する消防車両が待機中、全部で20台ほどもいましたか、この時間中に火事は禁物
会場裏方の作業場所です天幕に映る消防士たちの影絵が面白く、撮って見ましたがうまくいきませんでした、裏方さんは来賓のための湯茶の準備でした。
消防署音楽隊の入場が一番初めでした、隊員の足元を良く見るとハイヒールがあります、女性隊員ですが写真で見るまで気がつきませんでした。
会場東側に昔懐かしい半鐘が飾ってありましたが実はこれははしご乗りの演技開始の合図に鳴らすため用意されされたもので、飾りではありませんでした。
出初式の開始を待つ人々、早朝なので影が長くのびています、まだ人数もちらほら程度です。
9時きっかりに式典開始。最初は開会宣言、号令官の「頭中」の号令で参加隊員は一斉に壇上の指揮官を注目、きりっとした姿勢や動作は好感が持てます。式典中の諸動作、号令等は自衛隊と遜色ないほどしっかりしています、服装などは自衛隊より派手で、きらびやか。肩飾りなどは立派なものです、良くわかりませんが地位によって飾りが違うようです。右肩に飾りのある方と、左肩に飾りがある方とはどう違うのか、団員さんに聞きましたが、団員さんも知らないとのことでした。、
式の最初は国旗掲揚。  国旗掲揚を久方ぶりに見ました。見物の一般客も国旗に正対して静かにしていました。感心、感心。
続いて、来賓挨拶が長々と続く、おおむね公式行事では付き物の挨拶、聞いている参加者も挨拶が20分も続くと大概乱れるものですが、感心に皆しっかり聞いてましたよ。
延々と続く挨拶に来賓も寒そう、胸の飾りが揺れてました。
挨拶が終わり、代表によるクス玉割りです、クス玉から下がっている紐を音楽隊の太鼓の合図でイチニノサン
クス玉が見事に割れた瞬間
クス玉の中からは吹流しが出てきて青空に見事に靡きました
はしご車もこのような使い方があるようです。
いよいよ救助、消防活動の展示作業の始まり、
寒さをこらえての、来賓様は、暖かい甘酒でほっと一息。見物の私も頂きたかったけど。
交通事故による車に閉じ込められた人の救助活動の展示、携帯式チエンソーの火花がリアルです。
発電機の起動作業、これが動かないとチエンソーも動かず。   急げ!急げ!
無事救出 クレーン車による事故車の吊上げ移動作業の展示、狭い場所でのクレーン車の作業は大変のようです。
同時に並行して行われている、高層ビルでの防火と救出作業の展示、はしご車は最大45メートルまで伸びて救助作業ができるとのことです。川越市も駅近郊には結構高層ビルが増えました。頼りにしています!
我が家では不要ですけど。
埼玉県防災航空隊所属のヘリコプタ「あらかわU号」が飛来。丸広百貨店上空を旋回、風が強く大丈夫かなとちょっと心配。川越防災航空隊には2機のヘリコプタがあります、このヘリの管理運営は全国で初の、県と市町村と民間の3者一体による管理運営がなされている珍しいものです。ヘリの購入は県、搭乗員は市町村から、操縦と整備維持管理は民間航空会社です。
見守る中で見事吊り下げ、吊上げを実施、見学者一斉拍手。
消防活動の展示が終わるといよいよお待ち兼ねの川越鳶組合の演技、はしご乗りの開始です。最初に木遣り保存会の皆さんが、木遣り歌を謡いながら入場
火消し纏を振りながら広場中央へ。纏は重そう、でも女性の火消さんも振って入ってきましたよ。
纏半纏がまた粋ですね。半纏は火消しの制服といえるものですが、図柄、絵柄、文字、数字などの組み合わせで種類があるそうです。腰の白い線は方面(区)を示し、背中に組名、襟に役職がかかれています、肩の赤線で指導者の階級を表すことで、現場での命令系統を明らかにしています。(以上シグナル社の資料から)シグナル社のページには消防関連の興味深い資料がありました。 http://www.signalos.co.jp/index.html
続いて梯子とともに鳶組合の入場、梯子は長さ6.5m.青竹で作られています。
いよいよ梯子乗りの開始、梯子を立て12本の鳶口で八方から支えがっちりと。
梯子の横では纏を振って威勢の良い景気付け。纏は戦国時代の馬印に使われたそうです、江戸時代町火消が誕生して組の旗印となりました。重量は約20kg.長さは約2.5m.有るそうです。
梯子乗りの始まり始まり、観衆の拍手に答えて、猿のようにするすると梯子にのぼりまずは小手始めに逆さ立ち以後、入れ替わり立ち代り10人ほどが梯子のりを披露、見ている観衆はハラハラ、どきどき、久方ぶりに興奮しました。演技には色々な形がある様で、そのつど本部から、型の披露がありましたが、聞き取れなかったのが残念。
インターネットで検索して得た資料によると演技には大きく分けて3種類細かくすると52種類もあるそうで大別して
頂上技(梯子の先端で行う演技・遠見、八艘、鯱、背亀、腹亀、胆つぶし など)
途中技(梯子の途中で行う演技・膝掛け、谷覗き吹流し、横大の字 など)
わっぱ(長さ役1.3m.の紐で作った輪(わっぱ)を梯子にかけ、足首等を絡ませ行う演技・吹流し、肝胆、逆大の字、小亀つるし など)
以下各演技をご覧ください、大統領、日本一などの掛け声が観衆から出たり、大変な人気です。
そばのおばあさんは、「あんな高いところで怖くないのかねー」、若い女性は、「わーかっこいー」などの反応。
長時間待った甲斐がありました。
最後は3人による梯子乗りで締めくくり。支える人たちとの呼吸が合わないと難しいでしょうが、見事な数々の演技を見ることができました。
出初式の最後のイベントは、消防パレード、駐車場横の狭い道路を、消防車に乗った団員がパレードします、短い距離でちょっと可哀想な気がしましたが、各車とも真剣に受閲官に敬礼して行きます。
受閲台に立っているのは多分消防長(消防本部の最高責任者)階級は消防正監と規則で決まれれていることがのちほど調べてわかりました。自衛隊でいえば将や将補のようなところですかね。答礼にも威厳がありました。参列しているのは多分各消防署長さんでは?
現場で頂いた資料によると出初式の由来は古く江戸時代に遡り、1657年の振袖火事の大火を期に、旗本の率いる定火消が編成され、1659年に顔見世儀式が行われました。これが出初式の始まりとなり毎年続けられましたが、江戸幕府の崩壊と共に廃止されました。 明治7年に警視庁が出来て、その中に消防組が設置され、明治8年から出初式が復活。昭和23年に消防は警察組織とは別になりましたが、出初式はそのまま引き継がれ現在に至っているそうです。
出初式を見て感じましたが、危機管理組織として日本の基盤を支えるものには、自衛隊始め警察庁、と同様に消防庁もその一翼を担うことが出来る組織としてに期待される、力と機能を持っていると感じうれしくかつ頼もしく感じました。現在日本中の消防団員数は93万人を数えるそうですが、年々減員の傾向にあるようです、平均年齢も37.1歳、40歳以上の団員が36%を締めているそうです。減員状況の中で女性団員数は増えているそうで此処でも女性進出がめざましいようです。
特に消防団員は普段は個々のお仕事を持ち、生活している中で、緊急時には消防隊員としてボランチア活動に携わることは、並大抵のことではないと思います、さらに消防団員は同時に水防団員として定めれれて居ます、このような人々が居てこそ市民の安全を守ることが出来るのだと改めて感謝いたします。
出初式は11時に終了し後片付け、音楽隊員もほっと一息のようです。



JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN