本文へスキップ

 

時代行列

小江戸川越
 
  
平成16年9月27日家光公生誕400年記念行事として江戸時代の時代行列が小江戸川越で行われました

その模様をスナップしたのでご紹介します。
      
                   
今年は徳川家光公生誕400年に当たる年と言う事で、川越観光推進協議会が主催者となって、後援に川越市や観光協会(社)、それに川越藩火縄銃鉄砲隊保存会、川越藩行列保存会、故郷音楽普及会などの協力によって時代行列が行われました。行列のコースは川越市役所前から蔵の町並みを通り大正浪漫夢通りから本川越駅前までの道約2キロを折り返すコースを4時間かけて行われました。途中3箇所では火縄銃保存会の鉄砲隊の演武(空砲発射)が行われました。

本川越駅前での行列出発前の様子
本川越駅前での鉄砲隊演武を見ようと集まった観客、ちょうど土曜日とあって川越観光に来た人たちも多いようです。あまりの人で良い場所が得られずやむを得ず近くの駐輪場の階段に登って行列の来るのを待っていましたが、警備員におろされてしまい、残念ながらここでは撮影できませんでした。
駅前の人ごみの間からカメラだけを伸ばしてとった鉄砲隊の様子です、火縄銃はきれいな袋に入っています。
家光公のお出ましですが旗だけ見えました。この場所での撮影をあきらめ直ちに蔵の町並みに移動することにしました。

蔵の町通りは交通規制、車の通行禁止、観光客や祭り見物の人が集まってきています。
幸町の居囃子(引き回し)山車も出動、川越祭にはいつも出場して盛り上げます。囃子を奏でているのは子供囃子連です。
大道芸も彼方此方で行われていました。この大道芸人は津軽三味線の演奏を聞かせる野津鷹王さん
こちらは風船作りや皿回し、シガーボックス曲芸など多彩な芸で観客の喝采を得ています。
外国のお友達でしょうか着物姿の二人連れ、一枚取らせて頂きました。
この日は人力車無料体験があり異国の人も記念写真をとったり数分の人力車試乗を楽しんでいました。
待つこと1時間漸く行列の先頭鉄砲隊のお出ましです。
鉄砲隊に続いて大名行列先頭の幟が見えてきました。
お供の髭奴と毛槍の行列、沿道の人がいなければ江戸時代の様子そのままの風景です。
以下川越藩主だった歴代の城主大名の行列が続きます、先頭は、第3代川越城主だった酒井讃岐守忠勝です忠勝は幕府では老中職(のち大老)を務めた人物寛永4年11月(1627年)から寛延11年7月6日(1634年)まで川越城主でした。その後若狭小浜に移封
酒井公行列の次は、家康公。馬を引き連れゆっくりと進みます、馬も人に合わせてゆっくりゆっくり。
記念行列の主人公家光公が来ました。
なかなか貫禄があります家光公。少し太めかな?
実は家光公に扮しているのは川越市長の船橋功一氏です。
途中で彼方此方から声がかかり挨拶したりの家光公でした、お役目ごくろうさまです。
続いて4代目川越藩主だった堀田加賀守正盛と知恵伊豆で知られている松平伊豆守信綱公。信綱は堀田正盛の後5代目の城主です。二人とも幕府では老中に出世の逸材でした。
堀田は寛永12年から寛永15年までの3年間、松平信綱はなんと寛永16年(1639年)から寛文2年(1662年)3月16日に没するまでの29年もの間川越城主として治世に当たりました。
信綱は寛永15年の川越大火(1638年)の後の治世を任せられ以後、仙波東照宮を再建したり、野火止を開墾させるなどの
改革を行った人物です。

大名行列の最後は腰元女中に守られた春日の局が通ります。
知人が腰元に扮しているのでしょう携帯電話のカメラでパチリと納めるのも如何にも今日的です。
着物の色柄が外の女中さんとちがってましたので、左端の人が春日の局だと思いますが良く判りませんでした。一寸うつむき加減でおとなしい春日の局のようでした。
春日の局やお女中達も手を前に組んでの道中はさぞや辛かったでしょう、この日は結構気温が高く、日も差していましたから
特に意味はありませんが三人とも鬘が重そう
行列の最後尾が通り過ぎ観客もそろそろ帰り支度。
帰路に立ち寄る「時の鐘」のあたりはまだ観客が大勢、川越一の観光スポットです
本日のイベントも終わりました大道芸も店じまい、観光客も駅へと急ぐ秋の夕暮れが迫ってきた川越の街です。



JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN