本文へスキップ

 

秋の上高地2004


 
  
今年は台風の当たり年、せっかくの行楽シーズンも度重なる台風来襲で好天気が期待できず、計画している上高地日帰りバスツアーも危ぶまれて心配しながらの毎日でしたが、神様が微笑んでくださって、予定していた旅行日(10月15日)は好天気に恵まれ絶好の行楽日和となりました。
前日まで関東地方は雨模様でしたがこの一日だけ晴天、上高地も早朝に初冠雪を見、紅葉と初雪の両方を楽しんできました。初夏に行った上高地も乗鞍、奥穂高の残雪を見ることが出来素晴らしい景色でしたが、今回も梓川の清流と共に上高地の秋を満喫してきました。
大正池から河童橋、明神池への途中の景色をご覧ください。
上高地では15日は10月に入って2度目の晴天だったそうでこの日早朝乗鞍岳連峰初冠雪、バス停から大正池に出ると白雪で化粧した奥穂高が待っていました。
大正池から焼岳 青空が印象的でした。
山頂から噴煙とも雲とも知れないうす煙が上がっていました、枯れたカラマツが焼岳と背比べをしているようです。
大正池の川原で一休み、ちょうど12時お昼の弁当を広げる人達に混じって私も昼食を。
青空が素敵でしたね。川原には迂回しなくても出れました、水量の多い時は林の中の小道から遠回りしなければならないようです。
六百山の紅葉は中腹あたりに鮮やかな赤が所々見えました。山頂付近には雪があります。
手前の白樺はすっかり葉が落ちていましたが。高度によって植生の対応が異なるのでしょう。
田代湿原からの霞沢岳、初夏とは亦違った美しさがあるようです。
田代橋に向かう木道、雨が多かったせいか木道の近くまで水が迫っていました白樺林はすっかり秋の装いでした。
木道のすぐ脇には水溜りが小さな池を作って樹木や山の姿を、写し水鏡のようです。
田代湿原を通り梓川の河岸に出るとすぐ目の前に焼岳が大きく目に入ります。焼岳にも白く雪の積もったところが見え、麓の紅葉もよくみえました。
頂上から噴煙が見えます。
梓川岸から上流方面に奥穂高の畳岩ノ頭が見えます、このあたり川は穏やかな流れ。
田代橋に近い梓川の急流。
田代橋下を流れる清流。
穂高橋付近から上流の紅葉は上高地温泉ホテルや清水屋ホテル付近がきれいに色付いていました。
梓川は常に水量が多いのかどうか知りませんが、穂高橋直下の水流は音を立てていました。
中ノ瀬園地から上流方向。
明神岳が迫ってきます。
上高地温泉ホテル前あたりから見える六百山の眺め。
中ノ瀬園地あたりで川は大きく右に回りこみ、河童橋へと迂回しますが此処は流れの急なところと緩やかなところの水の色の違いががはっきりと判る撮影ポイントです。
清水屋ホテル前のナナカマドの後方六百山系
ウエストン碑付近の下流方向の景色、枯れススキが白く光っていました。
ウエストン碑のあたりは薄暗くフラッシュを使ってもこの程度。
定番の河童橋。
河童橋から下流の焼岳
河童橋から明神池まではかなりの道のり、時間の余裕も無く、じんさん助手はひたすら歩いてたどり着いたようです。(じんさんは体調の関係で河童橋まで。)明神池は人影も少なくひっそりと静寂に包まれていました。
神の降臨した土地、鏡のような池の面には何かしら神秘な気配を感じました。
御船神事に使われる船
紅葉にはちょっと早かった二之池、もう少し紅葉が深まるときれいでしょう。


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN