本文へスキップ

 

隅田川十二橋クルーズ

2004年3月
 
  
隅田川十二橋クルーズの出発地は千鳥が淵。緑色のお堀の水に白い桜の花弁が引き立ちます。
千鳥が淵公園は日曜日などはきっとボートが出て賑やかなんでしょうが今日は月曜日でお堀は静か。
遊覧ボートも休憩のようです。
千鳥が淵の散歩道、桜の並木が続きます。
この道には770本の桜が植えられていると言う。
この桜は昭和32年ごろから都の土木事業の一環として植栽されたそうで50年の月日が経ち見事な桜並木になって訪れる人を楽しませてくれます。
桜の向こうに近代的ビルがそびえていて一寸地方では見られないわ。
九段の桜はお堀と石垣を背景に見事な調和美を見せています。
千鳥が淵から九段の靖国神社へ回ります。
靖国神社の大鳥居、本当に大きくて、これしかファインダーに入りません。
靖国神社の界隈、屋台が一杯、一寸雰囲気が違うのが面白いです。
大村益次郎像
いまどきの若い人はおそらく知らないかも。
日比谷公園によって見ましたら、チューリップの花畑が川のよう。
日比谷公園広くて、都会の喧騒が聞こえません。
浜離宮恩賜庭園につきました。
海水を引き入れた池と鴨場のある江戸時代を代表する名庭園、國の特別名勝及び特別史跡です。
徳川家宣が植えたといわれる樹齢300年の黒松、見事な姿、貫禄があります。
延遼館跡の広場ですが緑の木々と近代的ビルとも調和して見えます
同上 延遼館跡
汐入の池中島の御茶屋将軍や公家が一服した休憩所、1983年に復元。
お茶屋からの眺めは素敵、遠方にウオーターフロントのビルが望めます、その昔はここから江戸湾が見えたのでしょう。
お茶屋ではおうすを頂けます、外国人の観光客も足を窮屈そうに曲げながら頂いてました、日本文化はどう感じたでしょうかね。
花木庭園内の菜の花畑遠方の桜と黄色の菜の花が素敵でした。
浜離宮乗り場から水上バスに乗船隅田川を遡行し浅草までのクルーズ開始、以下の各橋は船尾から撮影していますので逆光になりすべて影絵のようになっています、当日は満潮のため舟の屋根に上れず撮影場所が限定されてしまいました。
船尾から見えるレインボーブリッジを後に出航、浅草まで約35分のクルーズ、天気快晴波静か、あ 川だから波は無いね。
最初に潜った勝鬨橋、はね橋部分は昔通ったことがありました、ゆっくり橋が上がるのをのんびり待っていたっけ。今は開かず残念。都道304号線晴海通りです。
佃大橋、473号線江戸の昔佃の渡しがあったところ。
中央大橋、隅田川に架かる橋の中で最も美しい橋といわれています。月島に入って463号線につながる地方道路です
永代橋、10号線、右側の建物はIBM。
隅田川大橋首都高9号深川線
清洲橋、形の良い橋です清洲橋通りの清澄公園につながります。
新大橋、50号線となっています、柱が色鮮やかです。
新大橋と両国橋の中間に架かる首都高速線、小松川線と6号深川線が通っています。
両国橋(14号線)京葉道路へ続きます。
JR総武線の架橋、ちょうど上りの電車がわたりました。
蔵前橋(315号線)、橋を渡ってすぐ南に下がったところが国技館と両国駅。奥に見えるのは総武線架橋
厩橋、左側は駒形へ。むかし御厩の渡しが有った所だそうです。
駒形橋、頑丈そうな橋ですね、関東大震災の後に作られたそうですから。
吾妻橋、やっとここまで来ました、浅草は目の前です。吾妻橋は色鮮やかな橋でした。
吾妻橋の横、アサヒビールの「炎のオブジェ」どうみても炎には見えなかったのですが。
吾妻橋から東武線鉄橋方面の眺め、首都高速6号線が隅田公園の上を跨いでいます。
公園の堤防沿いに桜と提灯が見えます、夜はきれいでしょうね。
浅草へつきました、入港寸前の船から見える隅田公園の桜。
浅草にやってきました仲見世通りはハイカラに成りました、人通りは結構多かったです、お年寄りの原宿とか?。
ちょうちんの底に竜がいるというので。
下から覗くと居ました、中国では龍は水の神、防火の守りをしてくれて居るのでしょう。
蔵前が近いのでこんな見物客も。
今日は稽古お休みかな?。
外国人観光客が多いようです、日本的風物といえばやはり浅草なんでしょう。

観音様におまいりし、五重の塔にお別れをして12橋クルーズの楽しい旅も終わりました。
感想としては、浜離宮から浅草までわずか30分で来られる便利さに吃驚、もっともっと時間がかかると思っていましたから。
次の機会には浅草から日の出桟橋まで逆コースをたどって見たいと思いました。



JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN