本文へスキップ

 

菖蒲町あやめ祭り寸景

2005年6月10日
 
埼玉県菖蒲町では6月5日〜7月3日まで菖蒲町役場周辺であやめ、ラベンダーのブルーフェステイバルを開催しています、6月10日は関東地方入梅宣言もあって生憎の小雨でしたが、思い切ってマイカーで出かけて見ました。桶川から県道12号を北上し菖蒲町役場近くにある菖蒲城祉あやめ苑と町役場前に作られているイベント会場を巡って、梅雨に濡れる菖蒲の花と紫の早咲きのラベンダーを鑑賞してきました。ラベンダーは満開にはまだ間があり、今月中旬過ぎからが見頃のようです。
近辺のしらさぎ公園はまだラベンダーの開花は見られませんでしたが、紫陽花の花が鮮やかに咲いています。ラベンダー、菖蒲とも来週以降、梅雨の合間に出かけられると宜しいと思います。
以下はあやめ苑、ラベンダー苑、イベント会場の寸景です。
  
菖蒲城跡公園入り口の門。

公園は道路(12号川越栗橋線)のすぐ傍で車からも良く見えます。
拝観料は無料、道路の反対側に駐車場がありますが、スペースは少なく高齢者のみ駐車可とあります、一般の人は近くの町役場駐車場を利用します。(無料800台)
あやめ苑内の木道。
50品種3万5000株あるそうですがこの日はまだ早すぎたようで一部しか咲いていませんでした。
紫の濃い色が鮮やか
黄色の菖蒲の群生
涼しい感じの白い菖蒲
梅雨にぬれてひときわ鮮やかに。
早咲きの菖蒲はこの色が多いようです
園入り口の門は徳川家の家臣旗本の内藤氏の屋敷門で由緒有る門です
内藤氏は5,700石の大身旗本でこのあたり一帯は菖蒲領。
黄色の菖蒲も見頃でした。

菖蒲町の名前の由来は室町時代に足利成氏の家臣金田則綱が築城、完成の日が5月5日の菖蒲の節句だったから菖蒲城と名づけられたとする言い伝えがあるようです。
現在城跡らしき建造物は見当たりません。
町役場前のイベント会場内のラベンダー苑
まだ時期が少し早かったようです。
8000株有るそうで全部が満開になったらさぞ素晴らしい景観でしょう。
早咲きのラベンダーです全部がこのように開くと綺麗でしょうね。
まだ蕾が硬い感じがします。
遠方の土手はラベンダー堤で1万5000株が植えられているようですが残念満開にはまだ間があるようです。
駐車場隣のイベント会場の出店、地物の野菜やラベンダーのグッズを売っています。野菜は格安で新鮮、トマトときゅうりを買いました。
梨の産地で今の時期は梨はありませんが梨パンなるものが売られていました、ためしに試食をさせてもらったところこれが亦美味しいのです、土産にこれも買っちやいました。
ラベンダー苑に隣接した八束緑地にある案内板。
この一帯は八束緑地あやめ園で案内板の示す方向12号川越栗橋線道路の向こう側に菖蒲城跡あやめ苑が有ります。
菖蒲町は人口2万2000ほどの小さな町ですが広大な土地にラベンダーや菖蒲が植えられていてさすが花の町菖蒲町の名の通り町全体の取組が彼方此方に反映されている様に感じました。
八束あやめ園開花状況は咲き始めといったところでした。
八束緑地あやめ園の向こうはラベンダー堤
同上
木道も作られていてなかなか風情があります。
町役場から程近い場所のしらさぎ公園に回ってみました、ラベンダーはまだ咲いていませんでしたが公園内の紫陽花が鮮やかでした。
小雨にぬれる紫陽花は一段とあざやかに見えます。


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN