本文へスキップ

 

下北半島川内渓谷の紅葉

2005年10月下旬
 2005年川内渓谷の紅葉(むつ市の藤本氏からの便りです)
  
10月も残り僅かとなり間もなく11月を迎えますが、高温傾向の季節の推移は相変わらず、当地では朝夕は冷え込むようになったものの日中は暖かい好天の毎日が続いています。
 さて、一昨日26日は高気圧にすっぽり覆われて一点の雲もない日本晴れになったのでカメラを携え川内渓流を覗いてきました。
全般には、色付きが薄いようで8分目といったところ。 昨年と違って今年は台風による風害は全くなかったので葉量豊かな紅葉を期待していたのですが、葉が色付かず黒ずんで落葉している潅木類が多く、特に川渕に覆い被さるように生えている楓が黒く枯れていたり、落葉してしまったりしているのが目立つ反面、まだ青々とした葉を保っている木もあったりとちぐはぐの感じ、特に上流では様相が顕著、紅色が少なく全般に物足りなさが感じられました。  むつ市大湊  FUJIMOTO
航空隊前(左側旧補給所)からの眺め。釜臥山はすっかり灰色になってますが、平地は色付き始めたばかりです。
一番下の「あじさい橋」から下流方向
同 上流方向、手前の木は殆ど落葉し、半裸状態。
下戸ケ淵橋から上流側
同 下流側  何れも紅が見られません。
川内渓流中間の「せきれい橋」周辺の模様
「せきれい橋」・・・ 紅い楓が僅かに残ってました。
  「せきれい橋」から上流方向、大滝です。
   「せきれい橋」大滝より10m程右上の小滝。
   「せきれい橋」 下流方向
僅かな楓越しの大滝
大滝周辺の紅葉風景
 同じ楓でも紅と緑の二色に分かれてます。
赤を彩るうるしは殆ど散って僅かに残ってました。
こちらの楓は黄と緑に分かれてます。

 葉数の少なくなった真紅の楓。
樹木名不明ですが、黄色を彩る潅木です。
木の幹に這う蔦はまだちょっと色付が浅いようです。
川内渓流遊歩道の最上流にある「あすなろ橋」です。
川内渓流遊歩道の最上流にある「あすなろ橋」です。
あすなろ橋上流は貯水ダムなので、下流側を二箇所選んでみました。

色付が淡く紅が乏しい紅葉風景です。

        
帰途、航空隊前の芦崎湾を覗いて見たら、なんと!白鳥が6羽(2羽は離れていて写ってません)飛来していました。
 丁度居合わせた「野鳥を守る会」の古川会長さんの話では、ここ二、三日上空を数多くの白鳥が通過していたそうで、この6羽は今日 芦崎に降り立ったとのことでした。 長旅で空腹なのか海中に頭を突っ込んで夢中で餌をあさっていました。


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN