本文へスキップ

 

武藏丘陵公園の秋の花

平成17年9月9日
 秋の七草と野草
 
女郎花の群生 武蔵丘陵公園内野草園
  
埼玉県比企郡滑川町にある国営武藏丘陵森林公園に出かけて見ました、9月に入ると季節の花もひまわりや朝顔などの夏の花から秋の花と交代です。ここは広大な敷地の森林公園で面積304ヘクタール東西約1キロ南北約4キロのなかに運動公園やプール、花木園、野草園、、森林地帯、など自然に富んだ環境で設計されていてレジャーや散策に最適な場所です。九月初旬、秋の七草が観察できると言う情報をインターネットから得て園内の野草園を訪ねて見ました、秋の七草のほか普段見ることのない野草も観察できて少しばかり勉強になりました。
 秋の七草  「萩、薄(尾花)、葛、撫子、女郎花、藤袴、桔梗」
ミソハギ(禊萩)ミソハギ科
山野の湿地に生える多年草
別名:水掛草(みずかけぐさ)
   :聖霊花(しょうりょうばな)
盆花でこの花で精霊棚に水をかけるところから水掛草の別名。
仏壇お墓に供えられるので禊ぎ萩という。
野草園のなかでも色が鮮やかな花です大きな群生が見られました。
七草の一つの萩とは種類が違つて、これは「ミソハギ科」です。
合弁花亜綱キキョウ「桔梗」キキョウ科 
秋を代表するこの花は古来薬用に用いられたもので外来植物のようです。
万葉集では秋の七草は萩、尾花、葛、撫子女郎花、藤袴、朝顔と読み込まれていて、この朝顔は桔梗のことである説が有力です。
巻10に「あさがおは朝露おひて咲くといへどゆうかげにこそ咲きまさりけり」とあり、夕方に咲くのは桔梗を差していると考えられます。ほかに「むくげ」だとする説もあるようですが古代万葉人はこのはなの紫の色を愛でたのでしょう。
合弁花亜綱オミナエシ科の多年草花で女郎花とロマンチックな名前です。
万葉集ではおもいぐさとよまれて9首の歌が見られます。黄色の花が粟の実のように見えることから女性の食べ物の意味の女郎花と言うようですが、女性だけがたべた食べ物ではなく万葉時代の主食の一つでした粟は男も女も食べたに違いありませんね。
能の一曲に女郎花と言う曲がありますがここではオミナメシと発音しますので案外あたっているかもしれません。
確かに黄色の粟粒のような花弁です。
観賞用にはあまり美しいとはいえませんが、古代人はこの花のどこを可愛らしく感じたのでしょうか。
離弁花亜綱マメ科の花 萩は万葉集の中でダントツに多く138首も、歌に読まれています、季語としては秋ですので秋の七草の代表格です。ちなみに万葉集の第2位は梅で117首。

ススキ(尾花)
単子葉植物綱イネなどと同じホモノ科、ヨシとも呼ばれ47首の歌があります。秋の草としては萩についで多く読まれています、古代の人の季節感や情緒の豊かさが感じられますね。
ワレモコウ(吾木香)
バラ科の多年草、香がありキク科の木香に似た香がすることから名づけられたそうです。
花は紅色で鮮やかです、別名には吾亦紅とあります、古人は藤袴と同じく濃い色の花を愛でたようですが、万葉集には出てきません。
フジバカマ(藤袴)
合弁花亜綱キク科
古くから歌に読まれていますが不思議なことに万葉集では1首のみです。
野草園の説明板によれば中国では香があるところから風呂に入れたといわれています。
この日には花はまだ咲いていませんでした。
ゲンノショウコ「現の証拠」フロソウ科
下痢止めの薬として古くから伝えられています。
煎じた薬湯を飲まされ苦いのに閉口した子供の頃の記憶があります。
現の証拠と書かれる名前には一寸びっくりしました、もっと薬ぽい漢字を当てているとばかり思っていましたから。
こんな直裁な漢字の名前とは知りませんでした。
飲むとてきめんに薬効が現れる所からついた名前だそうです。
ユウガギク(柚香菊)キク科多年草
柚子の香がする菊というそうですが説明によるとあまり香はしないとか。
森林公園で自生していたのを育成ふやしたものだそうであたり一面群生しています。
ツリガネニンジン「釣鐘人参」キキョウ科の多年草
「ととき」とも言われ、古くから山菜としてしたしまれているそうです。万葉集のなかにそれらしい名前があります。
戦後の苦しい時に食べた山菜にはありませんでしたが。
これは白い色の花ですが青い色の花もあるそうです。
群生というほどはありませんが固まって山際に咲いていました。
オトコメシ「男郎花」オミナエシ科多年草
別名:男飯、米飯
オミナエシに似ている、白い花です。
女郎花に比較すると草丈や茎がしっかりしていて男性的であまり綺麗とは思えませんが、女郎花に対のような名前はロマンがあってよいですね。野草園では女郎花と並んで群生していました
リユウノウギク「竜脳菊」キク科多年草
葉や茎に竜脳の香りがすることからつけられた名前だそうです。
野菊のような葉と花で看板の説明がなければ見逃していたと思います。
説明によれば森林公園に自生していたものを増殖させたそうです。
御存知のコスモス「cosmos」オオハルシャギク(アキザクラ)キク科1年草
原産地メキシコ
cosmosはギリシャ語で美しいという言葉が語源。
まだ満開には早かったですが夫婦と子供たちでお話をしているような感じで咲いてましたので写して見ました。
シクラメンの原種
サクラソウ科
一般に栽培されているのと違い、品質改良されていない原種のシクラメンです、小さい花ですが大変強健だそうで、原産地は地中海、遠い日本でも根付いた立派な花。
この森林公園の一画に原種シクラメンの庭が設けられていて少しだけ育成してあります。
紫色のほかに白色のシクラメンの2種類があります。葉が見えず、花だけがあっていかにも原種という感じで可憐に見えました。
ヒガンバナ「彼岸花。曼珠沙華」
ヒガンバナ科
園内ハーブガーデンに咲いている白い彼岸花、他のどこにもまだ赤いヒガンバナは咲いていませんでしたから早咲きのヒガンバナなんでしょう。ヒガンバナは1000種類もあるそうです。
植物園展示棟の前景、ここは都市緑化植物園で花木見本園、湿地性植物見本園や街路樹見本園など多くの花や木が展示栽培されていて見ることが出来ます。
森林公園は広大で歩いて回るのは大変です、園内にはトロリーバスが運行していて(200円)園内を説明しながら走っています。
子供広場やプールなどもあり一日中楽しめる園内には季節の花が植えられておりこの季節には写真のようにコリウスの花壇がちょうど時期を迎えていました。


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN