本文へスキップ

 

信州信州小布施の初秋

2005年9月
 
  
紅葉にはまだ早い9月下旬信州小布施の街を訪ねました。一言で表すと小布施は可愛い町、栗の町と言えます。葛飾北斎と栗の産物で有名なこの町は中心の仲町から名所を訪ね歩いても半日もあれば全て回れるこじんまりとした町、今回で2度目ですが何度も訪ねたい町です。
白い壁が目立つ櫻井甘精堂北斎店は北斎館の隣。
ここが観光開始の目安になる地点です。
北斎館の真向かいの傘風楼というカフテリアの横から栗の小道が続きます、この小道は下の画面のように栗の木で敷き詰められていて、傍らには小さなせせらぎが流れる情緒のある小径、小布施に来た観光客は誰もが一度は通ったのではないでしょうか。
アスファルトやコンクリートと違って足に優しい道、但し雨の時は滑るかな?。
栗の町と言われるだけあって栗の木が随所に見られます、栗の小径の壁塀に覆いかぶさるように栗の木の枝が垂れ下がり青い実をつけています。屋根の瓦には茶色のイガグリがこぼれています。
町内の道路は狭いですが隣家との間には綺麗な水が勢いよく流れていて涼しさを感じさせてくれます、小川は冬の捨雪の処理にも役立つのでしょう。
栗の小径は白壁の蔵作りの建物に囲まれた静かな佇まいの路地、いくつかの曲がり角を回ると葛飾北斎のパトロンで有った高井鴻山の記念館などがあります。
天照大神を祭神とする皇大神社、1月の例祭には大勢の人で賑わう神社だそうですが、境内は人影はなくひっそりとしていました、境内の佇まいは子供の頃郷里で遊んだ神社に似ていて昔を思い出させてくれました。
小布施は造り酒屋が多いようです、リンゴのワインや、良質な水と米で作られる地酒が特産物となっているそうです。
酒屋さんの玄関に杉玉を見つけました、ここも観光スポットでしょう写真を撮る人や工場見学の人で賑わいを見せていました。

小布施の古刹旧跡の岩松院に足を伸ばしました、町の中心から少し離れてますが歩けない距離では有りません。ここは北斎の描いた天井画の大鳳凰図で有名、雁田山麓の麓にどっしりとした風格のある寺です。本堂天井の八方睨みの鳳凰図は北斎89歳晩年の作だそうですが迫力があり圧倒されます。
岩松院脇の水車。
水車は動いていましたが、観光用でしょうか動力は利用されてはいないようです。
ザアーという水のこぼれる音と、其のつど少しだけ回る水車の風景は趣が有りました。
雁田山に抱かれるような岩松院
境内に立つ十一面観音菩薩のお顔はとても優しいお顔でした。
岩松院には戦国時代の武将福島正則の霊廟がありまた本堂には遺品などが保存されており、時代を偲ぶことが出来ます。
雁田山麓一帯は環境保全地帯でりんご園などの果樹園があり、辺りののどかな景色と爽やかな空気のおかげでのんびりした気分に浸ることができました。
岩松院の裏庭は一茶の俳句で有名な蛙合戦の池があります、蛙は見つかりませんでしたが池が見える部屋にはカエルの産卵時の写真などがあります。池のそばには小林一茶の句碑がありまた門前に投句箱が有るなど文学的な気分に浸れます。
「痩せかえる負けるな一茶是にあり」の句は有名ですがこの句が病弱な子供の延命を願った句だとは知りませんでした。
岩松院を訪ねる前に小布施のもう一つの名所おぶせミュージアム中島千波館を見学しました、以前にも拝観しましたが中島画伯の桜の絵を見たく再訪です。
ミユージアムは緑に囲まれた素敵なところです。今回は雷神風神の大作や椿の絵など新しい作品を見ることが出来ました。
ミユージアム本館に至る道の両側は花畑になっていて、コスモスやススキなどが植えられ綺麗なエントランスになっています。
庭には柿木やザクロなど果樹も植えられています。リンゴのように見えますが是はナツメです。たわわに実って色付いています、一寸一粒失敬して食べて見ました、懐かしい味がしました。
秋の味覚 柿が早くも色付いています、柿の木越しに見える屋根は本館。
エントランスの脇の花畑には白い野菊のような花(名前は知りません)が咲き乱れています。
真っ白なススキの穂が青空のもと風に吹かれて揺れていました、小布施はもう秋たけなわです。
雁田山麓にはリンゴ畑が彼方此方に見られます。

道路から手を伸ばして届くほど低い枝に赤い実が。
リンゴの木の遥か向こうに浅間山の白煙が望めます。
(小布施フローラルガーデンからの遠望)
小布施からの帰路一寸寄り道して川中島古戦場を訪ねました、若いころから一度は訪ねたいと思っていましたが機会がなく通り過ぎること数回、今回初めて古戦場跡を見ることが出来ました。
想像していた古戦場跡は史跡公園内の八幡社境内に残っていますが、昔を偲ぶものは少なくて少し残念。
案内図で現在地が信玄の本陣でわずかに残る土塁が本陣跡を示す縁(よすが)のようです。
このほかにいくつかの碑や墓を見ましたが信玄の参謀山本勘助の墓を見そびれました 残念!。
執念の石。上杉謙信を取逃がした原大隈の突き刺した石。
川中島戦記を思い出しました。  執念岩をも通す?
三太刀七太刀之碑。
案内板に詳しく説明がありますが、刀傷の軍配団扇を見たいものです、相当堅牢だったのでしょうね。
甲府の武田神社にある軍配は七星軍配と銘のある普通の扇のようですからこの軍配団扇とは違いますね。
八幡社内の合戦史跡案内です。
信玄側の城海津城跡が現在の松代城で、帰路寄るつもりでしたが時間無く立ち寄れませんでした。
一騎打ちの像、謙信の顔はわかりますが、台の下からの撮影ではどこから見ても信玄の顔が見えませんでした。
安在所: 明治35年皇太子嘉仁親王殿下(後の大正天皇)が行幸された時の湯茶接待のための休憩所の跡。
当時は皇族や高位高官がたびたび訪れたのでしょう、現代は皇族はおろか一般庶民も興味を以て訪れる人は少ないでしょう。秋分の日で休日でしたが、八幡社の境内に人影はまばらでした。



JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN