contents

本文へスキップ

 

唐招提寺展と牡丹園

平成17年2月21日
           東京上野国立博物館          東照宮牡丹園         

  

昨年の秋,奈良旅行時に唐招提寺を見学したのですが、平成大修理中と有って
肝心の金堂や盧舎那仏、鑑真和上像など拝見できず、落胆して帰ってきました。
2009年には再建されると聞き、其の折りには是非再訪したいと思ってましたが
図らずも今期上野国立博物館で唐招提寺展が開かれると知り、見学してまいり
ました。展示内容は予想以上に充実していて、大変勉強になりました。
展示場内部は撮影禁止ですので、写真は取れませんでしたが、展示案内用の
イヤホン説明を聞きながら約2時間半の見学は大いに参考になります。 
42点にも及ぶ展示物の中には26点の国宝があり、おそらく修理完了後の奈良の
唐招提寺での拝観ではこんなに多くは見られないのではないでしょうか。
3月6日まで公開しています、ぜひご覧になって見てください。
唐招提寺展を見学して、時間が有りましたので、東照宮牡丹苑の冬牡丹展
に立ち寄り、色鮮やかな冬ボタンを写真に収めてきました。冬場の上野公園内
の風景とあわせてご覧ください。

上野公園は月曜日とあって動物園や其の他の催しも休日のため人影は少ないようです。この人波は唐招提寺展と表慶館で開かれている「踊るサテュロス特別展」に向かう人達です、風もなく2月としてはまあまあの天気でした。
櫻の時期にはこのあたりは大勢の人波で一杯でしょう、今日は人影も少なくベンチで休む人もチラホラです。噴水の向こう遠くに見えるのは国立博物館本館です。、
公園の噴水が勢いよく吹き上がり水面には鴨が遊弋中でした、噴水の季節にはまだ早いようで近寄る人もありません。
道路を隔てて国立博物館への入り口です。正面が本館、1時一寸回った時刻です、すでに見学を終わって帰ってくる人も見られます、あまり多くはないようですので見学がゆっくり出来るのではと期待しました。
博物館入り口の看板です
ここにも看板が、後ろの建物は本館。昭和13年(1938)に昭和天皇即位を記念して開館、現在は重要文化財に指定されています。
本館に向かって左の建物「表慶館」。明治33年(1900)に皇太子(後の大正天皇)の御成婚を記念して計画され明治42年に開館、日本で始めての本格的美術館で重要文化財。
建物に風格が有ります。
表慶館では3月13日までギリシャ古代彫刻の傑作「踊るサテユロス」が公開中です、帰りに見るつもりでしたが・・・・
唐招提寺展が行われている平成館入り口。平成館は皇太子殿下のご成婚を記念して平成11年(1999)に開館特別展示用の設備が完備されています。案内用ヘッドホンは明瞭で聞き取りやすい優れもの、但し有料500円でした。
1階入り口から2階の展示フロアへの階段に蓮の絵が描かれていて唐招提寺展らしい雰囲気を出していました。
展示内容は盧舎那仏を中心に四天王像と帝釈天、梵天像の2体が金堂内部の配置と同じ様に配置されてそれぞれの仏像に説明案内やヘッドホンに音声解説がなされます、このほか御影堂を再現したパネルには鑑真和上像が有り東山魁夷筆の壁画も展示されていて御影堂を見事に再現していました。大変見学しやすく結構な展示でしたがやや綺麗過ぎて奈良のお寺の荘厳な雰囲気が伝わらないのが少し残念です。
博物館を出て時間が有りましたので冬ボタン展を公開している上野公園内の東照宮牡丹苑に立ち寄ることにしました。
結構広い庭園内には色とりどりの冬ボタンが一株毎丹念に藁囲いされています。花の少ない季節の唯一の大輪の花のようです。40品種600本あるそうで、東京で冬ぼたんを一般公開しているのはここだけだそうです。苑内は私たちのほか2組だけでした。
緑寂しい木立の間に見える五重塔とは対照的に鮮やかな色が引き立ちますね。
傘の下に立つ美女のようです。
白い斑入りの花はこの花が一つだけでした。寒紫錦
所々に俳句が掲げられていますが、近くの花とは関係はない様です。
「句に詠めば白さの失せむ寒牡丹」
なんとなく蓑を被った雪国の雪っ子たちの姿が浮かんできます。
春の七草が飾られていました、春の近いのが感じられます。
苑内の紅白の梅
これも紅(日昇)と白(雪重)
下の薄ピンク色の花の接写、ピンク色が上品で気に入りました
純白のボタンも亦美しいと思います。雪重
同じ白でもこれは花弁の形が変わっていて、あたかもソフトクリームのようでした。
ボタンと競うように蝋梅の花が咲いていました。
雪柳の花芽です
これは紙の原料になる楮(こうぞ)の花、はじめて見ました。苑内に一本だけあります。
金縷梅(マンサク)も赫色の花もつけています、植物は春の来るのが待ち遠しいようです。
花には名前がついていますが名札が読み取れないのもあって結局この花ともう一つの花だけ記録しました。これは不借金というそうです、なぜでしょう?
と思ったらそうではなく不惜金でした・・なるほど。
これは八千代さん。
苑内にある茶店、ボタンの苗を売っていました、甘酒もありました、頂きませんでしたが。
牡丹苑の出口のすぐ横は唐門、左甚五郎作の昇り龍と下り龍が門柱の右左に見えます。国宝の金色堂は拝観しませんでしたが唐門は中国風の様式が感じられます。資料によると金堂は中国風の建築様式が見られるそうです。
上野公園には不思議が一杯有るようです。
道端で紙芝居のおじさんが熱弁を揮っていました。観客はたった一人、しかもよく見るとお客は外国人、「其の時ガアーーと怪人は大声をだしてえーザザザー・・・」と熱弁の紙芝居の内容はわかっているのでしょうか?、お客さんはじーっとフリーズしてました(笑)。
上野公園は楽しそうなところです、今度は暖かい時に来ることにしました。   じんさん 記



JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN