本文へスキップ

 

山形の秋景と最上川


 2005年11月3日
  
山形のお友達から紅葉が見頃と聞いてかねてから一度は乗ってみたい最上川芭蕉ライン船下りを楽しもうと、気の会う友人と一緒に熟女三人旅をしてきました。この週間は天気は上々ルンルンの気分です.


写真と記事:じんさん助手
まずは蔵王エコーラインのドライブ、あたりの景色も目に入らず、3人のおしゃべりであっという間に蔵王のロープウエイ駅へ到着、数年前雪の季節に樹氷を見に一緒に来た友と写真を撮った案内板。”あの時は雪で真っ白だったわね”
  ”懐かしいわ〜”
私たちは変わったけど、看板は変わらず、ショック。
お釜の色は神秘的なエメラルドグリーン。景色はもう晩秋過ぎて初冬の気配。
付近には思ったほど観光客はいませんでしたがなかなか人影消えてくれませんでした。
”イライイラ も〜”、
御釜のエメラルドグリーンを引き立たてる紅い色の低潅木、葉はほとんどついていないのですが紅い実が鮮やかでした、この潅木は蔵王の彼方此方で見られました、名前は調べたのですが判りませんでした。
エコーラインの所々にある絶景ポイント駐車場で小休止、今回の旅では山形の友人の御主人が専属ドライバー兼案内係。
”お世話になります、熟女3人 姦しいですけど宜しくお願いします”。
ススキの揺れるエコーライン

”山形さ〜来た〜んだべや ・て感じ”。
それってなに弁?
エコーラインを満喫、待望の最上川乗船場着、船茶屋です。生憎川霧が立ち込めて見通し不良、残念!!
まずは船番所へ、なかなか立派な建物に感嘆、船頭さんは写真の被写体のサービスしてくれます、異国と違って無料、
どこかの国ではしつこくチップをせびられるようですけど。
番所内の庭の置物の船
これで下ったらさぞ情緒が有りそうー、でも怖い。
いよいよ乗船、船着場もなかなかシックです。
池かと思う程静かな最上川、川面に舟歌が響きます・・・・・・・・ うそ!
反航の芭蕉丸、ウン 川下りだけでは無かったの?のぼりもある?  ないない
下ってばかりでは船が足りなくなりますわ、下った船は帰ります  正解
昭和42年8月28日の集中豪雨に依る羽越水害時の水位の標識が見えました、
県南部中心に襲った集中豪雨で死者8名、負傷者137名の被害が出たと記録があります。
船の一番先、舳先と言います。(主人に後で聞いた)
タイタニックの真似ではなく写真撮るのに一番最適な場所ですから。
遥か彼方に河口が望めてなにやら最上川独り占めでーす。
右岸の紅葉大滝のあたりのようです、わずかに滝が落ちているのが見えました。
”滝ノ水集めて早し最上川”
    ウン迷句迷句
霧が少しずつ晴れてきて河岸の風景は3段にかすんで風情あり、芭蕉になった気分で句をひねれども駄句ばかりで景色は変わる。間に合わないのでーす。
川下らしい風景でしょう、川下りの船は、芭蕉丸と義経丸ばかり?
これは芭蕉丸でした、私たちの乗った船は臨時便で名前は無かったっけ?
天気も回復青空が見えて、紅葉が綺麗です。
義経丸が追い越していきました、これから奥州平泉にいくのでしょう(笑)・・テレビではいまそのようなストーリーが進行中です。義経丸の船頭さんの案内の声がこちらにも聞こえて来ます。まさに川下りの醍醐味をあじわっています。
船降着場近くの白糸の滝、鳥居の朱色が鮮やかでした、まもなく船はリバーポート船下り降船場に、楽しかった船下りともお別れです。
山形県戸沢村にある眺河の丘高麗館、道の駅「とざわ」や韓国物産館や民俗文化館などの施設があり、ここでしばしの休憩。
運転手さんご苦労様でした。
左が物産館、右の建物はレストラン、異国情緒たっぷり。韓国に行かなくてもここでOK
テレビで評判の銀山温泉に来ました、11軒有る温泉宿が川の両岸に立ち並んで温泉街の情緒が満喫できます。
せっかく来たのですが時間無く温泉には浸かれず、熟女の美肌を見せられません。ウフフツ
奥のほうで工事をしている場所が藤屋旅館、外国人の女将で有名です。
足湯場。足だけでもつかればよかった・・・疲れた〜。
国の登録文化財に指定されている能登屋旅館、風格が有ります。絵になりますね、夜景はもっと素晴らしいでしょう。
温泉街の上流にある白銀の滝、マイナスイオン一杯浴びて名残惜しい銀山温泉を後に帰路に着きました。

”次の機会には絶対、温泉に入ろうね〜”
”えっ また来るの・・・・・・$%#’$△◇×”

     じんさん助手:記

      山形の旅終わり


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN