本文へスキップ

 

川越菊祭り2006

 
  
毎年11月初めから川越喜多院で菊祭が開かれます、今年も11月10日に出かけてみました、七五三のお参りには一寸早くてお参りの子供さんは見られませんでしたが、菊展を見に来た方達で喜多院は賑わっていました。
境内の一部が菊展示会場になっています
小菊を使っての造形懸崖、今年の菊人形は一豊と千代、昨年は義経でした。
此処の棚には毎年、厚物の一本仕立ての特別展示品が並べられています、どれも見事な出来栄えです。名前も色々有って面白いです。
小菊懸崖を使った造形作りの富士山
菊とは見えない植木造り、芸術品です。
これも懸崖作りの一つ。
まさに菊の樹ですね、何年位かかって育てたのでしょう?小菊懸崖の作りで木付大型盆栽
川越市長賞の3本立てですが外にも同じような出品があります、審査の着目点はどんなところに有るのでしょうね、素人にはまったく判りませんが確かに気品がありました。大菊の三本仕立て、前の2輪は同じ高さに、後ろの一輪は花の大きさの三分の二程高くし大きく、葉や茎を含めて全体の調和が大事だとか、そうなんだ!!
管物の菊は3種類あるそうでこれは細管の7本仕立て
大菊の千輪作り、300輪咲かせるのが普通だそうです、記録によると2000輪以上のものがあるとか。
細管の7本仕立て
大菊の厚物の厚走りという作りの7本仕立て
純白の花弁が素晴らしい。後ろは細管の7本仕立て
小菊の前垂れ型懸崖、大きさは2メートルほどあります、近くからはカメラに入りきりません
細管ものは花弁の先端が丸くなっていて花芯が茶筌を広げたような形が良いそうです
7本仕立ての一輪、花弁が花火のようです
展示場前には毎年菊専門店が出店を出していて、愛好家が掘り出し物を探しています、また
商品には素人にも手軽な鉢物を安く売っており値切り交渉も楽しみです。
菊展の感想:とても自分には出来そうも無いと感じます、見るだけで十分、といいつつ小菊の鉢を買って帰りましたがさて来年まで持つかどうか?

JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN