本文へスキップ

 

成田山川越別院火渡り祭


 
毎年川越の成田山別院では11月23日に火渡り護摩供養の行事が行われます、今年はカメラを持って見物に。
境内の広場に作られた柴燈護摩祈祷道場に燃え盛る焔火は壮観です。火渡りに参加する善男善女が裸足でまだ燃えている火の上を渡る様は一年を通してこの日だけです、おおくのカメラマンも光景を撮ろうと集まっていました。
  
成田山別院ではまだ七五三参りの参詣姿も見られ、また菊祭りの最終日ともあって火渡りを見ようと境内には大勢の見物客が集まりました。
TVの取材を受ける成田山の僧侶
広場に作られた柴燈護摩壇、ヒノキの葉枝を積み重ねてあります、周囲には1時間以上も前から見物客が集まっていました。
13時山伏姿の僧侶が入場、火渡り行事の開始です、この行列は入場前には近所の町内を巡ってきています。
行事の進行の節々に吹かれる法螺貝の音があたりに響きます。
仮設のの神殿に願文を祈願し、弓矢、太刀、鉞などでの邪気祓いが行われます
弓を引いて柴燈護摩壇の四方から祈願を込めて打ち込みます
鉞による邪気払いの行事、白いのは火渡りに使う清め塩。
柴燈護摩壇に着火します、反対側からも松明で着けます、あらかじめ壇には灯油がしみこませてある様で、着火と同時に一気に燃え上がります。
燃え上がる火の中に祈願納札が投げ込まれ僧侶の読経と法螺貝の音が響き渡ります。
納め札の投入
クライマックスのシャッターチャンスを逃がさんと狙うカメラマン
祭壇の火が収まり火渡りが始まりました、一番最初に渡る人は勇気がいります。焔もまだ消えていませんよ。
火の道に入る前には清め塩を踏んでで足を清め裸足で渡ります、

渡る人様々、急ぎ足で飛ぶように行く人、泰然とゆっくり渡る人、いずれにしてもまだ焔があるじゃん、アチチ。
消防団のおじさん、火事場の跡より熱いぞ!!
まだまだ続く火渡りの行列、火渡りには3000円から2万円まで初穂料がいります、それでも多くの人が並んでいました、きっと御利益があるのでしょう。
行事が済み帰る頃にはお腹もすきます、すぐそばには川越では著名なそば屋さん寿庵があり、立ち寄る人も。
成田山別院隣の喜多院脇にはお菓子屋さんの亀屋。
お楽しみ袋を買おうと思って覗いたら売り切れでした、最初に買っておけば良かった、残念。


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN