本文へスキップ

 

みちのく津軽の旅


 
今日は。 関東はいまが春酣の候と思います。当地陸奥もゆっくりと春の兆しが見えてきました
 それにしても当地の4月に入ってからの低温続きは、過去に経験が無いほどで、弘前の桜も昨年より20日遅れで早咲きがようやく開花にこぎつけたようです。
むつでは5月の連休あたりが見頃になることでしょう。

 さて、このところようやく春めいてきました大湊をあとに一泊旅行を企て、19〜20日津軽方面(鶴田町:鶴の舞橋・五所川原:立倭武多の館)を観光してきました。
天気予報が良い方に外れ、初日は一応晴れ(黄砂のせいと思われる高曇り状態)に恵まれ、季節外れで他に観光客がなく、のんびりゆっくり楽しんでくることができました。
あまり知られていない津軽の観光地ですが旅日記風に御案内します。
              
            平成18年4月               大湊:藤本    記
  
津軽観光 1/2 鶴田町:「鶴の舞橋」 青森県内最大級の農業用水用人造湖である廻堰大溜池(愛称:津軽富士見湖)に懸かる日本一長い木の橋で、鶴が大きな羽を広げて飛んでいるように見えるよう設計され、青森県のヒバ、一等材を用い造られており、長さは300mにおよびます。 橋の南端に丹頂鶴の自然公園があり、大きな金網張りの檻を5ブロックに分け、5番い、10羽の丹頂鶴が飼育されており、抱卵しているのもおりました。ある番いの檻に「(オス)鶴太郎 1992年8月生  1993年9月24日、中国黒龍省自然保護区から寄贈 (メス)鶴香 1995年6月6日生 1997年4月27日、ロシア連邦アムール州ヒガンスキー国立 自然保護区から寄贈 ●1998年3月9日、番いなす。」の掲示板があり興味を引きました。
鶴の舞橋1:津軽富士見湖
2:入口から鶴の舞橋
丹頂鶴自然公園の檻       全長100m程の大きな施設、飼育係りの話によると最高齢の鶴は26年で、50年くらいは生きるそうです。
ホテルカらの眺望:前日は高曇り状態で、おてんとう様も薄ぼんやりとして、視界が悪く、目印の津軽富士が見えず、楽しみだった夕日も拝めませんでしたが、翌日は、閉塞前線の南側に入って奇跡的に明け方から9時頃まで晴れてやっとお山が姿を見せてくれました。右手が五所川原市中心街

五所川原宿所:「津軽富士見ランドホテル」
 新聞広告で目についたので、予約して利用したのですが、五所川原中心街から東方約12キロ、郊外の小高い山麓に建っていましたが、名前には程遠い木造で増築した古い建物、部屋と浴室からの津軽富士と津軽平野の眺望は申し分なかったのですが、洗面所、トイレは共用で、21時までは階下からの団体さんのカラオケ騒音、その後は23時頃まで隣室の騒音、人が廊下を歩くたびに床揺れが響いたりして仲々寝付かれず、翌朝まで疲れの残るお粗末な宿でひどい目にあいました。
五所川原の立倭武多館
「立倭武多の館」の外観、中心街にあって一際背が高く目立っています。

 明治の末期、五所川原では巨大なねぶたが練り歩いていました。
  ”当地の人達はとにかく「じょっぱり」(土地の弁で強情張り)で、引っ込みがつかなくなり、挙句の果、遂には成し遂げてしまう気質がある。 人を楽しませたり、負けず嫌いだったりの性格がこのような馬鹿なことをさせてしまうのだろう。”  (パンフレットより)  
 しかし、大正時代電気の普及と共に街には電線が多くなり、その姿は小さくなっていきました。1996(H8)年、五所川原市のねぶた好きが集まった「三振会」の手によって約90年ぶりに復活、’98年からは市が支援を決め、コースの障害となる電線を地下に埋め、ついに巨大ねぶた「五所川原立倭武多」がその姿を蘇らせ、今や津軽を代表する夏祭りとなり、全国にもその名をと轟かせるようになりました。
 1台の規模は、7階建てのビルに相当する22m、幅6m、重量約17トン。この威容を見られるのは毎年8月4〜8日の祭り期間のみでしたが、この館ではいつでも3台の大型ねぶたが観覧できるようになりました。 

  写真と記事      むつ市   藤本
館内:入口を入ると広大なホールになっています。奥の方右手がて6階までつつ抜けの展示場です。
¥600の入場料(倭武多観覧のみ、資料室とか制作室などは別個料金)を支払って展示場に入ると薄暗くした場内に聳え立つ3体の倭武多に圧倒されました。写真を撮るにもファインダーには一部しか入らず戸惑ってしまいましたが、四苦八苦して何とか一通り収めることができました。
 1階フロアからと、エレベーターで4階まで上がり、螺旋階段を観覧しながら下がって行く仕組みで、順路の壁にはいろんな資料などが展示され、3階には観覧席があり、一定時間ごと8分ほどのビデオ映像を写し出していました。

 時節柄客は数人で1時間余りゆっくりと観ることができました。
右側にこの2体が並んで立っています。
最上部4階からの3体一覧です
立倭武多(たちねぶた)3体上部の拡大写真です
立倭武多(たちねぶた)3体上部の拡大写真です
展示場入口の左側にこの1体
巨大倭武多の製作は、冬季のうちに顔や手、足など小さな部品(1体につき20〜23個)を針金で作ることから始まり、6月中旬には倭武多小屋での組立て作業に入り、明け方までの作業が続き、8月3日祭り開催日までに完成させるそうです。 
観覧中に放映されたビデオ映像から取った写真ですので解像度は落ちます。
 高さ22mもの巨大な倭武多が街を練り歩く勇壮な姿は正に圧巻です。


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN