本文へスキップ

 

秘境奥薬研の春雪


 
 東西に広がる大きな高気圧に覆われ超春型気圧配置となった20日、当地も今年になって初めて安定した本格的晴天に恵まれたので、薬研の雪渓を見にいってきました。
自宅から約30キロ、40分ほどの行程ですが、さすが山間の渓谷だけあって里のような雪融けは進んでおらず、予想どおり深い雪に埋もれたモノトーン世界を醸しだしておりました。
 昨年の川内雪渓撮影の折は深雪に足を奪われ、歩き回るのに大苦戦でしたが、此方は先日の雨で湿った表雪が固くなっていて歩行には事欠かかず、10:30〜15:30の5時間たっぷり雪中渓谷を散策し心地よい汗を流してきました。
 道路脇には1.5mほどの残雪があって壁となっており、これへの上がり降りが大変で、薬研入口附近の撮影を終えて道路に下りる際雪が崩れて路面に転倒落するハプニングもありましたが、幸い人、器材とも事なきを得てほっとしたりしました。
 川面の岩の上のうず高い雪帽子は幾重にも層が走り例年より早くから始まった降雪歴を物語っているようでした。    
     写真と記事:むつ市大湊 藤本 智
  
1  薬研渓流入口の「薬研橋」附近
2  雪帽子には層が何本も
3  紅葉が美しく見える場所です
4  雪帽子の厚さは数十センチといったところです
5 「紅葉橋」脇にある滝 雪が多いので水量は豊かです
6  「紅葉橋」附近の渓流
7 「紅葉橋」から500m程上流にある野営場入口の橋上より奥薬研方向
8   ホテル裏 : 雪面は固まっているとはいえ、川岸は雪が深く傾斜も急なため、移動には気を遣いました
9 ・10   うぐい滝附近 : 周囲の雪で存在感が薄いけれど、10 では目を凝らす
と二つの滝が認められます 
10   うぐい滝附近
11     大滝 : 雪融け水が豊富で、水流の轟音が人気の無い渓谷に響きわたっていました
12  乙女橋から上流

薬研渓流入口の「薬研橋」を始点とする遊歩道は、「紅葉橋」附近と大滝周辺を除き、ほぼ川岸沿いに通っていてこの乙女橋上流のところで終わります。 紅葉時には平日でも人が絶えませんが、さすがこの時期人は勿論、野兎、かもしかの足跡のほか生き物一匹見かけることはなく、静寂の中に単調なせせらぎ音だけが響いてしました。
13  乙女橋麓
14  乙女橋から下流
15  「湯の股橋」の上から下方のながめ、右手に宿泊施設があります。右向け右したのが次の16です
16  奥の方左手に源「河童の湯」があり、4人ほど入浴してました
17  新「河童の湯」の下から見たシンボル「奥薬研橋」、この辺りは勾配がなく川の流れも”湯ったり”です
18  奥薬研橋から上流
19  奥薬研橋から下流、右手の施設が新「河童の湯」、湯気が立ち昇ってますがシーズンオフで入浴客は居りません
20  奥薬研終点、右に奥薬研橋があります。
以上で薬研渓流の雪渓は終わりです。 

新「河童の湯」脇にある秩父宮殿下が宿泊されたレストハウス前に駐車して持参の昼食を済ませましたが、歩き回った
せいで汗びっしょりでした。
レストハウス、新「河童の湯」は冬季は休業ですが、その他の入浴施設(写真No 16:宿泊
施設は入浴施設の誤り)は営業しているようです。
中間にある「ホテルニュー薬研」では年中営業で、冬季でも結構利用客があるようです。


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN