本文へスキップ

 

熊谷堤と吉見百穴の桜

平成18年4月2日
 
平成18年の春は天候急変が激しく穏やかな春の日がなかなか到来しませんが4月に入ってすぐの日曜日、珍しく穏やかな一日に成りそうなので桜見物に出かけました。関越道東松山ICから車で10分程の荒川べりの熊谷堤の桜は、まだ満開には早すぎて5分咲き程度だった為か、堤や河川敷でのピクニックの人々もそれほど多くは有りませんが、天候は穏やか暖かく快適な行楽日和でした。
帰路、市野川の桜を見るべく吉見町に廻り、川堤の桜と、名所吉見百穴遺跡の最近の様子を見ることが出来ました。
  
熊谷堤に咲く染井吉野はまだ5部咲き。
日曜日の割には見物客は少ないようです。桜並木は白い花よりも蕾の赤色が目立っています。
堤の土手ではお弁当を広げてお花見の人々が。
堤の上や土手には子供ずれの親子や自転車で走る若者が目立ちます。
堤上は自転車はOK 自動車は通れません。
駐車場は河川敷にあり、すぐ近くには運動場もあります。駐車場に降りる道は狭く、すれ違いも困難ですので要注意。混雑する日は避けたほうが良いようです。
埼玉県立比企丘陵自然公園にある、吉見百穴は国指定史跡で東松山駅からは1.5キロほどのところにあります。
10数年前に来た時はあまり目立たない観光名所で、見に来る人もよほど興味が無いと来ないのではと感じましたが、今回の吉見百穴遺跡は大変綺麗に整備されていてびっくりしました。
(入場料は300円です)
遺跡内には資料館や茶店がありトイレも綺麗です。入場料300円はリーズナブル、みやげ物も販売していて楽しめます。
ここの桜はほぼ満開でした、百穴遺跡内は桜は数本しか見られませんが、遺跡に明るさを感じさせてくれます。
百穴は古墳時代後期の群集墳墓ですがその当時にも桜があったかどうかは判りませんが、有ったとすればなかなか粋なお墓地です。
百穴の横穴には国指定天然記念物のヒカリゴケがあるのですが、確認出来ませんでした。横穴の洞窟内部はひんやりとして、いかにも墳墓という気配がします。
遺跡のすぐ傍まで行けるように階段が設置されています。穴の中に頭を突っ込んで見学している人が居ました。
百穴のすぐ横を流れる市野川には桜堤があり百穴遺跡から50メートルほど降った所に駐車場(無料)が有ります。駐車場にある石造りの階段を上がると市野川の堤上に出ます。
(市野川堤から百穴遺跡の方向の眺め。手前は駐車場)
市野川河川敷では屋台がお店を出していました。花見気分満喫です。
春祭りが始まりましたが桜はまだ5分咲きのようでした。
堤上は車が通るので少々通行者には危険です。
蕾の固い桜の花の代わりに提灯の赤い色が花見気分を誘っていました。
まもなく見事な満開の桜が見られるでしょう。



JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN