本文へスキップ

 

那智大社と那智の滝

平成18年5月20日

熊野古道 
 
  
自宅を朝7時に出発、首都高速ー東名ー伊勢街道を10時間かけてのバスの旅。やっとたどり着いた紀伊勝浦。ここ勝浦漁港は風も無く穏やかでした、トンビが数羽空に舞っていたのが印象的、カメラを向けましたがファインダーからすぐ逃げてなかなか撮れないです。向うに見える中ノ島ホテルの上に1羽見えるでしょう。
お宿は有名なホテル浦島、広すぎて全景が収まらずあきらめて看板のみ。館内は広すぎて温泉にたどり着くのが大変。部屋から6つもある温泉のいずれにも5分はかかりそう、迷って結局一番近い温泉に。



熊野古道はいくつも参詣道がありますが、もっともポピュラーな那智大社参詣の大門坂に。此処から左に入って大門坂道に至る入り口です。右の道路は那智山スカイラインのバス道路。
大門坂入り口から石段をエッチラオッチラしばらくして樹齢800年の夫婦杉にご対面、幹周り8.5メートル大きくて全体がさっぱり見えない。
石段を数えながら登る坂道は次第に急になってきていささか息切れ、熊野古道らしい杉木立はまだ上のようです、ああしんど。
那智の滝前の飛龍神社に着きました、目の前にゴウゴウと音立てて落ちる那智の滝、ただただ圧倒されました。
飛龍神社の鳥居付近でも霧雨のような水しぶきがかかります。マイナスイオンを浴びながら滝の神様にお参り。
写真撮影をする人が多くて撮影ポイントまでなかなか近づけません。最近はどこでも携帯ブームでカメラを持つ人よりも携帯で撮影する人のほうが多いようです。


御神体の那智の滝は落差133メートル幅13メートルだそうです、日光の華厳の滝よりも落差、幅とも大きい(華厳の滝、98メートル、7メートル)だけ有って雄大さ、神々しさが実感でき感動しました。
滝の一番上口には注連縄が渡されていて、神滝らしさが感じられました。
滝の中部あたりですがこうして見ると掛け軸にかかれた墨絵のように見えます。、
滝つぼの落下口付近の水しぶきが撮影場所まで飛んできます。
神宿る滝の気配がしますよ
滝つぼは深さ10メートル、流れる水は岩を伝って音を立てて流れています。これでは鯉も登れません。
那智大社参道の一の鳥居付近の石段、結構急坂で雨のため滑りやすく一歩一歩足元を確かめてのお参り。
此処にも世界遺産の標識がありました。右脇にプロゴルファー福島晃子、プロ野球の福島久晃一家の名前が刻まれた石碑がありました。
大社への最後の石段、黙々と前の人の足と石段を見つめながら登ります。此処まで来るうちに石段の数忘れちゃいましたわ。
那智大社:由来は仁徳天皇の頃からと、気の遠くなる年月を経ていく度かの修復があったとは言え、立派なお社、さすが世界遺産に指定されるだけの価値はあります。
青岸渡寺の三重塔と那智御滝(一の滝)
大社参詣の帰路に念願の景色に出会い2度目の感激、霧雨がかかってなかなか滝が見えません。カメラマンが多くて撮影ポイント占有は出来ず、気ばかりあせる必死の一枚。
大社二の鳥居から下山、雨は少し止んでます。
再び参詣できるかどうか、心残りの参詣でした。
那智大社の入り口付近には土産物店や休憩所があり参詣客目当ての写真モデル屋さんも居ります、この人は写真モデル屋さんですモデルと一緒にパネルの前で本人のカメラで撮ると1000円請求されます。
モデルだけあって中々綺麗で可愛らしいのでお願いしてモデルさんを撮らせてもらいました。無料でした。
このパネルはモデル背景用ですが合成写真ですね。
観光地に良くある人の形や名所のパネルの一種なんでしょう、制作費とモデル代が必要なんで1000円か・・・・。
青岸渡寺の近くまでは行けませんでしたのでこのパネルでまあ良いでしょう。
色々と感動のあった参詣でした。

JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN