本文へスキップ

 

南アフリカ共和国寸景


 
平成18年11月10日からジンバブエ、ボツアナ、南アフリカ共和国へと香港経由で行ってきました。
以前から一度喜望峰を訪れ、人種隔離政策(アパルトヘイト)だった国の様子を見たいと思っていましたので今回それを実現してきました。
南アに行くならジャカランダの咲く頃、ついでにビクトリア・フォールズを見、国立公園で野生動物にも会って見たいと思い、それに合ったツアーを捜し参加してきました。                  写真と記事:土屋
  
「ビクトリアの滝」はジンバブエとザンビアの国境線を流れるザンベジ川の中流に位置し、世界3大瀑布の一つと言われています。(南米イグアス滝、北米ナイアガラ)ビクトリア滝は1855年イギリス人宣教師(探検家)リビングストンが発見し、当時のイギリス女王の名をとり命名されたものです。この時季は水量が少なくなっている時季で、枯れている滝もありましたが、それでも水煙が上がりかなりの迫力でした。
以下ジンバブエのビクトリア・フォールズ(地名)側から撮った滝の写真です。
 
下部の煙は水しぶきで歩いていても降ってきます。
水量の少ない時期なので下の様子が見れるそうです。中央は滝の水しぶきです。 
 
ビクトリア滝の遊歩道入り口に立つリビングストンの像 
ボツアナのチョべ国立公園では4輪駆動車やボートに乗ってサファリツアーに出掛けました。
この公園には7万頭を超えるアフリカゾウがおり、その密度は世界一とのことでした。 われわれも数百頭のゾウやかば、その他の多くの野生動物に会いました。車や船でゾウの行き先をふさぐのでゾウを随分怒らせました。 
目の前をゾウが川渡りしています。
われわれもボートに乗って見ています 
普段「かば」は水の中にいますが、私たちが訪れたときには、たまたま曇り空で沢山の「かば」が中州の草地で草を食べていました。 
ほろほろ鳥が沢山いました。
肉は美味しいそうです。 
南アの首都プレトリアやヨハネスブルグには沢山のジャカランダの木があります。
丁度日本の桜のような調子です。もともとブラジルから持ってこられた外来種とのことです。この写真では赤くピンク色に見えますが実際は青みの強い藤色です。この花が終わると本格的な夏が来るとのことです。  
ジャカランダの花は大きく桜のように花吹雪とは行きませんが、花が散った下は藤色のじゅうたんのようできれいでした。
 
近くで咲いたジャカランダの写真を撮るとどうしたことか桜のように赤く写ってしまいます。
実際は藤色でこの写真だと割合その雰囲気が出ていると思います。 
ケープタウンで船で近くの島に行くと沢山のオットセイがいました。 
南極が近いのか沢山のペンギンがいました。夏なので結構暑いのですが。 
国花のプロテア:実際咲いている所は見れませんでしたが、花屋では沢山売っていました。 
これは絵葉書の写真ですが、喜望峰はこのようにケープタウンの南に突き出していました。
幸いにもこの先端まで行くことが出来ました。途中野生のダチョウやマントヒヒにも会いました。色んな花も沢山咲いていました。  
喜望峰最先端です。
風も強く浪が打ち寄せていました。 
南アフリカ大陸の最南端喜望峰の一番先端です 
2010年ワールド・サッカーは南アで開催されることになっています。それに備え、サッカー場の建設や飛行場の整備がすすめられていました。南アは貧富の差が大きく治安が悪いので大丈夫なのかと気になります。ネルソン・マンデラは現在88歳。彼がいなくなって南アは大丈夫だろうかと言う声も聞かれました。アパルトヘイト廃止後ケープタウンの町の人口は倍になったそうです。奥地から出てきた黒人たちの住むスラム街がバスの窓からも見ることが出来ました。
ヨハネスベルグでは人種隔離政策により作られた黒人居住区は緑も無く、他の住宅地域とは一見して区別できる様相でした。
往きの飛行機で隣席になったアフリカ人が南アは泥棒一杯気をつけろと忠告してくれまた。
 


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN