本文へスキップ

 

大湊ねぶた祭2006


 
今年は三日間とも夏らしい好天に恵まれ、雨の心配は全くなく、全期間を通じ、ビニール覆いなしの鮮明な裸のネブタ人形が見られ最高のネブタ祭りでした。
今年は各町とも製作技術が向上し、全般に出来映えがよく、独走気味だった大湊上町は4位でしたが、観客はこれまでになく少ないのが目立ちました。
 過疎化、高齢化、少子化傾向が年々深まるなか、ネブタの製作、囃子・太鼓、婦人踊り子の要員確保は年々困難になつている町内が多い現状から、この一大イベントもいつまで続けられるのか心配する声も聞かれるようになってきたのは寂しい気がします。
第一日目 8月4日 自由運行
 午後各町ごと町内を運行し、夜20:00〜20:45近隣5町(文京町、大平町大湊新町、大湊浜町、大湊上町)のネブタが大湊駅前広場に集合、20:40到着する列車の降客を輪踊りで迎える駅前セレモニーが行われました。
第二日目 8月5日 合同運行初日
 市役所を除く12町のネブタが18:00大湊新町を出発、下通りを宇田海自前に設けられた本部席迄の3.5キロを運行し、女子の歩き踊り、ネブタの回転乱舞を披露しながら練り歩き、宇田本部席前で踊りとネブタ回転を展示して審査を受けた後、各町に帰還します。この間3時間余り踊り子及び太鼓・笛囃子は休みなく動き放しなのでかなり重労働になります。
 当町の曳き手は人数が少ないため、宇田の上り坂は勿論、宇田から小学校まではだらだらの上り坂のために時間が掛かり、帰還したのは22:40、後片付けと反省会を済ませ帰宅は午前様で疲労困憊でした。第三日目 8月6日 合同運行最終日 
 全町ネブタ12台に市役所職員製作のネブタが加わり計13台が運動公園に集合、16:15から「お祭り広場」セレモニーを開催、ネブタの製作審査、合同の踊り、総合成績発表・表彰式を行った後、18:30運動公園出発して合同運行開始点の山田町JRバス停前に進出。 19:30運行開始、約2時間かけて大湊新町(本部席)まで踊りとネブタの回転、笛・太鼓の音響等を観衆に展示しながら行進し、最後に本部席前で踊りと、ネブタを披露して運行を終了、随時各町内に帰還して祭りは終了しました。

八戸の三社大祭に始まり、五所川原立倭武多、弘前のネプタ、そして青森ネブタと青森県の夏祭りも終わり、日ごろの北国の静けさを取り戻し、あとは秋を迎えるのみです。道端のナナカマドの葉も赤みを増し
何となく秋色が漂いはじめております。      写真と記事:大湊浜町 藤本 智
  

出発点の常楽寺前駐車場で待機する大湊浜町のネブタ、後方に
     沖がかりしているのは、輸送艦「しもきた」です。
大湊浜町目抜き通りを進行
夕食を済ませ、稲荷神社前で出発を待つ大湊浜町ネブタ
セレモニーの最終を飾る各町合同の輪踊り
お祭りに花を添える綺麗どころ、ネブタ行列の最先頭を踊りを披露しながら行進します。
「お祭り広場」本部席と表彰額(これをネブタ前部に掲げて運行します)
お祭り広場開催中の暇をみて夕食を摂る浜町の参加者
第1位 桜木町ネブタ運行委員会  むつ市長賞  「稚武彦命大鬼を捕らえる(わかたけひこのみことおおおにをとらえる)」



ON MOUSEで夜のねぶたが見られます 以下同じ
第2位 宇田町町内会         むつ市議会議長賞  「戻橋(もどりはし)」
第3位 大湊新町町内会  海自大湊地方総監賞  「風林火山 武田信玄」
第4位 大湊上町町内会  むつ商工会議所会頭賞 「悪七兵衛景清錣引(あくしちひょうえかげきよしころびき)」
第5位 文京町町内会 むつ市観光協会会長賞・ネブタ最優秀作:青森県知事賞 「龍虎相搏つ「川中島」(りゅうこあいうつ かわなかじま)」 
第6位 山田町町内会 むつ下北物産協会会長賞 「項羽の馬投げ(こううのうまなげ)」  
第7位 城ケ沢倭武多実行委員会 空自大湊分屯基地司令賞 「大多羅法師(でいだらぼっち)」
第8位 大平町町内会 日本原研むつ事業所長賞 「壇の浦義経八艘を飛ぶ(だんのうらよしつねはっそうをとぶ)」
第9位    旭 町           東北電力むつ営業所長賞 
「東通村左京沼伝説(ひがしどおりむら さきょうぬまでんせつ)」
第10位     川守町川守町町内会  大湊商店連合会会長賞   「素戔鳴尊大蛇退治(すさのおのみことおろちたいじ)」
第11位     大湊浜町町内会   はまなす農協組合長賞  「八の太郎と南祖坊(はちのたろうとなんそのぼう)」
審査対象外 海自ネブタ実行委員会
「文覚上人荒行(もんがくしょうにんあらぎょう)」
審査対象外 むつ市職員互助会                    
「信 長」


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN