本文へスキップ

 

秋田湯瀬温泉郷の旅

2007(平成19年)
 
3月の新聞に掲載された秋田県湯瀬ホテルの閑散期特別料金キャンペーン広告が目に付き、早々と予約をとり、友人夫妻と一泊旅行をしてきました。
 17日には傘マークのあった天気予報はよい方に外れ曇天ながらマアマアの天気、青森から東北自動車道に乗り、70キロ走って「小坂町」で降り、「康楽館」「七滝」を観光した後、湯瀬ホテルに到着、宿泊しました。
昨年の五所川原「津軽富士見ランドホテル」と違って環境、設備とも申し分なしの立派なホテルで大満足でした。 18日は快晴に恵まれ、8時にCheckOut、次の観光地「角館」に向け国道341号を南下したのですが、次第に山岳の登坂路となり道路端に残雪が多くなってきて先を懸念しつつ進んでいたら、アスピーチライン入り口を過ぎた25キロ地点で路上を塞ぐバリケードに「通行禁止」の大きな看板 ???!!!・・・
ガックリして已むなくUターンのハメに遭ってしまいました。 この国道は八幡平を通る山岳道路で冬季閉鎖されることに全く気づかない大失敗でした。
以上1日目220、2日目270計490キロの行程で老体には結構堪えましたが、予定通り角館に行っていれば更に200キロ、5時間が増えたのでかえって幸いしたと思うことにし、角館はH15年の「角館花紀行」で楽しむことにした次第です。           記:下北半島大湊:藤本 
  
「旧小坂鉱山事務所」 M38(1905)年に合名会社藤田組小坂鉱山の本部事務所として建てられ、H14.5.23 国の重要文化財に指定、外観はルネサンス風で仕上げは漆喰塗り、白壁はまだ新しいせいか光が反射し印象的な建物です。写真1

     写真2


康楽館」
 M43年に建築された日本最古の木造芝居小屋として国の重要文化財に指定されています。
外観は洋風造りですが、内部は明治の芝居小屋らしく和風造りとなっていて、和洋折衷の芝居小屋は全国で珍しいもの。
 
前を通る「明治100年通り」は、両脇がアカシア並木(アカシアは町内全域で500万本あるそうです)になっていて、環境省に「かおり風景100選」、国土交通省に「美しいまちなみ大賞」として選ばれています。写真3
 
写真4 小坂鉱山の厚生施設として建てられ、鉱山の衰退に伴い一時興業が中止されていたが、現在は町営劇場として公演が行われており、観光バスツアーの立ち寄り所となつています。        

       
「康楽館」前に立てられた幟が見事で数え切れませんでした。写真5  
「七滝」
 「日本の滝100選」の一つに数えられる名瀑、頂上から下段まで七つの段があるとされ、高さは約70m、滝ノ下まで行けるので見上げるとなかなか迫力があります。    写真6
       
           滝の下には竜神を祀る「七滝神社」があり、大地主の孫左衛門と大蛇の伝説があり、滝自体が神聖視されていたようです。
ここでは気温が1度で雪がちらつき寒さに閉口しました。写真7
「湯瀬温泉郷」
 北東北(青森、秋田、岩手の県境)に位置し、米代川の渓流に沿い湯煙を上げている静かな温泉で、川の瀬からも湯が湧くほど湯量が豊富なことから「湯瀬」の名が付けられ、渓谷に抱かれた温泉卿です。写真8
         
        立派な佇まいの湯瀬ホテル 全館158室、735名収容、全室バス、トイレ(シャワーレット)付、大浴場、ボーリング場、温水プール、大駐車場(乗用車100台、大型バス30台可、無料)などを備えた豪華なホテルでした。写真9
写真10
上の写真の渡り廊下向こう側観覧台から眺めた米代川渓流(ズーム)写真11
宿泊した部屋(写真14左の建物2階)から見える川沿庭園、上方の枝垂桜と手入れの行き届いた庭木、コトコトと回る真紅の水車が風流でした。 写真12        
      写真13
写真14 翌朝、快晴の旭日に輝く米代川渓流(写真11と同アングル)
     
 写真15
ゆったりと回る水車を横目にCheckOut前に飲んだコーヒーの香りが今も甦ります。

JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN