本文へスキップ

 

京都寸景 鴨川と比叡


 
秋の京都観光には少し早い9月中旬、友人の娘さんの結婚式に招待され、久方ぶりに京都へ出かけました、15日からの3連休に京都は真夏のような暑さでしたが京都駅は大勢の観光客でごった返し、昼食時間にはどこの食堂街のお店も最低20〜30分待ちの行列!。
16日の天気は曇りのち雨の予想でしたが幸いにも朝から快晴、但し気温32度の炎天下のガーデンウェデイングは年寄りには堪えました。
結婚式場が比叡山頂付近のホテルでしたので、比叡からの琵琶湖の景観を眺めることが出来ました。
今回は時間も無く観光名所には寄れませんでしたが宿が鴨川の畔のKKR「京都くに荘」でしたので翌早朝には鴨川の川縁を散策し近辺の寸景を写真に収めちょっぴり京都の情緒を味わうことが出来ました。   じんさん
  

結婚式場の比叡山ホテルへは親戚の運転する車で送ってもらうが、急坂狭隘七曲りの山中越え(志賀越とも言う)の道は険しい。平安の昔から京と大津を結ぶこの道は難所だったに違いない。比叡山への京都からの道はこの山中越(京都府道、滋賀県道30号線)を使わざるを得ないがあまりお勧めできる道ではない。街灯照明が無いので夜間走行は避けたい。
30号線の峠に近い大津側に入ると比叡平の住宅地が広がる、ここに比叡山ドライブウエーの入り口がある、この辺りは道も広くなり景色も良い。
ドライブウエーはカーブが多いが所々琵琶湖が見えたり京都側の町並が見えたりして快適な道である。
比叡山ドライブウエーは奥比叡ドライブウエーと繋がっており琵琶湖側に下りられるようだ、奥比叡ドライブウエーの景色を見たかった。
比叡山ドライブウエー入り口の田の谷ゲートから2k上ったところにある夢見ケ丘駐車場からは眼下に琵琶湖、大津市街が一望できる。生憎曇り空になって視界が少し悪いが、左上には近江大橋が見える。
近江八景の三井寺や石山寺がこの画面の中にあると思うが確認は出来ない。近江大橋の下流には瀬田の唐橋あり。
中腹にあるロテル・ド・比叡ホテルの庭からは京都側山科辺りの町も望める。ススキが穂をなびかせて山は秋の気配。
京都での宿泊は鴨川沿いの宿。鴨川の両岸の河川敷は遊歩道が広く、早朝からジョギングや散歩の人々が見える。私たちも早起きして歩いてみた。遠く北山山麓が見え天気も良く清々しい朝、上流に見える森は下鴨神社の糺の森。
鴨川に掛かる橋の近くには飛び石があり橋を渡らずとも向こう岸に飛び石を使って渡れる。京都を舞台にしたテレビドラマでちょくちょくお目にかかるが、鴨川には4箇所の渡り石場が有る。子供の頃は飛び石は無く堰の所を裸足で歩いたものだがこれは遊び心のある設計だ。ここは賀茂大橋下流側の飛び石渡り。
飛び石には亀の形の石が所々使われていて、風情がある、ここは荒神橋上流側の渡し。飛び石の間隔は結構広い。おとなも真剣に足を運ばないと水に浸かる恐れあり。(対岸の建屋はKKRくに荘)
石亀は大きい。流にさらされて亀さんの体も磨耗しているようだ、鴨川の底にじっと座って京の都の移り変わりを眺めながら何を考えているのか。
鴨川の水は昔に比べて綺麗だ、50年ほど昔は川で友禅流しが行われていて、染料で川の流も紫や紅く染まっていたものだが今はそんな風景は無い。記録によると1970年に友禅流しは禁止されたとある。鴨も綺麗な水に喜んでいるようだ。
賀茂大橋の北側の二つの橋を挟んだように見える糺の森(下鴨神社)。
右側の橋から上流は高野川、左の橋から上流は賀茂川と名前を変える、ここは二つの川の合流地点。高野川の源流は365号線の川上の天ケ岳、賀茂川は丹波高地の桟敷岳を源に流来る淀川水系1級河川。
右の橋は河合橋、左は出町橋
河合橋の横の出町柳駅は叡山電鉄の始発駅、比叡の麓八瀬までの叡山本線と牛若丸の鞍馬まで行ける鞍馬線の乗車駅。京大阪から京阪電車に乗り京阪出町柳駅で降りて地上に出ると叡山電鉄の改札口。バスターミナルでもあり観光には便利。
高野川に架かる河合橋、上流には大原三千院、貴船神社、鞍馬寺が有り川の両岸には桜が植えられていて春は桜の見所の一つ、若狭に通じる鯖街道はこの川
筋にあたる。京都の町もここから北部は随分と閑静になる。
河合橋下のマイホーム、これはもはやホームレスと言うより橋下の住人と言うべき。ブルーシートに張られてある紙には人生相談の看板と「浮世捨て今日一日を送る人生は鴨川の流れるままに」と達筆に書いてある。老女と記名があるが如何なる人か、姿は見えなかったが。日曜日と水曜日に人生相談の仕事をしているようだ、満更浮世を捨て去った様でもなし、人様々である。
糺の森の中は下鴨神社。祭神は玉依姫之命と賀茂建角身命の両神を祭ってある。玉依姫は古事記日本書紀にもあるが能楽の「賀茂」の中に出て来る秦の氏女が化身縁結びの神、建角身命は神話の八咫烏が化身となって出てくる導きの神。同様に能楽「賀茂」に出てくる別雷の神は上鴨神社の主神。
下鴨神社は賀茂御祖神社が正式な名前で通称下鴨神社で知られている、河合橋から一番近い参道。左側は境内内、右は一般住宅。
上の住宅も同様だが、風致地帯であるため住宅の外観は厳しい規制で定められている、京都市条例は建築に関し数えられないほど沢山の条例が定めてあるが特に京都市市街地景観整備条例には高さ、色彩、形状、近辺景観との調和などきめ細かに定めてある。親戚で最近家を建てた際に白色の壁、丸窓禁止等の規制があったと言う。この下鴨地区の民家の佇まいは地域と一体になって美しい。
下鴨神社は京都に有る17の世界遺産のうちの一つ。観光文化都市として上述の景観保護等の努力をしている京都は街全体が文化遺産であり世界遺産のように思うが如何だろう。境内の中は静寂に包まれ街の騒音も届かない。京都三大祭の一つ葵祭り時にはここから上鴨神社に向けて平安朝の優雅な行列が見られる。(五月十五日)
下鴨神社は同じ世界遺産の上鴨神社に程近い。中学生時には遠足や写生の授業で行ったがどちらもおなじ神社だったような錯覚をしていたように思う。
古都京都というが訪れる度に新しい発見がある、今回はモダンな京都駅前の広場では市民ふれあいステージのイベントがあり、ダンスや音楽のイベントやNPOの展示教室、即売会など伝統文化だけでなく現代アートなどを展示し効果的にPRして観光客を楽しませている。京都市役所には知恵者がいるようだ。
造り酒屋の軒先に見られる杉玉、1500円で売っていました。これだけではなく、村の特産物のPRでしたが陳列の品物は少なくて何が特産か判りませんでした。ただテントの中のおば様たちは皆楽しそうでした。これも京都市企画の市民ふれあいステージ一つでした。
小さな鳥居が目に付きました、何だろう近づいてみると、伏見の酒のPR。沢山の資料を頂きました。PR資料によると伏見には27軒の酒造所があるのです。中には有名な月桂冠、神聖、黄桜、松竹梅など、右党の私でも知っている銘酒がありました。次回の京都旅行の目的地の一つに伏見を選定することにしました、伏見は酒だけではなく歴史的名所が多いところです。
菰樽の廻りではボランテアが竹トンボなどを作って子供に作り方を教えていました。これらの催しは毎年行われている京都文化祭典の一つの事業のようで、地方特産物や古い文化を継承するためのイベントのようです。市民だけでなく京都を訪れる観光客にも楽しみです。
近くではNPOボランテアによる竹細工の実演
駅前広場の展示では京都の北部の街や村の特産物を紹介しています、竹炭の彫刻、竹細工。竹紙の梳き方など観光客には珍しいようで外国人の観光客も熱心に見入っていました。
新幹線700系のぞみ のスマートな車体が古都京都の駅にも違和感がなく収まるほど京都は古き文化と最新の文化が共存する不思議な魅力があります、それが多くの観光客を魅了するのでしょう。往路帰路も写真の のぞみを使っての小旅行も終わりです。

JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN