本文へスキップ

 

ねぶたが出来るまで

平成19年3月
 東北の夏はねぶた祭りで賑わい はね子のラッセーラッセーの威勢の良い掛け声とともに勇壮なネブタの山車が彼方此方で見られます。大湊でも毎年色々なネブタが登場しますが今年は浜町のネブタがどのように作られるのかの、むつ市大湊の藤本さんから製作過程の様子を知らせて頂きました。 
                  じんさん
  
         6月27日 ネブタ製作開始
以7月も残すところ3日のみ、最近は25度を越す夏日が当たり前になってきて、外の風景は盛夏そのもの、ネブタが間近くなったような錯覚を感じています。
恒例大湊ネブタ、当町内は5月6日の連休明けから早々と製作作業に取りかかり、先週骨組み作業を終えて紙貼段階に入りました。
昨年同様に骨組み作業には参加せず今週から紙貼り作業に参加しています。 よって夜のPC取り組みはしばらくお預けです。
当町内のネブタ師は、一昨年までは愚息がやってましたが仕事多忙で手を引いたため昨年は町内会長、今年は平成12年までやっていた工藤君(43歳)が取り組んでいます。
ネブタ絵を見ればお分かりと思いますが、彼は青森のネブタ名人”佐藤伝蔵氏”に師事したことがあり、なかなかの腕前なので久し振りに立派なネブタが出来るのではと期待しております。


         むつ市大湊浜町  S・FUJIMOTO
1  ネブタ人形の設計図に相当するネブタ絵です
2  前面から見た本体、幅は約5mです
3  見送像 人形の後面で、大きな波濤です
4  人形が背にする炎
5  左側面
6  右側面
7  頭部の紙張りをするネブタ師工藤君
    7月8日 ネブタ製作過程続報
お早うございます。
相変わらず梅雨らしからぬ天気が続いている当地、昨日、今日は秋を思わせる抜けるような紺碧空の快晴で気温は26度と夏日ながらも湿度が低く蒸し暑さがないので室内では爽やかな気候でした。
 先月27日に第一報しましたネブタ製作は祭りまであと4週間となり、目下急ピッチで紙貼り作業中ですが、見送り像は終了、本体の方は半ばといったところです。
写真は1 今朝の日の出 夏至より4分遅くなり4時13分でした 
 7月8日
右側面
頭部
見送り像
         7月17日 完成まじかの製作過程
梅雨前線は北上したもののまだ本格的な梅雨明けではないようですね。
 さて、ネブタ紙貼り作業は順調に進み11日に終了、12日からB段階の墨入れ、16日からC段階の蝋(ろう)入れに入っています。
このあと、D段階色塗り、E組み立て、そして最終F段階の台揚げをもって完成の運びとなります。
 本番まで残り2週間となり、来週からいよいよ正念場を迎えます。
1 左側面
2 右側面
3 顔面
4 背面の炎と波濤
5 見送り像
6−1 蝋入れ作業状況
6−2 蝋入れ作業状況

7月25日に顔が完成しました
ネブタ顔部分
    7月31日 ネブタ完成
本日で7月も終わり夏本番の8月を迎えますが関東も未だ梅雨が明けていないようですね。 当地は昨日から低温注意報発令中で高齢者宅ではストーブを焚いている家もあります。 当町ネブタ製作は順調に進み昨夜台上げを終わり、今夜の総仕上げ作業を以て完成します。 3日町内自由運行、4日宇田までの合同運行、最終5日は運動公園からの合同運行のスケジュールとなつていますが、4日雨天時は宇田町までの運行は取りやめ、5日雨天時は6日に順延という計画になっています。 この夏は天候が不順傾向のうえ、台風5号が悪いタイミングで北上なので7天気が懸念されます。
台揚げ準備完了
ネブタ吊り上げ
台車搬入
  3年前までは、30人程でネブタを担ぎ上げて屋外の台車まで運び出し上に差し上げて台車を下へ入れる難作業をやっていましたが、作業協力者が年々減少し高齢化で困難となつてきたため、小屋内に滑車装置を付けて省労力化し大変楽になりました。
屋外へ出し、発電機との接続配線、装飾作業
通電テスト
通電テスト


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN