本文へスキップ

 

奥日光湯の湖温泉郷から会津裏磐梯へ


 
ゴールデンウイークを外してゆっくりドライブを楽しもうと、会津磐梯山までの国道121号線を使った旅に出かけました。沼田までは関越自動車道を通り沼田からは日光今市経由裏磐梯までの新緑鮮やかなローカル風景を愛でながらの旅でした。一日目は奥日光森のホテル宿泊、翌日は日光東照宮参拝の後会津へ向かう途中大内宿を観光、会津若松市内を抜け磐梯山ゴールドライン(始点から終点まで1台の車にも逢わず)を使って裏磐梯高原小野川湖畔のコンフォート裏磐梯に到着宿泊、翌日は459号線を使って喜多方市に入り大和川酒造北方資料館にてしばし工場見学(試飲出来ず心残り)、市内の有名酒店甲斐本家で地酒を購入、近辺を少し見物し郊外の店で喜多方ラーメンを味わう。市内はラーメン屋が多いが車を止めるような雰囲気の店は少なく、さらに思っていたほどラーメン横丁のようなまとまりが見られなかったため市内でのラーメンをあきらめ郊外の喜多方ラーメン製造販売元のふぶき亭で味わうことに成りました。帰路は喜多方ー磐越道ー郡山ー東北自動車道経由で家路に。2泊3日総行程850キロのドライブでした。
パイロット兼撮影係の家内にはやや過酷な旅でしたが、久方ぶりに長距離ドライブでアップダウンのたびに変わる山の風景や木々の緑、三日間続いた好天気にも恵まれ上機嫌のじんさんでした。
  
1日目   日光へ
5月21日(月曜日)9時半自宅出発、関越道は空いていました、高坂SAで小休憩遠くに富士山が見え好天が期待できそうだ。
赤城高原SAでも遥か遠く富士山が望める。
赤城高原下り線SAは谷川岳連峰の景観が素晴らしい処、しばし時間を忘れる。小休止の後、裏日光へ向け出発

谷川岳:標高1977m(オキの耳)紅葉シーズンは素晴らしい眺めだろう。
沼田ICからは121号線を北上、一気に金精峠を抜けて戦場ヶ原へ、男体山が目の前に見える三本松駐車場で小休止。この後竜頭の滝を見物後再度立ち寄り此処で食事。
駐車場は空いていて駐車の車もちらほら,戦場ヶ原散策の一番良い場所なので紅葉シーズンは駐車は難しいか?。
戦場ヶ原から竜頭の滝まで下る、昔紅葉時に来たことがある.。滝の景色は紅葉時と違って鮮やかではないが岩を挟むように流れ落ちる水量の多い瀑布はさすが日光名所の滝だけはある。
竜頭の滝上流の橋からの展望、遥かに中禅寺湖が見える此処は撮影スポット。此処には竜頭の滝口から流れに沿って上がる道が続いている、昔はその道を登って橋まで上がったが今はそれも無理、已む無く車で上る。
橋の直ぐ脇に駐車場が有り、下るときにはつい見過ごして反転できず滝の口駐車場まで降りてしまった。
修学旅行の子供たちやバスツアーの観光客で滝の茶店は混雑していた、此処の風景は昔と変わらない。
何回か此処は訪れているが、今回初めての発見が有りました。茶店の屋根に鶏と龍の像が乗っているのに気がつく、滝を見るには下ばかり眺めるわけだから、よほど暇人か変人で無いと上を眺めたりはしませんな。(笑)
龍は黄金の玉を抱いている、鶏も龍にも何か謂れ由緒があるのだろう。屋根の龍と鶏に気がついた人はそんなに多くはないのではと思う、貴方はいかがです?
竜頭の滝見物を終えて三本松駐車場の食堂で食事休憩の後121号線を金精峠の方向へ戻り湯の湖温泉郷、森のホテルにチエックイン。

   (三本松駐車場の東側の風景)
ホテルの夕食までの時間を付近散策に出かけ、湯の湖の岸へ、湖では貸しボートでルアー釣りをやっている人がいる、「釣れましたか」と訪ねると、此処では釣って直ぐリリースするそうで、魚は見ることが出来ませんでした。
湖岸の立看板に自然保護の注意書きがあり納得。
奥日光には有名な温泉寺があると聞いて散策の足を伸ばしました、湖岸からも近く歩いてゆけますが、近くのビジターセンターの駐車場に車を止めてお寺に向かいました、参道には石灯籠が並び由緒ありそうな雰囲気です。ところがお寺の入り口にはなんと本日はお休みと張り紙が??
お寺に休みが有るのかなと不思議でしたがここは立ち寄り湯が出来る温泉でお寺にある温泉として有名なところ、たまたま月曜日で営業休みだったようです。観光案内によるとこの寺は日光輪王寺の別院になっていて9世紀ごろから知られている古い寺だそうです。
門前から引き返そうと思いましたが裏山付近に小屋のようなもの見え、子供の声がしたので沼地に掛けられた木橋を渡って行くと硫黄のにおいがして小さな木作りの小屋が見えます。
ここは湯の湖温泉郷の源泉でそれぞれの温泉宿屋ホテルの湯をここから引いている場所でした。立ち上る湯気に陽光が当たり虹が出来ています、急いで狙って見ましたが虹は直ぐ消えてしまい残念!
2日目  裏磐梯へ
2日目 ホテルを朝9時半チエックアウトし大内宿経由の裏磐梯へむけて出発、途中華厳の滝、を拝見、近くの駐車場から滝に通じる小道の脇には九輪草が咲いています、ここは標高1200m程の高地なので花の形もこのような形のようです、九輪草はサクラソウ科の花で春から初夏に掛けて高地に咲く多年草、花の色は色々。最近では家庭でも育てられているそうです。
おなじみ華厳の滝、水量が多く見ごたえがあります。プロと思しき写真家がじっくり構えて狙っていました、邪魔をしないように早々に退散。
標高標識の横に石楠花が咲いています、高原に来ていると言う実感が一層深まりました。(アズマ石楠花)
華厳の滝を見たならばその源の中禅寺湖を見ずに通り過ぎるのは日光に失礼とばかり、歌が浜まで廻って寄り道し遊覧船発着場前にて中禅寺湖をカメラにおさめ湖に一礼、直ちに出発、東照宮へ。
車窓から眺めた男体山、二荒神社鳥居前交差点。
第Tいろは坂を下り日光市街へ入ると東照宮前、旗を振る人に誘導されて知らぬ間に駐車場へ。誘導されたのは土産物屋さんの駐車場、みやげ物用購入券1000円を買わされる、誠に商売上手、まあどうせいくらかはみやげ物を買うのだからと車を止めていざ東照宮へ、とここでも商売上手な駐車場管理人が東照宮拝観券を一括で買ったほうが安いですよと勧められ購入、これは後で後悔する羽目に。
日光東照宮は広く時間が無くなりそうで輪王寺も通り過ぎて拝観せず。
一括の回数券は薬師堂、二荒神社、輪王寺三仏堂、輪王寺大猷堂と東照宮が参拝できて1000円ですがこのうち使ったのは東照宮のみ。
東照宮はせいぜい30分もあれば廻れると思っていたのが間違い、広すぎて全部廻るにはここで一泊しないといけない、今日中に大内宿、裏磐梯高原に着くには、東照宮も拝むだけと判断、せめて写真だけでもと、もっぱらカメラで参拝の有様。
石門を見上げて記念撮影、日光東照宮は陽明門の絢爛さばかり喧伝されておりその影響もあって、世界遺産とはいえあまり好きには成れない所でしたが、こうして参道まで実際に来て見ると、どこか伊勢神宮にも似た荘厳さが感じられ少し考えを改めました。
五重塔
下神庫前、修学旅行の学生や外人観光客の姿が結構多く見られました。
時期的には観光閑散期なのか、混雑するほどの観光客はいません、散見する観光客は修学旅行の学生のほかは年配者がほとんどのようです。
本殿、陽明門を参拝しようと近くまで行きかけましたが折悪しく修学旅行の学生が団体で上るのを見てあきらめ遠くから陽明門らしきところをカメラに納め参拝の代わりにしました。
三猿物語のうち最も有名な「見ざる、言わざる、聞かざる」

8枚の場面があって一生を表していると聞いていましたが初めて全部の場面を見ることが出来ました、すべての場面は撮影できずに終わりましたが、十分満足しました。
母親猿が手をかざし小猿の将来を見ている場面
大きな志を抱いて天を仰ぐ、「青雲の志」場面
東照宮参拝はあらかじめ購入した券の5分の1を使っただけで時間を気にして東照宮以外は参拝をあきらめツツジの咲くまかない坂を下り駐車場へ戻る、駐車場管理人があまりに帰りが早いので愕く。駐車場代の1000円券を使いに指定の土産店に行き買い物を済ませ、いざ出発・・大内宿はまだ遠い・・急げ急げ!!!
121号線は渓谷あり川ありの景色も運転も飽きない道、あらかじめネットで検索しておいた情報が大変役に立った。
日光今市から121号線は川治温泉、会津東街道、山王峠と続き、田島町まではおおむね対向2車線の狭い道だが車も少なく快適なドライブ、湯野上温泉から大内宿へは4キロほどわき道になるが迷うこと無く大内宿に着く。
今回の旅の目的のひとつが大内宿観光だが来て見ると一見して大内宿は観光ナイズされた所の感じだ、いかにも昔の村里といった風景だが道両側の民家はほとんど土産売りの店か食事処で町全体が整備されすっきりした印象を感じる、電柱が無く道が広いせいかもしれないが。
1981年に国から保存地区に指定された事からこの町全体で村おこしを実行し今のところ成功しているように感じられるが季節によって観光客の数が変化する、特に冬場はかなり厳しいのではないか?
国重要伝統的建造物群保存地区に指定されているため街道に面する全ての民家が茅葺の屋根になっており僅かに2軒ほど瓦屋根の家があるがこれもまもなく茅葺にするとのこと、最近に新築された家であるのだが。
かっての会津西街道の宿場町を再現した街道脇に40軒ほどの民家があり江戸時代の風情を見せているがどこと無く明る過ぎて風情が軽く見えたのは天気がよかったせいなのか。
道の両側に流れる小川と言うか通水路を利用した販売機?
どの店もおおむねおなじ民芸品、地産物を売っている、家の古さには歴史を感じるが看板が一寸綺麗過ぎるようだ
食事どころの座敷から見た街道、江戸時代もこのような風景だったのだろう
焼団子を売る蕎麦屋さん、この店で蕎麦を味わう。まあまのお味であった
大内宿の名物は蕎麦や豆、山菜等が特産品のようです、そのほか民芸品が数多く並べられていて、つい買ってしまうようだ、店の前には床机が出ていて観光客にサービスの試食を出している。
民芸品や地産物の販売はどの店もおなじ品数なので売る方も大変なようだ、他の店と対抗するには朴訥な田舎風だけでは駄目のようでこの店の売り子は都会慣れしたなかなかの商売上手だった。
客の目を引くのも色々工夫されていて、面白い。
店内から売り子の仕事振りを拝見、立ちっぱなしでご苦労さんです、焼団子の香がお客を誘う様です。

大内宿の観光は1時間程度で十分堪能、最終目的地裏磐梯へ出発
大内宿から121号線を北上会津若松市内を抜けて裏磐梯ゴールドライン「有料」経由ホテルに着く、ゴールドラインは対向車1台のみの閑散路だったが、カーブが多く道も狭い景観も期待できず道選択に失敗した感あり。
大内宿から約60キロを走破し17時20分ホテルに到着、四季倶楽部のこのホテルは料金が安価なわりには部屋や設備、食事も三星の評価。夕食のイタリヤ料理は大変結構だった。
ここではゆっくりと時間を過ごして、温泉につかるのが目的、宿泊客も少なく静かな宿で安らぐことが出来た。
3日目   喜多方へ
部屋の窓からは磐梯山が望めます、この辺りは別荘地や保養所が点在しているところ、夜間は照明なしの道は暗く日没後ホテルを探すのは困難、おなじ日の夕遅く到着した人がいたがホテル探しが大変だったようだ。
鶯が鳴き、小鳥のさえずりのみが聞こえる朝、付近を散策ゆっくりしたひと時を過ごし10時チエックアウト、下山のコースは来た時の有料道路を敬遠、喜多方市内へ下る459号線を使うことにした。
桧原湖の南を廻って近くに裏磐梯道の駅がある、立ち寄って風景を眺めることにした、時間が早いので道の駅内はまだ準備中の様子、閑散としていて車もほとんどいない。
遠方だが桧原湖がわずかに展望できる、樹木や草の緑まだ色浅く,付近には八重桜が咲き、蕨が道の脇に顔を出している。

459号線は道幅広くカーブも緩やかで走りやすい、来た時とは比べ物に為らないほど楽なドライブだ。次回はこの道をを使おうと思ったが、果たしてまた来る機会があるかな?
磐梯山下山路の途中に飯豊山系の雪を被った風景が素晴らしい、もっぱら助手席の家内がビデオ係で懸命に写すがカーブで体を振り回され苦戦
下山途中は飯豊山系の雪山の風景は取れなかったが市内に近くなって遠くにかすかに望むことが出来た、車窓から信号待ちの機会に一こまやっと撮影。

30分ほどの快適な走行で喜多方市内に入る、車も多くなり信号も多い、スローダウンの走行でとりあえず喜多方駅に向かう、駅には観光案内があるのでそこで案内をしてもらうことにする。
市内のおおむね大きい道路を走り標識を見ながら駅に向かう,喜多方駅は小さな駅で駅前駐車が出来るのか不安だったが、一時停車で勘弁してもらおうと、駅の真ん前に停車、家内が急いで観光案内に走る。5分ほどで案内地図をもらい、地図を頼りに市内駐車場探しに出かけるが、適当な駐車場が見つからず、やむなく大きなスーパーの駐車場に止めて近くを観光することにした、有料なのか無料なのか判らずやや気がとがめたがそのまま観光に出かける。
スーパーの近くに大和川酒造北方資料館があり数名の団体客の後ろにくっついて見学することとなった、30分ほど一緒に説明を聞いていたが一つ一つの銘柄の酒の説明販売に成りかけてきたので途中で退散。試飲は残念ながら出来ないので、店の前の名水とやらを飲んで喜多方市内の観光はお仕舞にした。
喜多方ラーメンは結局適当な駐車場が見つからず市内では味わず、郊外の大型店ふぶき亭で味わうことに成った。
ふぶき亭ではお勧めの醤油ラーメンを食べたが、特に感想はない。

喜多方からの帰路は磐越道ー郡山ー東北道の高速を使って我が家には日没前の夕陽を拝んで安着。

奥日光〜裏磐梯の二泊三日の旅行は往復総行程850キロ怪我も事故も無く無事終了快適なドライブを満喫した。

                じんさん 記


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN