本文へスキップ

 


 
  
平成19年3月28日天皇皇后両陛下が来日のスエーデン国王夫妻と共に川越を御訪問と聞き歓迎をかねて写真を撮ろうと出かけました。午前10時本川越駅前には早くもご一行を歓迎の人波で大混雑、今朝の6時にはもう待っている人がいるようです。当方の見積もりが甘かったのに後悔しつつ急遽拝顔できそうな場所へと人波を掻き分け移動
本川越駅前広場には御訪問歓迎の旗に混じって天皇陛下万歳の幟も
陛下ご一行の通過する市内本通では片側に通過を待つ市民が。道路の向側は規制されて立ち入り禁止。10メートル置きに警官が警備の物々しさ。
まもなく通過・・・・シャッターチャンスを逃がさんと構えて待っていましたが、3台目の車と言う巷の情報に惑わされ目標確認に迷っているうちに陛下の車は目の前に・・・あっという間に通り過ぎてしまい、かろうじてスエーデン国王と陛下の車を撮影出来ましたが、逆光と窓ガラスの反射で陛下のお顔ははっきり写せずご覧のとおり、残念でした。
続いて王妃と美智子妃殿下のお車ではベストチャンスを逃し、わずか美智子妃殿下の右手のみ撮影。歓迎のついでに皇室を撮影しようなどと恐れ多いことでした(笑)。追っかけ素人には無理ですね、追っかけでたびたび良い写真を撮って居られる人が話題になりますが、この人たちの撮影技術、忍耐力、体力、熱意のすごさが判りました。
 御一行は蔵の街並みを散策され、時の鐘や江戸時代を偲ばせる蔵作りの商店などをご覧になり「時の鐘」近くの交差点で行われた川越祭りの山車の囃子の競演を見物された様ですが当該場所は立ち入り規制で入れませんでした。写真は川越名所のひとつ、「時の鐘」 (日本の音の百選に選ばれています)
山車の囃子の競演「曳っかわせ」に出かける前の山車、これも警備陣と多数の見物者でこれ以上近くまでは行けませんでした。
この山車の左前方の道を行くと上の写真の「時の鐘」が右側に見えます。
本通の旧埼玉銀行前の街路で「曳っかわせ」が展示披露されるようですが、本日は立ち入り出来ませんので1ブロック先からズームでの遠望撮影、下面の人影は警備の人と行事関係者だけのようでした。
上の写真の場所はこの写真の所(旧埼玉銀行前)です。毎年秋に行われる川越祭りの山車の競演はこのように行われます、祭りのときはこのように多くの見物客で一杯になります。(平成18年の祭り時の写真)今回の訪問でも3台の山車による競演が展示されたようです。
陛下御一行は午後に「春日局の化粧の間」のある名所喜多院を訪問されました、但し一般人は当日は立ち入り禁止でしたので入れませんでした。(写真は喜多院境内の一部です平成18年秋に撮影) 喜多院ではちょうど枝垂桜が見頃ですのできっと桜を鑑賞されたことでしょう。
以下の写真はNHK及びフジテレビのニュース画面から複写
3月28日天皇皇后両陛下は来日のスエーデン国カール16世グスタフ国王、王妃を案内し川越市を御訪問(写真はスエーデン国王)
スエーデン國シルビア王妃と美智子妃殿下が歓迎の子供達から花束を受ける
川越市内を散策後喜多院を御訪問
天皇皇后両陛下(喜多院訪問)
陛下とスエーデン国シルビア王妃
陛下ご一行は喜多院内で満開の枝垂桜を鑑賞され16時頃電車(西武鉄道)でご帰還


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN