本文へスキップ

 

天国の花園シャングリラの旅


 
平成19年6月21日から27日まで中国の広州、昆明経由雲南省の麗江とチベットに隣接したチベット族自治州シャングリラに高山植物の花を見る旅に出かけてきました。「天空の花園巡り」と称したツアーで参加者21名そのうち男性は3名でした。   写真と記事:土屋
  
写真は麗江到着後リフトで高地に登りフラワーウオッチングをしながら撮った写真です。
ラマ教寺院と後ろに見える山は麗江のシンボルといわれている玉龍雪山5,596mです。
麗江はその町並みと文化遺産によって1997年ユネスコの世界文化遺産に中国で初めて登録された地です。日本の飛騨高山と姉妹都市にもなっているそうです。
この地は少数民族ナシ族が多く住んでおり、現在でも世界で唯一象形文字が使われているそうです。
麗江からシャングリラまでバスで移動する途中、長江(揚子江)の上流で地形の関係で流れが135度方向転換している地を通り、町の見学をしたり昼食を取ったりしました。
ガイドの話ではこの河の流れの転換点を長江第一湾と呼び、子供たちにも学校で教えているとのことでした。中国三千年の揚子江文明の源がここにあり、この河が南下しベトナム方面に流れていたら中国の歴史は変わっていただろうと。
この地域は川幅も狭く浅いので国民党軍と共産党軍の内戦の際、チベット族の現地住民が共産党軍の渡河を助けたと、その記念碑が写真のように建てられていました。
写真に写っている河は金沙河と呼ばれ長江(揚子江)の上流にあたる湾曲部です。
当日街では市場が開かれていましたが路上で歯医者らしき女性がお年寄りの歯の治療をしたり、燕の巣を売っていたり、桃太郎の昔話に出てくるような先の尖った桃を売っていたり
目を楽しませてくれました。
シャングリラ(香格里拉)は、イギリスの作家ジェームズ・ヒルトンが1933年に出版した小説「失われた地平線」に出てくる理想郷(桃源郷)の地名で、その小説の内容からして雲南省のチベット族自治州中甸県(ちゅでんけん)あたりではないかと、2001年雲南省が観光目的でこの中甸をシャングリラと変更したのだそうです。
シャングリラは三千メートルの高地で中国雲南省チベット族自治州。住民のほとんどはチベット族で住居もチベット式で宗教もラマ教でチベットに来たのではと思える様子でした。
写真はシャングリラに着いて最初のお花畑。現地の家族が花の中で遊んでいました。
家族が遊んでいたお花畑のすぐ近くの小川のほとりは写真で花盛りでした。
我々老人グループも嬉々として花の中を散策しました。
シャングリラで4輪駆動の車に分乗して出かけた4千メートルの高地の花園です。
シャングリラでは日本の東北の蕗のように道端や高地に野生のアヤメが一杯咲いていました。日本ではアヤメと言うと湿地に生えると思っていましたが中国のこの奥地では乾燥した場所にも沢山咲いていました。
手前の青紫色の花はアヤメで少し高い赤や黄色の花は桜草です。
この写真には写っていませんがこの草地には黒豚が放牧されていました。
奥のほうの建物には人が住んでいました。夏場に放牧や薬草取りのために来ているのだとのことでした。
電気もななく子供もいましたが学校はどうしているのでしょう。
アングルを変えた写真です。
シャングリラの3日間の花園巡りを案内してくれたチベット族のガイドは日本語が話せませんでしたが高い声で良く歌を歌ってくれました。
彼女の話はずっと中国で同行してくれた漢族のガイドが通訳してくれました。彼は30歳くらいの男性ガイドで、中国の大学で日本語を学んだと言っていましたが、全く日本人と変わらない程日本語が上手く、機知に富み、その語学力には驚きました。
4輪駆動の車で高度4千mの地に出かけました。
山径を登ると突然花の絨毯が目の前に広がり、皆な思わず歓声を上げました。
写真は赤い桜草です。
がたがた径なのでなかなか上手く写真が撮れませんでした。
他にも黄色の桜草やアヤメがじゅうたん状に咲いていました。
ブルーポピー
この花はケシ科で雲南西北部の3000〜4000mの砂礫斜面の林中に沢山生育しておりましたが、近づいての写真撮影は困難でした。
の花は黒っぽく全くきれいとはいえないものです。
しかし今回同行した花に詳しい人の一人は今回見た花のうち最高のものと言っていました。
和名は分からないのですが「マンドラゴラ」と言うナス科の植物。この種の植物は世界に4種地中海地区からヒマラヤに分布し中国にはこの一種のみとのことです。
シャングリラのアヤメは雑草の代表格のような感じでしたがある地に案内され一面のミニチュアアヤメには驚きました。
たけ10〜15センチ位、それがちゃんと写真のように花を咲かせ一面に咲いていました。
ヒオスキアムス中国名「天仙子」ナス科地中海から東アジアに分布15種、中国には3種、葉、根、種子は薬用鎮痛、咳止め、麻酔効果だそうです。
アステル・バタンゲンシス キク科
山の雑草
赤い花はユリ科のノモカリス・フォレスティー
添乗員に危ないから止めて下さいといわれながら撮ったブルーポピーの激写です。
イエローポピー
ガイドが青いのは多いが黄色は珍しいと言っていました。
この花も崖を少し登って撮りました
黒百合
この花は目立たないように他の木の陰に隠れるように咲いていました。
数多く咲いている場所でもそれぞれの花が離れて咲いていました。
シャングリラでは「しゃくなげ」と「つつじ」も有名だそうです。
その数たるや全山を覆い大変な数でした。
今回、これらの花の最盛期は終わっていましたが場所によっては花が少し残っていました。
写真は黄色のしゃくなげで数少なく珍しいそうです。
赤やピンク、白のしゃくなげは沢山あるそうです。
イギリスのエリザベス女王が雲南省を訪問されたことがあるそうで、その際の記念に
この黄色のしゃくなげの木をイギリスに送ったとガイドは言っていました。
4月から5月初めにこの地を訪れると素晴らしい眺めに会えるとの事でした。
つつじは珍しくありませんがいい色の花がありましたので撮りました。
見てください。
野生のつつじの数、全く驚くほどの数でした。
らん系も沢山ありました。この花は中国名「黄花杓蘭」別名「貴婦人のサンダル」とも言われているそうです。日本の礼文アツモリソウと同じものと思います。小生礼文訪問時この花を見ることが出来ませんでしたので今回の出会いを喜びました。
シャングリラでは現在でも鳥葬が行われているそうです。
山ノ上に見えるのが鳥葬の場所を示しているそうです。
しかし誰でも鳥葬で葬られるのではないそうです。
鳥葬にするにはラマ僧の審査を受けて認められなければならず、穀物が沢山要りお金がかかるそうです。
鳥が食べやすいように加工するそうで、それをするのはラマ僧で家族は立ち会えないそうです。
肉の部分は穀物と混ぜカラスが受け持ち、骨の部分ははげたかだそうです。従って骨もつぶすそうです。
高等な葬儀方法とのことです。
シャングリラの郊外にはチベットのポタラ宮を模したラマ教の寺院、松饗寺が在りました。
ミニポタラといわれているそうです。



JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN