本文へスキップ

 

渡良瀬公園〜奥只見の里へ


 
GW初日の癒し旅は館林・つつじが岡公園の見事なつつじをみてから渡良瀬遊水地に行きました。

渡良瀬遊水地は栃木、群馬、埼玉、茨城の4県にまたがる面積33平方km、総貯水容量約2億立方mの我が国最大の遊水地です。もともと本遊水地は、明治中期以降の足尾鉱毒事件に端を発し、谷中村の廃村にいたる一連の出来事の中にその生い立ちがあります。その後、幾多の計画と事業をへて現在の姿となったもので、その事業期間は実に一世紀近くにおよびます。
 現在は、治水・利水の機能の他に、一大リクリエーション施設として多くの人々に親しまれています。その、規模の大きさには圧倒されます。春先の野焼きは有名。谷中村は明治22年に出来た村で栃木県の最南部に位置し渡良瀬川、巴波川、思川に囲まれた洪水常襲地帯であった反面肥沃な土壌を洪水が運んでくるため農地は全く肥料を必要としない程の沃田とも言われた。しかし明治10年頃から渡良瀬川上流の足尾銅山から流失する鉱毒により、農作物や魚に被害が続出し明治20年以降には銅山の生産が増大するとともに、その被害は渡良瀬川沿川の広範囲に及び農作物の立ち枯れや魚の斃死等被害は想像を絶するものがあったそうです。このため栃木県出身の衆議院議員田中正造は被害状況を国会で訴え天皇への直訴でいわば公害運動の原点とも言われております。
被害民の足尾銅山の操業停止要求に対し富国強兵政策をとる時の明治政府は遊水地設置の政策を決定し、谷中村はその大半が遊水池となることになり二束三文での買収は明治39年から開始され反対する者は強制的に家屋を破壊して事実上廃村となったそうで国家権力というものには時として恐怖感さえ覚えます。
のんびり過ごした後半癒し旅行のスナップは・奥只見編です。     横須賀市:早瀬 勇 写真と文
  
写真は昔の日本の農村風景、童謡の中に出て来そうな景色が今も残り100年前の子供が道の向こうから歩いて来そうな気がします。
旧谷中村の里山風景(ここをマウスでダブルクリックして、文章を入力してください。)
館林つつじヶ丘公園
つつじヶ丘公園
つつじヶ丘公園
ブナ林の新緑に映える越後三山只見国定公園

奥只見は国定公園内にあります。越後駒ケ岳、中ノ岳、八海山、荒沢岳といった2,000m級の山々が連なります。さらに尾瀬の燧ケ岳や至仏山、平ケ岳といった百名山、二百名山が数多くあり、高山植物も見られます。日本海側に広く分布するブナの木が奥只見の主要な樹木です、
ブナの新緑と残雪
まだ道脇に残雪が
越後三山の勇姿
虚空蔵岩の偉容
ダム建設による水没前には虚空蔵菩薩が祀られ、38世帯住民たちの自然信仰の対象として崇められていました。 切り立った岩にオーバーハングした姿はいかにも神が宿りそうな気が
します。
燧が岳

尾瀬沼はこの燧が岳の噴火によって出来た沼で只見川を経て奥只見湖につながっています。
水芭蕉が咲いていました
奥只見ダダムを作るために全長22kmのうち実に18km、19のトンネルをつなぎあわせてシルバーラインは建設されました。昭和32年に完成し、江戸時代に奥只見で銀が取れたことから「シルバーライン」と名付けられました。今なお岩肌が露出している個所があり、建設当時の苦労が偲ばれる貴重な遺産です。
シルバーライントンネルのなか
越後三山にはまだ残雪が多い
奥只見湖

昭和36年に完成した日本一の貯水量を誇る人造湖。江戸時代に銀鉱があったことから「銀山湖」とも呼ばれております。福島県・檜枝岐村と新潟県・魚沼市に跨る。



JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN