本文へスキップ

 


 
     5月24日リンゴの木のオーナー開会式に参加のため信州へ

安曇野はリンゴとわさびの故郷、道祖神があちこちに点在し水と空気の美味しい風光明媚な安曇野郊外の初夏を訪ねて見ました。
  
5月24日(土曜日)は太平洋沿岸東進の低気圧と前線の影響で気象予報は雨の怪しい天気、前日まで良かった五月晴れと打って変わって諏訪湖まで来た時点でついに小雨がぱらつきだしました。対岸の諏訪神社あたりも霞んでハッキリ見えません。諏訪湖PAで小休止と昼食。PA内には諏訪湖温泉がありました。
中央道岡谷JCから長野道に入り松本を過ぎて豊科インターを出るとIC付近の白鳥のモニュメントが目に付きます、当地には御宝田遊水地や犀川白鳥湖があり冬季には白鳥が越冬するとか。
大王わさび園前の風景・豊科、穂高、明科地区は安曇野わさび田湧水群と言われ名水百選に選ばれている風光明媚な地域、田植えを終えた田圃には満々に張られた水があたりの景色を写して素敵です。
大王わさび農場正面にある魏石鬼八面大王のモニュメント。大王の名前の由縁はその昔当地方に住んでいた魏石鬼八面大王が大和朝廷の迫害を防ぐために立ち上がった英雄で大和朝廷の坂上田村麻呂軍と戦い敗れましたが当地方の守護神と崇められたことから当地方に大王の名前が残ったそうです。坂上田村麻呂が当地方に侵略していたとは思いもよらなかったですが地名に付き物の伝説には面白いものがありますね。
わさび田に張られた黒い遮蔽膜の下には清らかな水流と若緑のわさびが隠れています。なんとなく黒い反物の友禅流しの様な風景でした。
緑のわさびの葉が遮蔽幕の下に見えます、砂地の下には大きいわさび育っているのでしょう。
わさび園内に有る道祖神。安曇野にはあちこちに道祖神が祀られていると聞き楽しみにしていましたが、最初の訪問地で早速お目に掛かれました。
園内を流れる蓼川の流は緩やかで岸辺の緑樹の影が映り水車がゆっくりと廻る景色にしばらく見とれてました。川の面に白く光るものはポプラの木の綿毛、園内のポプラの木から飛んでくる無数の白い綿毛が当たり一面に散っていました。
農場内には売店や、わさび漬け手作り体験場などが有り結構楽しく時間を過ごせます、わさびソフトクリームは爽やかな清涼感がありました。
安曇市内を流れる万水川(写真右奥の川)は園内にも流れてここで手前の蓼川と合流しています、万水川の流速は蓼川よりは早く合流点では川の半分がそれぞれ色が違って水流の違いがよくわかります。万水川はやがて穂高川や高瀬川と合流し犀川に流れ込みます。
明科地区で一泊した翌朝、雨上がりの朝靄の中、わさび田地区を出てりんご園に向かう途中の郊外は、もやに包まれさながら絵のような景色。郊外は広域農道が市郊外中心を南北に貫いていて、道幅も広く車の走行は快適でした。
リンゴの産地室山地区には21箇所以上のりんご園が集まっていて、山麓から東側台地にかけて広大なリンゴ畑になっています。写真正面(西方)には常念岳や北アルプスの峯が見えるところですが、この日は残念ながら曇り空で展望できなかったのは残念至極でした。
摘果前のリンゴの木。摘果は中心の実一つだけ残して後は全部を切り取るそうですが、なんだか可哀想で出来ないわと心優しき家内は摘果作業拒否。摘果しないとリンゴは大きくならないのです!!
  
1本のリンゴの木のオーナーになって木に名札をつけて秋の収穫を祈りながらリンゴ畑を後に安曇野の近郊散策に出発。山麓線を北上し名湧水の万願寺で名水を汲んで再び湧水地区に戻りわさび田付近の「水色の時道祖神」を拝見。道祖神の周りは田圃だけの田園風景、見晴らしの良いところです。天気がよければ後方にアルプスの残雪の頂が見えるはずですが!!。ところで道祖神といえば安曇野道祖神図鑑には市内の132体の道祖神が載っているようです、さて全部を見て廻るには何日掛かるのでしょうかね。
  
水色の時道祖神から少しはなれた所の早春賦の碑を訪ねました。碑は穂高川に面する西岸の堤防上に3基あり後ろの山系を望む写真は雑誌などで目にすることがありましたが、実際に来て見るとまた格別の趣があります。ここも安曇野名所のひとつでした。中央の碑と右の碑との間には早春賦の音楽を奏でる装置があります。ボタンを押すと、「春は名のみの風の寒さや〜♪♪」とメロデイが流れます。
   早春の賦碑から穂高川を望む。 雲の向うには穂高山系が見えるはずです。
高速長野道豊科インター近くには安曇野スイス村宿泊案内所がありスイス村ワイナリーやホースランドが併設されていて、駐車して休憩するには最適なところ。
  
ホースランドは厩舎近くまで無料で入れます、厩舎の左の馬は5歳馬、右は19歳馬とか、どちらもおとなしそうでした。
ここでは体験乗馬が出来ます。19歳馬に乗っている子供は幼稚園年長組?6歳くらいのお子さんでしたが「怖くないよ」と笑顔で応えてくれました。遠方の山並みの向うは常念岳の白い山頂が見えただろうと想像します。
わずか一日半ほどの安曇野の旅でしたが綺麗な空気と水に囲まれた安曇野の土地にすっかり魅了されてしまいました。「最近は都会から当地へ引っ越して余生を安曇野で過ごしたいという高齢者家庭が増えている」と宿泊した施設の市職員が話しておりましたが出来ることなら我が家もそうしたいなと一瞬頭をよぎるものが有った安曇野の旅路でした。   じんさん記  20年5月25日


































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN