本文へスキップ

 

川越の正月松飾2007年


 
              2008年  1月
新年あけましておめでとう御座います、穏やかな天気のお正月を迎えました、おせち料理を満腹したあと川越の街の正月風景を見に出かけレトロな街の松飾を写真にとってきました、それぞれのお店の創作松飾が近年川越の名物になっています、そのうちのいくつかを紹介します。
  
電信柱の無い蔵の街中央通です、右の建物は、旧埼玉銀行(現在埼玉りそな銀行)
 中央通の歩道には木柱が立てられて、正月らしい飾りつけがされています。
レトロな街のレトロバス
川越で一番の老舗菓子屋亀屋さんの門松、亀屋の意匠を表現しています。
老舗陶器屋さんの門松
小物専門の品を扱う布遊会の門松、着物の帯地のようです
美術品、額縁や骨董を扱うフカゼンさんの門松
木工専門店の門松、お手の物でしょう昨年も同じでした
着物専門店かんださんの門松は竹で人を表しているようですね。左の飾りは簪が。
老舗甘味処右門さん、毎年少しづつ変わっていますが街中で一番大きい飾りです


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN