本文へスキップ

 

安曇野りんご狩りの旅


 
今年の5月初夏の安曇野りんごの樹のオーナー開園式に参加した様子は初夏の安曇野散策にアップしましたが今回はそのりんごの収穫に行ってきました。今年は豊作だそうでどの樹にも枝もたわわに赤い実がなっています。わがじんさんのりんごの樹はたった1本ですが約300個のサン富士が収穫できました。天候にも恵まれ暫しりんごの収穫に夢中になったひと時でした。翌日は里山の紅葉をめでながら上田市経由関越道で帰りました、帰路の様子もご覧ください。  10月18日 安曇野
  
サン富士は袋を掛けずに育てるそうです、そのため日光に当たって甘みが増すとか。
じんさんのりんごの樹
樹齢30年の老樹ですが大きな実をつけてがんばっていました。
収穫:
 はしごはりんご園で用意してくれます。樹高もあまり高くなくもぎ取りも容易です
比較的大きな実がなっていました。
選別作業です。
発送用の梱包や籠もりんご園で用意してくれます。
安曇野の里山は紅葉の真最中でした
翌日大王わさび園に立ち寄り晩秋の水車小屋風景を撮影、5月に訪れた時とまた違った趣がありました。
道祖神もなにやら寂しげです
5月時では黒い遮光幕で覆われていましたが緑鮮やかなわさび田が見られました。
安曇野からの帰途143号線を上田に向けて走行、箱根の坂も顔負けの九十九折の隘路は黄色一色まさに紅葉ならぬ黄葉の道でした。143号線中の里山です。山と山の会間に忽然と現れる数戸の民家はどのような暮らしを営んでいるのでしょうか。

143号線の松本市から上田に向けてかなり山中に入ったところの中川町にある長野県指定の天然記念物の大銀杏の木です樹高25メートル木の周り5.34メートル。
峠の目印になっているようです
横川大銀杏の峠は穂高連峰がはるかに望めるビューポイントです
横川峠から見える遠方の山並みは穂高連峰
松本市郊外の里山風景
セザンヌの絵に出てきそうな風景でした。
上田市では紅葉祭りの最中の上田城を見物、真田十勇士の格好をした観光協会の人たちが上田市のPRに勤めていました。上田城は本丸はありませんが立派な楼門があります。
紅葉に映える楼門
真田戦記に出てくる真田の抜け井戸。
子供のころ読んだ真田幸村や霧隠才蔵や猿飛佐助の武勇伝を思い出します。
井戸には鉄製のふたが被せてあり覗いて見たところ思ったより浅いところに水面が見えましたが抜け穴は見えませんでした。
上田城西櫓からの上田市街の眺望。
はるか遠くのアルプスを思いつつ帰途に就きました。

JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN