本文へスキップ

 

西オーストラリアの花を訪ねて

2008年8月  土屋
 大分しのぎよくなってきましたがお変わりありませんか。
小生8月31日から9月7日まで西オーストラリアのワイルドフラワー見るツアーに参加してきました。
今年は冬場雨が多く10年ぶりのワイルドフラワーの当たり年とのこと沢山の花を見ることができました。
西オーストラリアのワイルドフラワーは12,000種類と言われ、その内8割が固有種とのことでした。撮った写真も今までの海外旅行のうちで最高の枚数で花づくめです。
この写真の外にも本邦ではなかなか見られない珍しい花がたくさん有りますが今回の旅行で撮影したいくつかを披露いたします。  土屋行正

 
今回、花がきれいだと聞いていたので西オーストラリアに行くことにしたのですが、西オーストラリアがどんな所なのか全く知らず、州都がパースと言う町であることも知りませんでした。
しかし、パースから車で30分の所にフリーマントルがあることを知り、毎年砕氷艦「しらせ」が寄港しており、名前だけは知っていたので少しは親しみを感じて出発しました。シンガポール航空で成田発、シンガポール経由パース着。
6泊7日の日程でパースを出発、約1000キロの行程をバスでワイルドフラワーを見ながらシャークベイまで、帰りは内陸部を通って花を見ながらフリーマントルまで南下最後の日はフリーマントルに泊りました。
西オーストラリアのワイルドフラワーは12,000種類と言われ、その内8割が固有種とのことでした。
今年は花の咲きが早いとのことで私たちの着いた時が盛りで大いに楽しみました。その様子を少しお見せします
  
先ず、西オーストラリア州の州花と言われている   「レッドアンドグリーンカンガルーポー」
   その仲間の「ブラックカンガルーポー」、「レッドカンガルーポー」
  カンガルーの手のひら形をしているのでしょうか。
「レッドカンガルーポー」
西オーストラリア州の州花と言われている   「レッドアンドグリーンカンガルーポー」 カンガルーの手のひら形をしているのでしょうか。
「ブラックカンガルーポー」、
「キャッツポー」
オーストラリアらしい花を少しお見せします。
 先ずユーカリの一種「モトッレー」と「ガングルー」 次に「ホワイト・プルーム・グラビレア」 それに「エイコン・バンクシア」とその実 

ユーカリの一種「モトッレー」
「ガングルー」
「ホワイト・プルーム・グラビレア」
「エイコン・バンクシア」とその実
「エイコン・バンクシア」の実
種を取ろうと試みましたが全く硬く手に負えませんでした。
特に感激して見た花
 ラン科「パープル・エナメル・オーキッド」 ラン科「カウスリップ・オーキッド」 南十字星と言う素敵な名前を持った「サザンクロス」 可憐な「ホワイト・バージン」 清楚なユリ科のつる草「トオワイニング・フリンジ・リリー」

 ラン科「パープル・エナメル・オーキッド」
 
ラン科「カウスリップ・オーキッド」
南十字星と言う素敵な名前を持った「サザンクロス」
可憐な「ホワイト・バージン」
清楚なユリ科のつる草「トオワイニング・フリンジ・リリー」
花の群落に咲いている花がどんな花なのか写真の一部をお見せします。
一般にエバーラスティングといわれている「ピンクサンレイ」。キク科の「ゴルデンロングヘッド」と「ケープウイード」。かさかさした感じの「マラマラ」。可憐な「ウエルス・ダンピエラ」。最後が「ポンポン・マラマラ」

エバーラスティングといわれている「ピンクサンレイ」
「ゴルデンロングヘッド」と「ケープウイード」
「マラマラ」
「ウエルス・ダンピエラ」
「ポンポン・マラマラ」
この度の旅の途中立ち寄った場所で興味深い場所が何箇所かありました。
その第一は、シャーク湾で見学した世界遺産の「ストロマトライト」でした。
ストロマトライトは35億年前から生存している地球最古の生命体で地球に最初に酸素をもたらしたものと言われているものだそうです。
現在確認されているのはこのオーストラリアのシャーク湾とメキシコの特定の場所のみとのことです。
この生命体が現在まで生き延びているのはその環境が塩分濃度が2倍で天敵がいないためと言われているそうです。
ガイドの説明では実験室の水槽の中であれば酸素の放出を確認できるとのことでしたが、私は現場で小さな気泡が時々出てくるのを確かに見ることができました。
この代物は、写真のように黒い岩のようで、とても生命体とは思えませんでした。

もう一箇所は同じくシャーク湾の一部でのセルビーチでした。
ここは4000年前から小さな2枚貝が110kmに及び海岸に堆積し、深さは10mに及んでいるそうです。ごらんのように白い貝一色。信じられない光景でした。
写真の女性達は添乗員とガイドに若い参加者ですが、海の中も貝殻一色で小蟹など生き物の姿はあったようです。記念に一杯すくって持ち帰りました。
この貝殻は鶏のえさとして日本にも輸出されているそうです。
とても生物とは思えない世界遺産の「ストロマトライト」。
世界遺産の「ストロマトライト」
貝で覆われているセルビーチ
白い貝一色のセルビーチを歩く添乗員とガイドに若い参加者
セルビーチを埋め尽くす白い2枚貝、土産に持って帰りました。
オーストラリアで出会った動物たち。
先ず第一はシャーク湾での野生イルカの餌付けでした。
漁師が餌をやり始めたのが始まりで1日三回イルカがやってくるそうで現在では観光の呼び物になっているそうです。ホテルの目の前の海岸にやって来るので朝食事をしていて人が集まってくると餌付けの始まりです。
町の観光局の人が説明し、特に指名された人が餌の魚をもらい、直接イルカに与えます。イルカが自分で餌を捕らなくならないよう、その量を調節しているそうです。
私たちが見ていたときには10匹くらい集まってきました。来るイルカには、名前がついているそうです。
イルカの餌のおこぼれをもらうためにペリカンも集まって来ていました。
野生のカンガルーにはたびたび出会いました。写真を撮りに近寄っても余り逃げませんでした。
ダチョウを小型にしたエミューの姿も見えました。
ブラックスワンは西オーストラリア州のシンボルです。
シヤーク湾の野生のイルカ
野生イルカに直接えさを与えています
西オーストラリア州のシンボル。ブラックスワン
すぐそばまで近寄っても逃げないカンガルー
写真の女性は現地ガイドのオークリイ今日子さんです。
名古屋出身で国際結婚しパース在住。今回のツアーで同行してくれました。フラワーガイド暦15年とのこと、親切丁寧にガイドしてくれました。
今回の旅で驚いたこと2つ
訪れた所、どこに行ってもごみのないこと。
オーストラリアではごみのポイ捨て罰金。ワイルドフラワーの花を摘んでも罰金公共施設では禁煙。今日子さんの話では規則でそのようなっているけれど罰金を取られたという話は聞いたことないとのこと。
見る限りにおいては規則を破る人が居ない様子。
日本もやってはいけないことに対してはもっと厳しくした方が良いな思いました。

2つ目はパースの町では市内循環のバスが3系統ありましたがすべて無料15分ごとに走っていて、停留所では次に来るバスの待ち時間が表示されていました。
美術館や博物館も入場料無料。これはフリーマントルでも同様でした。

フリーマントルでは今は閉鎖されている旧フリーマントル刑務所の見学をしました。ここの入場料は17オーストラリアドルでした。1850年イギリスの罪人を連れてきて監獄を作らせ収監、1991年に閉鎖オーストラリアはイギリスの罪人を連れてきた出来た国と言われてきたのもこの辺から来たことかなと一人合点。
34人の罪人が絞首刑になっているそうですが、その処刑場址も見せてくれました。
現地ガイドのオークリイ今日子さん
花の群落を前景にガイドさんが撮ってくれました。
見渡すかぎりの草原を走るハイウエイ、信号は見当たらない。
旧フリーマントル刑務所 絞首刑台


































JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN