本文へスキップ

 

葵祭り行列


葵祭

 
2009年5月15日(金曜日)晴天のもと京都御所を出発した葵祭りの行列を見学に行きました。葵祭りは季節的に雨に会うことが多い祭だそうですが、当日は晴天に恵まれ古式豊かな行列を見学できました。前もって御所の観覧指定席を予約しておいたので行列の最初から最後までゆっくりと見学でき王朝風俗の優雅なそして静かな行列を楽しむことができました
ページに行列の様子をアップしてありますのでクリックしてみてください

葵祭りの開始は10時30分に行列の第1列先頭の乗尻という先導騎馬隊から始まります、以後検非違使、山城使など警護の列が続き、ついで第2列の牛車や馬寮使などの機動列、さらに3列目には舞人、近衛使の文官列が、4列目に陪従、内蔵使の近習の本列に続いて華やかな斎王列、女官列や牛車が玉砂利を踏みゆっくりとした速度で進みます。観光協会の行列の説明のほかは静かな雅楽の後が流れるだけでまことに静かな優雅さを存分に味わう祭です。今年は京都旅行の季節を春に変えて初夏5月の京都の大きなイベント葵祭と嵐山の三船祭を目標にしてみました。  画像は拡大します

観覧席から建礼門 京都御苑内観覧席は招待客席4ブロックと一般席11ブロックが建礼門正面から堺町御門脇の厳島神社前に至る450メートルほどの参道の両側に設けられ、およそ2万席の椅子が用意されていました。御苑には午前9時過ぎに入りましたが観客はまばらです。写真の右奥が建礼門です。
御所観覧席正面が建礼門
観覧席から堺町御門 観覧席から堺町御門方向。広い参道の両側に紅白の幕が張られています。紅白の幕からは参道内には入れません。長い参道ですので、行列の先頭が堺町御門あたりに到着するのには相当時間がかかりそうですね。観客席の椅子は5列で5人一組ごとに設置されています。行列の運行開始の30分前ごろから観光協会から葵祭の由来や行列の説明、写真撮影時の注意事項などが放送されます。撮影時に立ち上がったりは禁止、最前列で無いと中々良いシャッターチャンスは望めない様です。行列は約1キロの長さだそうです。左奥が堺町御門方向です。
観覧席から堺町御門方向
婦人騎馬警官 10時30分行列運行開始。行列の先頭には女性の騎馬警官です、多分皇宮警察京都護衛署の護衛官と思いますが騎馬警備も有るのでしょうか?
堂々とした乗馬姿でした。注目したのは馬の足、靴下?を履いてました。
婦人騎馬警官
乗尻 行列(正式には路頭の儀)の先頭は乗尻という行列を先導する騎手、2頭が並んで進みます、右方と左方の衣装が違うのが印象的、騎馬姿が大変格好がよかったです。場内放送の案内によると騎手は上賀茂神社の競馬会(くらべうまえ)の方達だそうです。衣装の違いは競争相手の識別のため。
乗尻(のりじり)
検非違使 検非違使志(けびいしのさかん):警備、裁判等の役人、矢を入れる器具を背負い武士といった姿が立派です、青い衣装がひときわ目立ちました。
検非違使志(けびいしのさかん)
検非違使尉 検非違使尉(けびいしのじょう)です。位は高く太夫尉で5位の判官。見た目も文官のように見えました、騎乗の役の方も年配で貫禄あります。
検非違使尉(けびいしのじょう)
山城使 国司庁の役人で御所の外(洛外)の所轄の警備の役人だそうです、冠の纓(えい)が長く重たそうです。
山城使(やましろつかい)
御幣櫃 宮中から上賀茂、下賀茂神社に納める御幣物を担ぐ役のお二人、前者と後者ろの背丈が違い運びつらいのではと思いますが。
御幣櫃(ごへいびつ)
内蔵寮史生 御幣物の管理官です。位は七位、現代では宮内庁のお役人ですか。白馬での騎乗は高貴に見えます。
内蔵寮史生(くらりょうのししょう)
走馬 上賀茂、下賀茂神社の神前で走らせ神に御覧に入れるための馬。二頭のうちの一頭。大勢の観覧者にちょっと驚いた様子でした。
走馬(そうめ)
走馬2 走馬のもう一頭は白馬でおとなしい感じです、どちらも2人で引いて行きます。
走馬(そうめ)
馬寮使 走馬を管理する左馬允(さまのじょう)という馬寮使。武官姿ですが冠の纓(えい)は長く文官のような感じです。この姿でこれから5時間も乗るのは辛い事でしょう。
馬寮使(めりょうつかい)
牛車 いよいよお待ち兼ねの牛車が見えてきました、観客席からざわめきが聞こえて来ます。遠目にも牛車の飾りがあざやかで藤の花の紫色がひときわ目立ちます。車の先頭に子供の引き人が手綱を引いています、その手綱の先を大人の引き手がしっかりと握って子供を助けている様子が見えます。
牛車(ぎっしゃ)
牛車飾り 牛車が目前に来ました思ったより大きく、雅やかで感激の一瞬です。人の背丈より大きい車輪に圧倒されます。
牛車
替牛 牛車の交代用の牛。
行列は、参道の中間にある式台前で各列単位で挨拶が行われており、少し進んでは止まるといった全体がゆっくりとした動きです。牛も一休みと言ったところです。
替牛(かえうし)
観覧席 観覧席の様子です。皆さん行儀がよろしく立ち上がって写真を撮る人は見られません。写真を撮ろうとすると、どうしても画面に観客の姿が入って仕舞います。
観覧席の風景
雅楽鼓 雅楽用の太鼓。台車に車が付いているようでした。砂利道ですので動かすのが大変のようです。
雅楽用の鼓
鉦 雅楽用の鉦鼓。これも担ぐというより引き押しのようです。
雅楽用の鉦
トラ筋の衣装 これは何を持っているのか分りませんが、釣竿のような長い竿を担いでいます。衣装がユニークで平安朝時代のタイガースフアンのようです(笑)。
タイガースフアン?
風流傘は二種類の傘が見えました、大きな傘に造花をあしらい房飾も綺麗です。傘を一人が担ぎさらに傘の左右に引き紐が付いていてそれぞれ2人でバランスをとっているようでした。
風流傘(ふりゅうがさ)
傘は大きく、かなり重いのでしょう、担ぎ手がしばしば交代します。
風流傘の持ち手の交代
風流傘の中には一人です。
風流傘−2
交代には3人がかりでやっていました、うっかり倒したら大変ですね。
風流傘の持ち手交代
斎王代行列 行列の一番の見所斎王代列の腰與(およよ)が見えました。観客のほとんどがこの斎王代を見に来ているのです。腰與は高く、観客席からは遠くて肝心の斎王代役の女性の様子ははっきりと見えず仕舞でした。今年の斎王代役の女性は茶道裏千家家元千宗室氏の御息女千万紀子さん。
斎王代(さいおうだい)の輿與(およよ)
斎王付の巫女(みかんこ)神事を司る女官の役、騎馬で参向するのでこの名前があるそうです。
騎女(むなのりおんな)
この役には乗馬の経験が無いとだめでしょうね。しっかりした乗馬姿勢でした。
騎女
女人列 斎王代列には女官たちの列が続きます、参道いっぱいに広がり華麗な平安朝風俗のオンパレードです。見ごたえがあります。
女人行列の出発
命婦 女官には各種の位や役があるようですが見分けは付きませんでした。
命婦(みょうぶ)
内侍 内侍(ないし)、命婦(みょうぶ)女別当(おんなべっとう)には花傘がさしかけられているそうです
傘を掲げる役は大変でしょう、傘は重そうです。白い衣装の男性役が2人付いていますから交代して傘を差し掛けるのでしょう。
内侍(ないし)
蔵人所陪従 斎院の蔵人所の雅楽を演奏する楽人の列で緋色の袴が鮮やかでした、7人が並び間隔や距離もそろっていて圧巻です、祭行列の見所の一つでした。
蔵人所陪従(くらどころべいじゅう)
童女 童女(わらめ)の役に選ばれるのは幸せなことです、親御さんも見に来ているのでしょうね。沿道に知人や親戚の顔を見つけても現代風にVサインとは行きません。
童女(わらわめ)
童女 小さな女の子です。葵のしるしが目立ちました。袴をつけての長い道中は大変です、これから約4時間は歩くのですから大丈夫かなと心配になりました。
童女
最後尾の牛車 行列の最後尾は牛車(御所車)でした。パンフレットには行列総員数511人、馬36頭、牛4頭、牛車2基、先頭から最後尾まで約1キロとあります。先頭はすでに御所を出て市内を運行していることになります。
最後尾の牛車
行列終わり 最後尾の軽トラックが通過していきました。最初の乗尻が通過して約30分程経過。行列の通過する間は雅楽の音が流れるほか騒がしい音は一切なく極めて厳粛、整斉とした静かな祭行列でした。
最後尾の列が遥か彼方に成りましたがもう少し見ていたい余韻の残る祭の最後でした。
行列の最後尾
記念撮影 行列が終わった建礼門付近では着物姿のご婦人の団体が記念撮影をされていて大変目立っていました。どうやら裏千家関連の茶道の先生方ではと推察。
記念撮影
追っかけ 御所を出た行列は市内を運行し(寺町通りや河原町通)下賀茂神社、上賀茂神社に向かうので後を追い掛ける人が多いようです。一方建礼門に向かっていく人々は観光バスの乗客のようです。大勢が同じ方角に向かうので後についていきました。
追っかけ人達も
バスの列 御所の北西にある蛤御門脇には観光バスの駐車場があり祭見学を終えたお客を待っている観光バスがエンジンをいっせいに吹かして待機していました、あたり一面排気ガスでいっぱいです、御所の松林に影響があるのではと思いながら地下鉄乗り場に向かい帰路につきました。

初めて見た葵祭行列に京都文化の奥深さを今更ながら感じた一日でした。
客待ちの観光バス




JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN