本文へスキップ

 

信州コスモス街道と懐古園


 
紅葉見物に時期が少し早いのですが連休の道路渋滞を避けて9月17日(木曜日)信州佐久のコスモスを見に行ってきました。秋晴れの好天気に、道路は渋滞もなく往復300キロの行程も順調で快適なドライブを楽しめました、コスモス街道に出る前に小諸の懐古園に立寄り藤村記念館や徴古館を見学し小諸城祉の早い秋の気配を感じてきました。
懐古園は小諸駅の南側道路に接したすぐわきに有り市内には案内板が目につきます車で行くなら小諸駅を目指して行くとわかりやすいです。写真は懐古園の三の門正面で道路からもよくわかります。懐古園の字は徳川家建の筆
三の門内側 寄棟造りの二重城門でがっしりした作りです。矢狭間鉄砲狭間が有り戦国時代の城門らしい構えですね。小諸城の由来は古く、平安時代に小室太郎光兼(木曽義仲の武将)が最初に館を築いたのが始まりで、本格的には武田信玄がこの地を攻めたのち重要な場所として馬場美濃守信房と山本勘助に命じ城を築かせたとあります。小諸城は別称白鶴城、酔月城という床しい名前です。小諸は小室から変化したようです。
城門の側面にも懐古園の字が掲げられて有りました。三の門は国指定重要文化財
三の門近くには徴古館が有り歴代の藩主の記録や古文書、、武具等が展示されてあり一見の価値が有ります。中でも左甚五郎作の幼少のころの徳川家光と乳母春日局の木造人形は故人の姿を想像するに参考になります。
小諸は藤村ゆかりの土地、園内には藤村記念館や石碑があります、これは惜別の歌の碑で、釦を押して音楽を聴くことが出来ます。歌碑の裏側に拡声器が有るようです。
千曲川旅情の歌にある[小諸なる古城のほとり]の歌詞をしのばせる石垣です、小諸城天守台が有った石垣で、河原石を積み上げて築いて有ります。天主台は嘉永三年に落雷で焼失したそうです。
山本勘助が愛用した鏡石。TVの大河ドラマで放送中は観光客が多かったようです。
島崎藤村記念館。内部はかなり多くの資料が展示されてあり、藤村の生涯が良くわかります。藤村はその作品で有名ですが、生涯は内部の資料を見る限りあまり幸せではなかったように思えます。
かっての小諸城本丸址に創建されている懐古神社祭神は菅原道真と荒神様(火の神様)と藩主牧野公の霊を祀っています。
神社のわきには池が有り大きな鯉が遊弋してました、公園は広くて桜の季節や紅葉の時期は入園者が多いでしょうね。
公園の高台から見下ろす千曲川。小諸城は穴城と言って普通の城のように高い所に造られた城とは違って窪地に造られていますので防御上は不利のように思えますが、城の周りは堀が深く川に遮られて要塞のような城だったと思います。川に近く城の水利は良いのでしょう。
川と反対側は深い谷となっています、自然の城壁です。渡橋にはお猿さん。。ではなく近所の幼稚園児達の遠足のようでした。
懐古園内の桜は黄葉が目立ち秋の訪れを感じます、うららかな陽射の中に秋の気配の漂う懐古園小諸城を散策しコスモスを見に佐久へ向いました。
佐久市郊外内山地区付近のコスモス街道254号線 9キロにわたり道路の両側にコスモスが植えられていて美しい道路です。254は交通量も多いようでひっきりなしに車が通過してゆきました
コスモス広場の看板が立っているところがコスモス広場、このあたりの道路南側に若干の駐車スペースが有りますが、定所の駐車場は有りません。農道に入って一時停車させていただきました。
満開のコスモス鮮やかな色でした。
広場に有る見物台は木造で何となくぬくもりが感じられます。
見物台からの眺め 左奥の山は荒船山
コスモス祭のイベントが日曜日や休日に有るようですが、この日はなにも無し、人影もまばらでした。
小さな農産物の直売所が中に設けられていて、近所の農家の人が自家産物を販売していました、豆やりんご、トウモロコシなどを土産に買いました。格別安価では有りませんですが鮮度は抜群、帰ってから味わったトウモロコシは甘くて美味しかったです。
佐久はりんごや蕎麦の産地で知られていますがコメの産地でもあり間もなく収穫される稲穂が黄色く色づいて波打っています。
この稲田も間もなく刈り取り作業が始まるのでしょう、広場の見物台から見える景色は黄金色の稲穂とコスモスの色とのコントラストが美しく映えて見えました。









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN