本文へスキップ

 

2009京都の紅葉 嵯峨野編


 
11月24日嵯峨野は2007年に常寂光院の紅葉を尋ねましたが、隣接する二尊院は門前を眺めただけで常寂光院に急いだため二尊院はパスしていました。今回はトロッコ電車に乗る目的で嵯峨野に来たので寺院を見るつもりはなかったのですが、一日9本のトロッコ電車は平日と言うのに午前中のダイヤほぼ満席で乗車可能の電車に乗るには、3時間あまり待たなければならない。予定を変更待ち時間を使って前回見落とした二尊院や落柿舎を訪ねることにしました。
  
紅葉の時期とはいえ火曜日平日なのに嵯峨野路は相変わらずの観光客。元気のよい観光客が多い。
二尊院近くの落柿舎前の風景・2年前とあまり変わらず。
ご本尊に阿弥陀如来と釈迦如来の二尊を祭ってある故から二尊院と呼ばれているこの寺は正しくは小倉山二尊教院華台寺、天台宗の寺。
二尊院の参道は春は桜、秋は紅葉が美しい参道として有名。
紅葉の馬場と称される参道を飾る紅葉

唐門の勅額は小倉山と記され後柏原天皇の下賜と言う古いものながら字はまだはっきりと読める。応仁の乱で一度焼失30年後再建の門、観光案内に良く出てくる画面。
二尊院境内から小倉山に登る石段の上には、鷹司家、二条家、三条家、四条家等の墓所が有る。登る人は少ないようだが石段を隠すような紅葉や緑の樹木のトンネルの様な風景が美しい。
平安時代に小倉の里の住人和三郎が小豆と砂糖で餡を作ったのが小倉餡の始まりと言う。和三郎の功績を顕彰して作られた石碑。
落柿舎近くの田舎道に由来書きがある。
さて丸い環はなんだろう?
唐門と同時代の建物の本堂は市指定文化財、京都御所の紫宸殿を模しているという。
床はうぐい張りと言うが、気付かなかった。
書院からの小倉山の紅葉。庭の規模は小さいが、小倉山の眺めは特に美しく日本の美。
二尊院で双子の如来様を拝みお願いもふたつしてトロッコ電車駅に向かう途中落柿舎へ。今回は中に入り庭の中から次庵の茅葺きの屋根を狙ってみた。説明がなければただの茅葺きと紅葉だが。
落柿舎の外からは柿の木と建物外観を写すのが普通だの風景だが、中から屋外を狙うと小倉山の嵯峨野風景もまた違った絵になる。
落柿舎内次庵の居間

やがて散る柿の紅葉も寝間の跡(去来)
次庵に見合う残り柿一つ

柿主やこずえは近き嵐山(去来)
向井去来の晩年は洛東聖護院の近辺に住み没後洛東の真如堂に葬られたと有る。此の地にも去来の墓とされているものが有るが建立の由来は明確ではない様である。
柿一つ写して嵯峨野の道を往く (駄句)
竹林の道を通りトロッコ嵐山駅に向かう。竹林の道は相変わらずの人気が有る。東洋系外国観光の人の列が続く。侘び寂びが判るのだろうか?
トロッコ嵐山駅を通過する山陰線の特急電車。トロッコ電車の走る線路は昔の山陰線、今は新しい山陰線の線路の一部を使用している。(JR嵯峨嵐山駅からトロッコ嵐山駅まで)
トロッコ嵐山駅ホームにトロッコ電車が入線。嵯峨駅からの乗客で満席。予約席は大丈夫かな?
トロッコ嵐山駅を出発して間もなく見える保津峡。しばし左側の窓から保津峡が望める。
電車は最初の立体交差橋でサービスの一時停車。
此処からは進行方向右側に川の景色が変わる。電車の速度がゆっくりで保津川下りの船も散見出来る。
保津峡駅で停車、今の時期此処で降りる人は無いが、信楽焼の狸が歓迎してくれる。
新緑の頃はハイキングや、ピクニック最適の場所。
景観は昔山陰線で通った当時の景色と変わらないが、トンネルに入る度に煙と炭塵を浴びた記憶が蘇る。(トンネル8ヵ所)
保津川上流次第に狭く峡谷の感じが増してくる。嘗ての山陰線のスピードからはこのようにじっくりは眺められなかった景色です。もちろん写真も撮れない。
狭い水路を下る小舟から歓声が聞こえるようだ。
船頭さんの腕を信用するしかない、スリルを味わっていることでしょう。保津川下りの船頭さんは5月の嵐山三船祭の行事にも活躍しているのではないでしょうか。
トロッコ電車は亀岡駅で折り返し運転、同じ線路を戻ります、今度は座席が右に変わり川の南側の景色を見ながら嵯峨駅に向かう。電車のスピードにシャター速度を合わせられなく、手前の紅葉が流れてしまった。紅葉がぼけてしまったが動きが出ていると自己満足。
往路に見た対岸の旅館が見えると間もなく終点嵐山駅、往復約1時間のトロッコ電車の紅葉見物。クッションの悪い座席でしたがオープンデッキのリッチ号展望席で視界も良く楽しめました。桜の時期には川下りをしてみたい。


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN