本文へスキップ

 

2009京都の紅葉 洛東編


 
2009年11月16日から25日にかけて関西の錦秋を訪ねました、毎年恒例の同窓会参加を口実に京都、奈良の紅葉を愛でる夫婦旅も回数を重ね春を含めて今回で4回目、おおむね名所の紅葉は見てきたのですが、懐深い京都、奈良はまだまだ見つくせないところが有ります。今回は、あまり観光客の多くない場所を選ぶことにしました。京都の洛東は清水寺、平安神宮、南禅寺等著名なところが多いのですが、比較的観光客の少ない吉田山界隈は紅葉の穴場と言えるところです。京都に住んでいた所にも近く懐かしさもあり、真正極楽寺真如堂と金戒光明寺を訪ねることにしました、ここは都会の喧騒から離れた静かなエリアです。
  
真如堂は天台宗の寺、正式は鈴聲山真正極楽寺(れいしょうざんしんしょうごくらくじ)と言い比叡山の延暦寺を本堂ととする寺。歴史は古く1000年前の永観二年(984)の草創。幾度かの戦火に焼失や移転の後元禄六年現在地に。現在の伽藍の多くは当時のもの。
真如堂への道は山門に向けての街中を通る道筋がいくつか有るが、あえて人通りの少ない白川通りの真如堂前から東参道を登ってみた。白川通りの真如堂バス停から脇道を登ると東参道入り口までは山道、一瞬迷ったかと思う。
高い塀に囲まれた山道の中ほどに見落としがちな参道入り口の石碑と階段が見える。かなり急な階段だ。
コンキリートの石段を息を弾ませ登りきるとそこは別世界。左京区とはいえ白川通りから西に開けた市街地とは思えない山の中で有る。
東参道から入ったので本堂の右に出るとそこは裏庭。積もった落ち葉の絨毯が庭を赤く染めていた。
真如堂の紅葉は嵯峨野の名所の紅葉ほど豪華さはないが落ち着いた色合いが付近の堂宇と溶け込んでいて癒される。
たてかわ桜とは徳川家光の乳母の春日局が父斉藤内蔵介利三の菩提を弔うために植えた桜で松の皮のように縦に表皮が走るので「たてかわさくら」と言われる。バラ科さくら江戸ヒガン系
春日局の父斉藤利三は明智光秀の重臣で秀吉によって捉えられ処刑され、その首を友人が刑場から奪ってこの地に埋葬したとの由緒が書かれている。何となくこのあたり霊気が漂うのか?
(私の町の喜多院に春日の局の化粧の間が有るので何となく思っての事。)
取立てて説明する必要はない菩提樹だが、区民の誇りの菩提樹と記されてあった。何か因縁が有るのではと思い試しにNETで調べたら京都市緑政課のページに載っている。この木のほかに多くの場所と木が指定されていて、さすが文化観光都市京都らしい。緑化事業も徹底していると感じた次第。
本堂には「うなずきの弥陀」と言う阿弥陀如来がが祀られている、開放的な階段の下で靴を脱ぎ本堂に入ると正面の御本尊を拝むことが出来る。
庭園は拝観料五〇〇円だが、一見の価値が有る名園だ。
三重塔は1751年に建立、1817年に再建され高さ30メートル京都府重要文化財に指定されている。小さいが素朴な感じが良い。
本堂は元禄6年から享保2年(1693−1717)にかけて建立十五間四面の堂々たる構え。
全景をおさめようとするとこのくらい離れないと駄目。
真如堂の文字に寺院の風格を感じさせる。本堂正面には真如堂の扁額が掲げられている。
本堂回廊から臨む三重塔
此のあたりからの景観が素晴らしい、拝観料を払った甲斐が有る。
桜の木が多い。境内には70本ほどのソメイヨシノが有るそうです。春は地元の人の花見でにぎあう事でしょう。
本堂境内の廊下から臨む庭
大木が無いので明るい庭である。
涅槃の庭。釈迦様が西面北枕出横たわっている姿と周りに悲しんでいる弟子たちの姿を表現し作庭は曽根三郎氏(1988)、背面には比叡山を借景している。縁先からは大文字の形がはっきりと見える。火送りの時は絶景でしょう。
涅槃の解説
本堂から見える庭木は楓や紅葉が多く今がその季節。地面に映る樹木の影が面白い。境内にはこのほか馬酔木や山茱?(サンシュユ)、山吹、ナンジャモンジャなど珍しい木が有るようで、季節ごとに楽しめる寺ですね。
真如堂の正面参道からは三重塔が姿を見せてくれて恰好の撮影ポイント。東参道から入って感じた印象とはまた違った趣の真如堂正面。
三重塔と紅葉
真如堂正面から南へ壁伝いに進むと白壁の通りに出る。ゆるやかな坂道でこの先は金戒光明寺に通じる。
金戒光明寺の塔頭の一つと思われる「えいしょう院」漢字の名前が不明。此のあたりは紫雲山黒谷の一郭である、石灯に黒谷と刻まれている。

後日ネットで調査したらこの寺で珍しい朝鮮通信使揮毫の扁額が発見されたとという記事が京都新聞のホームページにあったので寺の名前栄摂院が判明した。
庭園が見事であり入口から写真を。公開されていないようなので庭に入っての撮影は諦める。
紫雲山黒谷金戒光明寺の阿弥陀堂 豊臣秀頼が建立(1605)光明寺堂宇の中で最も古い建造物。
光明寺は浄土宗の大本山。開祖は法然上人。ご本尊は阿弥陀如来。
この建物は御影堂。参拝はしなかったが、昭和19年再建の比較的新しい建物。
山門は高くそびえ楼上からは京の都が一望できそうである。西に向かって立つ山門からは京都御所が見えるだけでなく遠く西山まで臨める高台。一般的に寺院は城と同じ機能を持っているがこの寺も地理的な利点で幕末には軍事拠点に使われたのだろう。
1860年(万延元年)に建てられたもの、由緒ある勅額が楼上に有るそうだが下からは判らなかった。
山門から一直線上に御影堂が見える、山門の巨大さがよくわかる。
山門脇の桜はすでに落葉し寂しいが昨年の法然上人八百年遠忌法要時のカラフルな幔幕が残って特に目立つ。
金戒光明寺山門を出て西に春日通りに向かうと古い門に出合う。そこが寺の境界の様だ。駐車場も寺の管理の様で寺域は可なり広い。
金戒光明寺は幕末には会津藩の本陣となった要衝、約一千名の軍隊が駐屯できたそうである。
門の脇には鳥羽伏見の戦いで無くなった武士のほか文久二年から慶応三年の5年間に亡くなった人が同時に祀られている殉難者碑が見える、碑のそばには西雲院墓地が有る。幕末の激動の時代を偲ぶかのような黒谷金戒光明寺の佇まいであった。

洛東編 終わり







JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN