本文へスキップ

 

2009 年奈良の旅

阿修羅像拝観
 
平成21年11月20日奈良興福寺での阿修羅像一般公開が有ると聞き、過去に東京で展示の際も拝観したが奈良に来たついでに再度じっくり拝まんとやってきましたが、大変な拝観になってしまいました。以下難行苦行の末の奈良の旅です。
  
平成21年11月20日興福寺北円堂に並ぶ見学者の列。およそ200人ほどの行列。案内パンフレットを見ると此処には阿修羅像は展示されていないが国宝の弥勒如来、無著・世観音菩薩、四天王像が拝観できると有る、ゆっくりと進む列の最後尾に付く。

国宝北円堂は日本に現存する八角堂のうち一番美しいそうです。側面あちこちに建物には手を触れないようにと書かれた標識が、また案内人も触手厳禁をお願いしていました。柱などに手の脂がつくと取れないそうです。
北円堂の見学を終えて外に出ると阿修羅像の展示されている仮金堂方向には早くも人波が・・・・・・えっ?・
仮金堂の周りには幾重有るのか見当もつかない行列の輪、数千人は居ると思われる人波。果たして今日は拝観出来るのかと心配。係員に聞くと約3時間待ちという。だが行列に辛抱強く並ぶ。
奈良公園内は秋たけなわ。黄金色に色づいた銀杏が美しく目を楽しませてくれるが、空腹にはなるし午後の予定も気になる、何より生理的要求が心配。
行列の合間に眺める国宝五重塔。
3時間の待ち時間は長かったが、行列の前後から聞こえる待ち人たちの交わす関西弁の会話が結構面白く退屈感を和らげてくれた。
地元の御婦人のお話は漫才を聞いているようで楽しい。
これも国宝の興福寺東金堂月光菩薩日光菩薩が著明の金堂、拝観したいところだが東金堂は次回の楽しみに。


3時間の我慢比べと10分ほどの阿修羅像との対面を終えて猿沢の池の待ち合わせ場所へ向かう。
興福寺伽藍の一つ八角南円堂(重要文化財)は西国三十三所観音霊場第九番札所だけあってお参りする人が集まって見え、何となく気安さが感じられるお堂。
北円堂より少し大きい。
八角の屋根の曲線が青空に映えて美しい。青空を眺めながら猿沢の池へ。
変わらぬ風景の猿沢の池。
石の上の鳩と亀を見つめ前回は何年前だったかを偲ぶが思い出せないのは老いた証拠。しばし休憩ののち唐招提寺に向う。
唐招提寺金堂は2004年の秋に一度拝観に行きましたが2000年から始まった金堂平成大修理で解体されていてシートで覆われていました。今回修理が完了した金堂を見るために唐招提寺に回りました。
5年前上野で唐招提寺展が有り諸仏は拝観したのですが建物はビデオで見ただけで本物は今回が最初。
天平の甍 金堂正面全景 美しいエンタシスの柱が復元されています。
右側面の様子
右裏側
左側面の様子
正面天井
内部の柱や壁は一見原形のままで修理を施した部分は注意して見ないと見分けがつきません。
正面廂部分の様子
見事な修復作業です、日本の匠の素晴らしい技に感服しました。
屋根の左鴟尾 
2003年に制作。制作にあたっての困難な作業工程と職人の見事な技が以前テレビで紹介されていました。
右鴟尾 どちらかの鴟尾は原形を修理したと聞きます。
奈良での旅の終わりにぜひ往きたいと親戚の御夫婦にお願いし若草山へ
60年ぶりに上った若草山頂上。夕闇迫る奈良盆地を眺めしばし郷愁にふける。
頂上の神鹿を記念撮影。見納めとなるかもしれない若草山を後に神鹿に見送られながら今回の旅のベースキャンプ京都のウイークリーマンションへ帰りました。


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN