本文へスキップ

 

秋の富士五湖

2009
 2009年10月28日、29日と河口湖湖畔のホテルに宿泊し、この時期は気温が高く、朝霧や霞が多く期待できないとは知りながらも朝焼け夕焼けの富士山をカメラの収めようと、勇んで出かけました。肝心の赤富士は残念ながら撮れませんでしたが、朝霧や夕靄の中の少し雪化粧の富士山に対面でき富士五湖周辺の景色を楽しんだドライブの旅でした。
  
12時10分:川越から中央高速を経て河口湖に予定より早く着きホテルチェックインまで時間の余裕が出来たので河口湖ICを降りてそのまま138号線を山中湖へ。
平日の所為か山中湖は行楽客の姿も少なく貸しボート屋も暇な様子。あまり湖畔に人影は有りませんでした。
山中湖では11月1日から紅葉祭が始まると看板に有りました、湖岸の紅葉は見頃でした。
足こぎボートが桟橋に整列。湖面に出ているボートは少ないようで、シーズンオフの山中湖の表情。富士山は雲に隠れていてみえませんでした。
13時50分:人影の少ない湖岸では船着き場に寄ってくる白鳥のみ目立ちます。
人に慣れているのか餌を貰おうとおもいっきり首を伸ばす白鳥。
14時00分:山中湖周囲を巡る歩道にも人影少なく閑散。湖周を一巡りしましたが、富士山が見える湖の西側は雲に覆われ肝心の富士山は拝めませんでした。残念!
湖を一巡りの後、山中湖明神前の郷土料理店海馬(シーホース)で昼食、名物のホウトウは美味でした。
昼食後138号線を北上し河口湖ホテルへ直行。
                        河口湖28日午後の巻
15時30分:ホテル着・宿泊ホテルは河口湖大橋の東側浅川地域に有る[風のテラスKUKUNA]。湖面に面し正面に富士山を望むロケーションには最適のホテル。隣接した場所にはホテル美富士屋・湖山亭うぶやなど有名なホテルが有り華やかな場所。
15時45分:ホテル4階の部屋から見える富士山は雲に隠れ頂上の一部がかすかに見える程度。
16時00分:対岸東側の湖畔も雲が多く山裾は霞んでいます。
16時01分:突然富士山頂が姿を見せました、数十秒で雲が動き山頂の様子は刻々と変化します。カメラのファインダーから目が離せません。
16時04分:かなり裾野付近も見えてきました。裾野の下部のあたりに陽射が作る明暗の雲の層が面白い。対岸の富士レークホテルあたりは早くも闇に包まれています。
16時30分:山頂付近の雲晴れて山肌もはっきりと見えてきました。
16時30分:河口湖富士山全景。やっと本日の富士にご対面です。安心して温泉に入ることにしました。
29日 河口湖朝富士の巻
29日07時10分:朝早くから日出の富士を撮ろうと、5時ごろから目を覚まし部屋の外を覗く。霧で富士山はおろか眼下の湖面も見えない。
あきらめてようやく薄らと見えだした湖岸を写す。静まり返った湖面の風景が印象的。
07時10分:ホテル前の様子、隣接のホテルも薄らとしか見えない。
今日は一日中富士山にお目にかかれないかと一瞬不安になる。
08時20分:朝食を食堂で採っているうちに明るくなり霧が晴れる。傘富士だ!朝食を中断、急いで部屋に帰りベランダに出て撮影開始、湖面にうっすらと逆さ富士が映る。
08時28分:対岸は朝霧に包まれて、洋画のような風景が出現。
逆さ富士を横切って小舟が往く。
先ほどの小舟が鏡のような静かな湖面を進む。みずすましの様だ
08時30分:山頂の傘富士。
裾野は雲に覆われているが5合目付近から上は晴れて雲の動きが激しい。数秒で形が変わる富士山頂、いつもよりカメラの動きが遅く感じるほどもどかしい。
08時33分:傘の形の変化が面白いが、きりがない。まだ朝食中断したままであり、食堂が閉まると大変、本日はこれから静岡の墓参のため東富士有料道路経由東名から清水ICへ行かなければならない。
撮影を終了。
09時00分ホテル出発。
29日 日本平パーキングエリアの富士の巻
29日13時54分:
静岡市内の墓参を済ませ、表富士を見るために東名日本平パーキングへ。
PA駐車場からの富士山はやや霞んでました。
山頂の雪の量が今朝の裏富士と比べるとやや少ない。稜線が黒く見える。
14時06分:日本平PA上り線側展望広場からの富士山。手前の川の名前不明。長尾川支流と思われる。
29日午後本栖湖巡りの巻
東名富士インターから西富士道路139号線を本栖湖目指し北上、途中の朝霧高原も雲がかかって富士は見えずじまい。
本栖湖を時計回りに一周、終始くもりべースで富士は見えず、1000円札のビューポイントで幽かに雲の切れ間から山頂の一部が見えただけで期待外れの本栖湖になってしまった。本栖湖周回道路は狭くかつ湖面への見透し悪く道路状況は不良、お勧めコースではない。一周に時間がかかり日没が迫ってきたため急きょホテルに帰投。
30日午前河口湖から西湖への巻
08時24分:昨日の朝同様08時過ぎても霧で湖面は墨絵のようです。天候は3日間好天気に恵まれていますが湖の上は霧が出て当たりまえ、晴れるのをじっと待つしか有りません。
08時25分:頂上付近が晴れ間を見せてくれました。今日の気象条件では一日中晴れと期待。
湖面からわき上がる靄で裾野は霞の衣です。
08時33分:湖面の靄が少し消えて湖面に逆さ富士の影が見えてきました。もう少しはっきりと湖面の影が映ってくれると良いのですが、湖上の靄はなかなか消えてくれません。
08時34分:ようやく湖面も明るくなって逆さ富士の影がはっきりと見えてきました。
08時50分:頂上付近の雲が消え晴天下の富士山の姿に成りました。
09時32分:雲ひとつない頂上をズーム
10時00分:ホテルをチエックアウト、ホテル前からの河口湖大橋遠望。車の通行も少なく、都会の喧騒とは違って静かな河口湖町
河口湖北側のもみじ回廊経由西湖北側湖北ビューライン137号線を西へ。車の通行は少なく富士を眺めながらのドライブ。途中で水上スキーを発見、かろうじてカメラに収めたスキーヤージャンプの瞬間です。
10時11分:河口湖のほぼ北西端の富士、枯れススキを入れてみましたが、あまり良い構図には成らなかったようで。
10時21分:桟橋付近で小休止中付近にコスモスが咲き残っていましたので、入れてみました。偶然に先ほどの水上スキーボートが入っていました。
10時53分:西湖西北端に到着、途中の西湖湖畔では富士の姿は頂上付近が部分的にしか見えませんが、ここに着いてやっと富士山に再会。
西湖北西端から見える富士は左裾野が隠れるので二等辺三角形の富士になります。
季節外れの所為か、行楽客の姿もちらほらと見かける程度で静かな西湖です。
30日午後西湖癒しの里根場(ねんば)の巻
11時15分:茅葺き集落いやしの里根場は西湖北西端の道路わきから北へ少し入ったところに有り専用駐車場(有料300円普通車)が完備されています。富士五湖観光地としてはさほど知られていないようですが、富士山撮影のロケーションとしては趣のあるところのようです。入館料大人200円。
さほど大きくはない里の区画には大小さまざまな茅葺き家屋が20戸ほど有り、それぞれ絵になる景色が見られます。これは水車小屋の待合所。
左から地域文化創造館。つるし雛の館。
赤い小さな実は姫りんごの木。それぞれの茅葺き家屋には県内や町内の伝統工芸を中心に作品の展示や販売、工芸教室などが有り見て回るだけでも1時間はたっぷり楽しめます。
案内所で見た写真ではこの場所は撮影ポイント。もう少し高台から俯瞰出来れば最高の構図ですが。
11時55分:そろそろお昼、此処で食事をすることにして、2軒有る蕎麦屋のうち小林一茶栽培の田舎そばの看板にひかれ手打ちそば・久保田而今庵(にこんあん)でそばを注文。しっかりとした歯ごたえの限定20食と言う手打ちそば、美味しかったです。
12時00分:いやしの里の昼過ぎには観光旅行の団体が増えてきました。此処は観光場所としてはこじんまりとして少人数団体には、程よい規模の観光地のように感じます、公衆トイレやちょっとした食事処や売店等がそろっていてゆっくり時間をかけて見学する価値が有るお勧めの場所です。
いやしの里根場で満足したじんさん、これから川越へ、中央高速経由で帰ります。楽しい3日間の墓参を兼ねた富士五湖(精進湖はいけなかったので富士四湖)巡りの楽しいドライブ旅行でした。じんさん 記 ・写真も


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN