本文へスキップ

 

小江戸川越春まつり2009


 
第20回小江戸川越春祭りのオープニングイべントが3月22日川越市の一番街エリアで行われました、あいにく曇りから時々小雨に変わる不安定な天候でしたが雨傘持参で出かけてみました、幸い主なイベントが一通り終わったころまで天気も曇りベースを保ってくれましたので予定したイベントはほぼ全て見ることが出来てラッキーでした。
毎年春祭りのイベントがありますがオープニングを見たのは今回が初めてでしたので改めて川越の新旧文化の多様さに感心しました。
  
中心街の道路の主要な交差点にはこのような標識が埋め込まれてあります、初めて川越観光に訪れる人にはわかりやすい道しるべになっています。ここは連雀町交差点の歩道です
春祭りオープニングイベントの舞台は連雀町交差点から仲町交差点を通り札の辻交差点に至る中央通りがメイン会場です。(写真の家屋は仲町交差点の南西角のまめ屋さんでここではいつも店頭で豆菓子を試食させてくれます)
仲町交差点では式典用の舞台の設置が始まりました、町内有志の若い人があっという間に設定、手慣れたものです。
埼玉県のマスコット[コバトン]も式典に参加です。コバトンとは県の鳥シラコバトと国民体育大会が開催されたのを記念にバトンをつなぐという意味から鳩とバトンの二つから由来したネーミングのようです。なかなか可愛いものでした。
春祭りオープニングイベントの最初は星野学園マーチングバンドの演奏行進が行われるのですが、出発前に出発点の連繋寺境内でメンバーが練習の真っ最中でした・若い女学生ばかりで目の保養になりました
星野学園マーチングバンドは大変実力のあるチームだそうで県内県外の大会でも優秀な成績を収めているようです。
仲町交差点に設けられた式典会場の様子です、市長はじめ市議会議員や商工会関係者などが挨拶をされています。川越市のおもな有力者がそろったようです。今年市長が変わりましたので顔合わせに良い機会だったかもしれませんね。
式典が終わると入れ違いに星野学園マーチングバンドの列が会場に向ってきました。蓮馨寺から発進したマーチングバンドの列は中央通りを演奏行進しながらフラグの演技を披露します。
鮮やかなフラッグの演技が見事です。沿道の見物客からは歓声と拍手が送られています。
星野学園マーチングバンドは100名以上の部員を抱える文化部で全国高校総合文化祭や全日本マーチングバンドバトントワリング連盟の大会などに出場して優秀な成績を収めている実力のあるクラブです。
川越市役所前に立つ太田道灌像です。市庁舎は古くて昨今移設の計画が、進められているようですが歴史のあるこの場所から別の場所に移ることには反対の意見もあり簡単には決まりそうもありません。太田道灌さんも思案顔のようですね。
春祭りのイベントの火縄銃鉄砲隊の演武のため鉄砲隊が市庁舎前に待機しています。間もなく市庁舎を出発し中央通りでの演武に向かうところです。
火縄銃鉄砲隊保存会は30年以上の歴史と各地での演武の実績がある会で35名ほどの会員で構成されていて[獅子の会]という名前の会の1部門です。演武に使う火縄銃や甲冑はすべて本物です。川越火縄銃鉄砲隊は川越だけでなく県外各地のイベントにも参加し演武を披露しています。
当日は風が強く幟旗が大きくはためいて鉄砲隊員は大変のようでした。
一方仲町ではバンド隊が通過の後に地元川越鳶組合のはしご乗りの演技が始まっています。木遣りの唄が流れる中で鳶衆が梯子を立てています。木遣りの歌声は蔵の町並みと調和して古き良き時代を忍ばせてくれます。
幾種類ものはしご乗りの演技が次々と披露されます、風が強く梯子が揺れて、見ている観客はハラハラドキドキ。演技の度に大きな歓声が上がります。
今年の3月末からNHK朝のドラマ[つばさ]が始まります。地元が舞台とあって川越市も大いに期待しているようで垂れ幕にもつばさの文字が入っています。
梯子乗りの演技が終わると会場に川越藩火縄銃鉄砲隊が入ってきました、火縄銃鉄砲保存会の会員による演武は平成16年に家光公生誕400年記念の大名行列行事でも行われましたが古い歴史のある文化的行事が継続されていることは素晴らしいことと思います。
空砲とはいえ群衆の間近で撃つのは危険、警備の役員さんが大声で鉄砲隊に近寄らないよう観客にお願いしていました。
鉄砲組リーダー(寺田図書助勝廣さん)隊長さんの礼射、発射前に口上が述べられますがよく聞き取れませんでした。
複数の隊員による一斉射撃、なかなか威力のある大きな音がします。
発射後の玉込めです、筒先を口でフッと吹くのがリアルでした。鉄砲隊保存会員は一般の市民で中には有名な商店の主人なども居るようです。
鉄砲隊の仲町での演武が終わると市民の各民謡踊のクラブのご婦人方による民謡流しが始まりました、それぞれのクラブ特有の色模様の着物姿で一斉に踊りながら中央通りを流して行きます。、一曲終わるたびに拍手が起こり祭り気分が盛り上がります。
踊っている皆さんも見物している観客もみな楽しそうです。
民謡踊には和太鼓の競演がありかわいらしい子どもの撥捌きが人気を集めていました。
中央通り会場の東側の大正ロマン通りでは紙の鯉のぼりを手作りするイントが行われていて、大人も子供も一緒になって鯉のぼりを作っていました。
出来上がった鯉のぼりが道路の上に張った綱に飾られ大正ロマン通りは鯉のぼりの川になりました。
ロマン通りでは鯉のぼり作成のほかベーゴマ教室などが開かれています。子供はもちろん大人達もベーゴマ回しに参加してました。
ロマン通り北端の川越商工会議所横では同好の人たちののギター演奏がおこなわれていて、道行く人が立ち止まって聞いています。演奏される曲目はヤングの曲と異なり落着いた静かな優しい感じの演奏でした。


春祭りは此の後新河岸川桜祭りが控えていて桜の開花で春祭りは最盛期を迎えます 
記事と写真:JINSAN 春祭りオープニングイベント風景  終わり 


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN