本文へスキップ

 

琵琶湖から比叡山へ

2009・5・20
 
子供のころ京都側から比叡山に上がるのは坂本からケーブルのわき道の石段を歩いて上ったものです。四明嶽あたりまでの車道工事が始まったのは昭和25年くらいではなかっただろうか、、当時は舗装のない土道を犬を連れて闊歩したものです。文献によると昭和33年(1958)4月に比叡山ドライブウエーが開通したそうです。今回は奥比叡ドライブウエーへ仰木ゲートから入り延暦寺を目指して私有車で巡りました。比叡山ドライブウエーに入る前に琵琶湖八景の一つ、浮御堂を見学していくことにしました。浮御堂は写真等で見ていますが実物を見た事はなく琵琶湖の湖岸に浮かぶ姿をぜひ実際に見てみたいと思っていました、天気も良く、湖も平穏で絵葉書的な風景ではありましたが琵琶湖湖上に浮かぶ浮御堂の風景に満足しました。
  
近江八景堅田の落雁で有名な浮御堂。絵葉書的な写真になりましたが、それはそれできれいな景色に違いありません。湖岸を渡る風が心地よく絵のような景色にしばし見惚れました。
参考:
近江八景:比良の暮雪・堅田の落雁・唐崎の夜雨・三井の晩鐘・粟津の晴嵐・瀬田の夕照・石山の秋月・矢橋の帰帆
浮御堂は海門山満月寺と言う禅寺、京都紫野大徳寺に属する寺。始祖は源信僧都で西暦995年ごろ湖上の通航安全と衆生済度を発願し湖上に一宇を建立したとされています。写真の山門(楼門)も浮御堂も国の登録文化財です。
開門山満月寺の境内はあまり広くはありませんが、境内の松越しに琵琶湖や湖岸の風景を一望できる風景絶佳の場所です。観光に訪れる人も多いそうですが今日は少ないようで閑静なお寺のたたずまいでした。
境内にある茶室玉鈎亭も登録文化財で最初の浮御堂の古材で作られている建造物だそうです。
浮御堂は江戸時代より昭和9年までは京都御所の桜町天皇から下賜された能舞台だったそうで、今の浮御堂は昭和12年に再建されたもので、堂内に阿弥陀仏一千体を安置してあるそうです。
正面からしか中は拝見できませんでしたが千体仏らしくたくさんの阿弥陀仏が安置されていました。
堂の周りは廊下の縁がめぐらされていて堂の後ろの廊下は少し広くなっていますので、そこから湖面が一望できます。対岸の三角山は近江富士の三上山。対岸は守山市か、草津市あたりです。
琵琶湖大橋が左手に見えました。
浮御堂のある堅田は琵琶湖最狭部でかつ都に近いため湖上や、陸路の交通の要点であり、古くから文人墨客が往来し、俳画、詩歌を残している名所、浮御堂にも芭蕉が立ち寄り芭蕉の句碑が立っています。
石碑の句[鎖あけて月さし入れよ浮御堂] 芭蕉
境内の観音堂も登録文化財です。中には聖観音座像(国重要文化財)や薬師如来像。十一面観音があります。
観音堂の内部正面が聖観音坐像の祭殿、左に十一面観音の立像があります。天井には草花絵がはめ込まれており平安時代作といわれる聖観音像を祀るにふさわしい内陣です。
伝教大師最澄が開山の比叡山延暦寺は一つの寺ではなく三塔(東塔、西塔、横川)の三地域を総称して延暦寺と言います。ふつう比叡山延暦寺と言うと東塔の根本中堂が参詣の目的地のようですが、今回は奥比叡ドライブウエーから入りましたので最初にある横川から参詣しました。
比叡山の一番北側にある横川は仰木インターからほど近い場所にあり駐車場から堂に至る道はよく整備されています、道の片側には大師が弟子や信徒に仏の教えを説く有様や宗教史の中で著名な事例などの宗教画の看板が建てられています。緩やかな下り坂で道のりも結構ありますので帰りが思いやられる祈りの道ですね。
横川中堂に至る道を進むにつれ、あたりは森閑としていかにも修行の場という感じがします。
横川中堂:朱色が鮮やかな御堂です。内部には壁一面に千体仏が安置され奉納者銘が刻まれた名札があります、北は北海道、南は沖縄まで全国から参詣者がお参りしている様子が伺えます。この日も小型バスでかなり年配の一団が参拝していました。中堂のほか四季講堂、根本如法塔、恵心堂などが周りに点在しています。横川は京都側からお参りするとかなり遠くなりますので参詣の数は少ないようです。
横川から東塔の根本中堂に至る途中に西塔があります、西塔は弁慶が修行した道場や弁慶が担いで難を逃れたという常行堂(にない堂)など歴史にゆかりのある道場です。時間の関係で今回は通り過ぎましたが、東塔から割合近いので、次の機会にぜひお参りしたいと思います。東塔前の駐車場です。
境内に一歩入るとすぐ目につく石碑 「一隅(いちぐう)を照らす」という言葉は、比叡山を開かれた伝教大師・最澄大師の言葉で知られています、(これは一隅を照らそうとなっていますが)若いころ教えられました。いまだに半隅も照らさず生きていますが、これもわが人生です。 合掌
大講堂:比叡山で修行した各始祖像が祀られています。
大講堂の前にある鐘楼、除夜の鐘も撞くのでしょうね。
国宝根本中堂:比叡山延暦寺の総本堂のたたずまいは見るからに厳しさが伝わってくるようです。
根本中堂は坂の上から見下ろす場所にあります、周りを森に囲まれ荘厳な気配に満ちていました。
国宝根本中堂には御本尊秘仏薬師如来を祀り1200年不滅の法灯が灯されています。中には入れませんがおのずと厳かな雰囲気が感じらます。多くの名僧を輩出した比叡山延暦寺の庭にちょっとだけ足を踏み入れたのですが、心残りだった若いころの宿題を一つ片づけた気がします。
京都の市内から見上げる比叡山の頂上近くの四明嶽は昔は大きな建築物もなく目立ったものは有りませんでした。展望台は昭和三〇年に建てられたそうです。展望台から京都市街や大津琵琶湖の一部も展望できます、あいに薄曇りでしたが京都タワーもかすかに判別できました。
頂上の見晴らしの丘からの眺めです。大津市内が眼下に広がっています。
展望台の近くはガーデンミユジアム比叡と言う施設があります。フランス印象派画達の作品をモチーフにした庭園美術館で
季節の花やハーブが咲き日本の庭園とはまた違った雰囲気を持つ庭園です。
庭は7区画に分かれていて、それぞれ花の庭、ローズガーデン、睡蓮の庭、藤の丘、こもれびの庭、プラタナス広場、香りの庭と名付けられてテーマに会った花木と画が飾られています。
大きな庭園で急ぎ足で回っても30分はかかりました。ここは初めて見学しましたが、冬以外は季節の花が咲き、体験工房やショップも有り一日かけて家族で楽しめる施設のようです。

比叡山も少しづつ変わってきているなと感じつつ夕暮れの山を下りました。
花の庭
藤の庭
花の庭のモネの画
プラタナス広場
ドガの画(花束を持って挨拶する踊り子)
睡蓮の庭
モネの睡蓮の庭
香りの庭
睡蓮の池


JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN